オートサロン2022では日本仕様も発表予定! 新型フェアレディZ(北米仕様)のデザインとパワートレインをおさらい

画像ギャラリーはこちら
筆者であるモータージャーナリストの工藤貴宏さんがいまもっとも気になっている新型車は日産 フェアレディZだという。東京オートサロン2022で日本仕様が公開される予定となっている新型モデルだ。市販型に先立ってプロトタイプが公開されたのは、2020年の夏だった。今回は改めてプロトタイプや北米仕様のフェアレディZをおさらいしておこう。
目次[開く][閉じる]
  1. 歴代モデルのパーツをモチーフにした往年のファン垂涎のデザイン
  2. エンジンは日産 スカイライン400Rと同様の3.0リッターV6ツインターボだ
  3. トランスミッションは新開発の9速ATとMTを設定

歴代モデルのパーツをモチーフにした往年のファン垂涎のデザイン

楕円形のヘッドライトを組み合わせたフロントは、初代となる日産 フェアレディZ(S30型)をイメージしたデザイン。リアは4代目のZ32型をモチーフにしているのだとか。

2020年夏にプロトタイプのお披露目会場となった期間限定の施設「日産パビリオン」へ出かけたボクは、そのスタイルにドキドキした。これはカッコいい、と。

エンジンは日産 スカイライン400Rと同様の3.0リッターV6ツインターボだ

そんなボクが新型フェアレディZに胸躍る理由はもうひとつある。パワートレインだ。

新型フェアレディZに搭載されるエンジンは、VR30DDTT型。つまり排気量3.0リッターのV6ターボエンジンである。何を隠そうこのユニットは「スカイライン400R」に積んでいるもので、その最高出力は405馬力。

日本仕様の新型フェアレディZがどういうスペックとなるかは現時点では不明だが、それと同じ、もしくはそれ以上となることは間違いないだろう(正式発表された北米仕様は405馬力)。なんと魅惑的なハイパワーっぷりだろうか。

排気量3.7リッターのV6自然吸気エンジンを搭載する現行フェアレディZの最高出力は336馬力。そこから約2割増しのパワーアップとなる新型フェアレディZは言うまでもなく“史上最強の心臓を持つフェアレディZ”となる。燃費ばかりが声高に叫ばれる昨今、新型へのシフトでパワーが2割もアップするなんて常識はずれもいいところだ。素晴らしいじゃないか。

トランスミッションは新開発の9速ATとMTを設定

パワートレインでもうひとつのトピックがトランスミッション。北米仕様(まず日本仕様も同じだろう)は、ATが新開発の9速(日産 スカイライン400Rは7速)。そして、スカイライン400Rには設定のないMTも用意される。

鋭いレスポンスとアクセルを踏み込むたびにドライバーを虜にする、湧き出すようなパワー感。そして高回転のパンチ力。あの色気たっぷりのエンジンを、MTで味わえるなんて……。ボクは今、遠足の前の晩の小学生……いや、好きなあの人とデートに出かける前の日のような気持ちの高ぶりを感じずにはいられない。この状況で「冷静でいろ」なんてほうが無理だ。

プラットフォームだけでなくアッパーボディの基本構造まで先代と同じとか、新型になっても型式が「Z34」だからマイナーチェンジに過ぎないとか、重箱の隅を突いてくる人もいるだろう。プロトタイプを見る限り、内装の一部には先代から継承している部分も感じられた。

でも、声を大にして言いたい。「だから何なのさ?」と。

カッコよくて、走りがよくて、ロマンがあればそれでいいじゃないか。文句を言っている人は、どうせ買うつもりのない人だ。買う人が本当に好きになれるクルマであれば、それでいいじゃないか。

ボクは、新型フェアレディを大歓迎したい!

【筆者:工藤 貴宏】

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
40万円1,605万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
工藤 貴宏
筆者工藤 貴宏

クルマ好きが高じて在学中から自動車メディア業界に足を踏み入れ、気が付けば四半世紀。自動車雑誌編集者から編集プロダクション勤務を経てフリーランスの自動車ライターとして独立。自動車関連の雑誌やウェブで活躍している。モットーは「そのクルマは誰を幸せにするのか」。使い勝手などユーザー目線の記事を得意とする。永遠のスポーツカー好きで愛車はフランス製のホットハッチとディーゼルエンジンを積んだSUV。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ビーチサイド温泉リゾートゆうみ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる