現行フェアレディZ Z34型370Zの中古車が狙い目! 200万円で大排気量+MTに乗れるラストチャンスかも!?

  • 筆者: 小鮒 康一
  • カメラマン:島村 栄二・茂呂 幸正・NISSAN
画像ギャラリーはこちら
新型が正式発表されてから再び熱気を帯びているフェアレディZ。先代型となるZ33型(2002年~2008年)は高いポテンシャルを持ちながらも、V6 3.5リッターという大排気量が維持費の面でネックとなったのか、長らく中古車市場では底値の時代が続いていた。しかし、昨今のスポーツモデルの減少&中古車の価格上昇の影響を受け、MTモデルに関してはすでに底値の状態を抜け出し、価格上昇に転じているのだ。

もちろんド初期の過走行車であれば総額100万円以内で狙える個体もまだまだ存在しているが、間もなく登場から20年となるド初期型Z33にそこまでの費用を捻出するのであれば、もう少し予算をプラスしてZ34型を狙ってみるというのもアリではなかろうか。

目次[開く][閉じる]
  1. 安かった先代Z33型も程度の良いMT車は高騰中、ならば現行Z34型フェアレディZがあるじゃないか
  2. Z34フェアレディZのMT車、ぼちぼち200万円を切る中古車も出始めてきた
  3. Z34型の前期と後期、相場も安い前期型を狙うのが吉! 浮いた予算でカスタマイズも楽しもう

安かった先代Z33型も程度の良いMT車は高騰中、ならば現行Z34型フェアレディZがあるじゃないか

この記事を執筆している時点ではまだ現行型となるZ34型フェアレディZ(370Z)は、2008年12月に国内販売をスタート。先代型よりも200cc排気量を拡大し3.7リッターとなったVQ37VHR型エンジンを搭載し、出力も先代後期型を20PS以上も上回る336PSを発生。

さらにホイールベースを先代より100mm短縮し、ボディ剛性も向上。にもかかわらず、車両重量は先代モデル同等に抑え込まれており、運動性能は明らかに先代を上回るものとなっていた。

また、今回は価格的にも対象外とはなるが、2009年6月には専用のエンジンチューニングやエアロパーツ、足回りなどをまとった「Version NISMO」が登場。後に「NISMO」シリーズの一員へと昇華し、現在でもフェアレディZのフラッグシップグレードに君臨している。

Z34フェアレディZのMT車、ぼちぼち200万円を切る中古車も出始めてきた

そんなスポーツカー、そしてGTカーとしての性能は先代を大きく凌ぐフェアレディZ。現在の中古車価格をチェックすると、最も安価な部類の個体では車両価格が200万円を切ったものもチラホラ見つかるといったところ。

といっても、Z33のように10万キロや15万キロを走破したものではなく、10万キロ未満で走りの装備が充実したバージョンSといったものも見つけることができるのだ。V6 3.7リッターの大排気量エンジン車が200万円で楽しめるのなら、なかなかの掘り出し物である(自動車税は悩ましいが…)。

一方、Z33型の後期型(313PSモデル)に関しては、そもそもそこまでタマ数がないこともあるが、最も安い部類でも150万円からとなっている。それよりも一世代新しく、パフォーマンスも大きく向上した現行型Z34型フェアレディZが、プラス50万円ほどで狙えるというのであれば、大いにアリといえるのではないだろうか。

▼フェアレディZの中古車相場をチェック!▼

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
45.8万円1,650万円

Z34型の前期と後期、相場も安い前期型を狙うのが吉! 浮いた予算でカスタマイズも楽しもう

ちなみにZ33型は280PSからスタートし、294PS、313PSと改良を重ねて出力が向上していったが、Z34型は幸か不幸か初期型から最新型まで336PSのまま変更はなされてない。

2012年7月にはマイナーチェンジが実施され、エクステリアデザインが変更された点とショックアブソーバーの減衰力特性を変更したユーロチューンドサスペンションが採用された点が特筆すべきポイントではあるが、後期型のバンパーやヘッドライトはほぼそのままポン付けが可能であるし、サスペンションも同様だ。

そのため安価な前期型を購入して後期化けを施したり、より自分好みの社外品のバンパーやサスペンションを導入したりしてカスタマイズを楽しむという選択肢もあるだろう。

そしてなにより世界に誇るFRレイアウトのスポーツカー、しかも今の時代で希少なV6 3.7リッターの大排気量エンジン車が200万円台前半で入手できる、という事実が最も魅力的に映るのではないだろうか。

[筆者:小鮒 康一/撮影:島村 栄二・茂呂 幸正・NISSAN]

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... AUBERGE YUSURA

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる