カースピーカー本来の能力を最大限に引き出す「高音質インナーバッフル プロフェッショナルパッケージ」を発売



2022年10月6日
報 道 資 料
       
 



高音質インナーバッフル プロフェッショナルパッケージ(発売時期:11月)




 パイオニアは、カロッツェリア カースピーカー本来の能力を最大限に引き出す「高音質インナーバッフル プロフェッショナルパッケージ」 7モデルを発売します。
 当社が長年培ってきたカースピーカー開発の経験と科学的な検証を基に、音質劣化の原因を徹底的に取り除く音響パーツ「サウンドエンジニア」のラインアップとして発売する本モデルは、2つのパーツを取り付けるだけで大幅な音質向上を実現します。理想的な振動減衰特性を持つ「ハイブリッド メタルダイキャスト インナーバッフル」と、フラットな周波数特性を獲得する「ウェーブ形状遮音クッション」の組み合わせにより、車ならではの共振や音漏れといった音質劣化要因を取り除き、カースピーカー本来の能力を最大限に引き出します。


【主な特長】
1) 理想的な振動減衰特性を持つ「ハイブリッド メタルダイキャスト インナーバッフル」を採用
 異種金属であるアルミニウム、鉄、真鍮を組み合わせることで単一金属固有の共振を徹底的に排除する高剛性かつ高比重な「ハイブリッド メタルダイキャスト」を採用。「高剛性アルミダイキャストベース」に制振塗装を施して制振効果を高めるとともに、カッパー色の「スチールアンカープレート」に細やかなブラスト処理を施すことでスピーカーフレームや高剛性アルミダイキャストベースとの接地面を大きくし、剛性を高めています。また、インナーバッフルの底面に高密度低反発で密着性の高い「高性能シーリング材」を採用することで、ドア内側鉄板の接地部からのエアー漏れやびびりなどにより発生する歪みや共振を排除。それらの組み合わせにより、カースピーカーの低域におけるレスポンスを向上し、引き締まった低域再生を実現します。



2) フラットな周波数特性を獲得する「ウェーブ形状遮音クッション」を採用
 遮音性と振動吸収性に優れた「ウェーブ形状遮音クッション」を採用。ドアトリム内への音漏れや、サービスホールを通して回り込む不要音を遮蔽することで、周波数特性の乱れを改善します。さらに、遮音クッションの外側と内側を異なるウェーブ形状にすることで、効果的な遮音と振動吸収を実現するとともに、遮音クッション筒内で発生する反射音波を効率よく分散し、中低域を中心にクリアな音楽再生を実現します。



<同梱品>
ハイブリッド メタル ダイキャストインナーバッフル / 遮音クッション /インナーバッフル取付ネジ /
インナーバッフル取付ナット / スピーカー取付ネジ /スピーカー取付ワッシャー /
「TS-F1740II」「TS-F1740SII」用ワッシャー /
タッピンググロメット用パッキン(「UD-K621」「UD-K628」)


※お客様のお問い合わせ先※
カスタマーサポートセンター : TEL 0120-944-111(無料)



企業プレスリリース詳細へ

プレスリリース提供:PR TIMES

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 数寄の宿 野鶴亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる