コロナ禍に安心! 車内を丸ごと清潔にできるトータルコーティングシステム、ソフト99「G’ZOX コンフォートガード」新発売

画像ギャラリーはこちら
ソフト99コーポレーションは2022年4月11日、車内空間をアップグレードするインテリアトータルコーティングシステム「G’ZOX コンフォートガード ファブリックパッケージ」「G’ZOX コンフォートガード レザーパッケージ」を新発売した。
目次[開く][閉じる]
  1. コロナ禍でも安心の車内空間づくりに、G’ZOXシリーズ!
  2. 「G’ZOX コンフォートガード」の主な特徴
  3. 商品概要

コロナ禍でも安心の車内空間づくりに、G’ZOXシリーズ!

ソフト99のカーディテイリングプレミアムブランド「G’ZOX」は、昨今のコロナ禍で意識の高まっている車内空間における衛生対策や、快適性向上を目指して開発された。

今回発売となった2タイプの「G’ZOX コンフォートガード」は、優れた消臭・抗菌・抗ウイルス効果をはじめとする先進のケミカル技術で車内の衛生と快適性を飛躍的に向上させるほか、特別な設備や機材は不要でパッケージに含まれるアイテムのみで施工できる。

「G’ZOX コンフォートガード」の主な特徴

高強度で高い透明性を発揮する光触媒コーティング

ニオイや雑菌の温床となりやすい天井やフロアに施工する「天井・カーマットコーティング」は、透明性が高く高強度の光触媒コーティング。新開発の特殊バインダーが光触媒微粒子を均一に分散して素材に密着し、車内に差し込む僅かな光で高効率な光触媒反応を実現。素材の見た目を損なわず、透明性の高い光触媒コーティング被膜を形成する。

優れた消臭・抗菌・抗ウイルス・防カビ効果を発揮

「天井・カーマットコーティング」の光触媒効果によりニオイ分子を強力に分解。ニオイの原因を元から解消するため、極めて高い消臭効果を発揮し、優れたコーティング性能で車内の衛生と快適性が飛躍的に向上する。

素材に合わせたシートコーティング剤の採用

インテリアの中でも特に過酷な使用環境に置かれやすいシートには、ファブリック、レザーとそれぞれの素材に応じて高い防汚・耐久性能を発揮する専用のシートコーティング剤を採用。

■「ファブリックコーティング」

ファブリック表面に撥水被膜を形成。汗や飲み物・食べこぼし等の汚れが布シート繊維に浸透することを防ぎ、美しく快適なコンディションが長期間持続する。

■「レザーコーティング」

レザーの色合いや質感を損なうことなく、汚れの固着や浸透を防ぎ、美しい質感が長期間持続。衣服の擦れによる色移りも軽減、汚れても簡単な水拭きで解消し、すべり防止効果も発揮する。

特別な設備や機材不要!「メンテナンスセット」も付属

「G’ZOX コンフォートガード」はパッケージに含まれるアイテムのみで、施工に特別な設備や機材は不要。カーディテイリングビジネスを展開する事業者などに向け、新しいサービスメニューとして採用しやすいシステムとなっている。

また、施工後のシートコーティングの効果が弱まってきた時、エンドユーザーが自身で簡単にメンテナンスできるコンパクトな専用セット(専用ポーチ入り)をファブリック用、レザー用それぞれに用意した。

商品概要

G'ZOX コンフォートガード ファブリックパッケージ

■天井・カーマットコーティング:100ml

■トリガースプレー ×1個

■専用スポンジ ×1個

■専用不織布 ×10枚

■ファブリックコーティング:100ml ×2本

■トリガースプレー ×1個

■専用スポンジ ×1個

■施工マニュアル ×1部

■施工証明書 ×1枚

■施工済みステッカー ×1枚

■ファブリッククリーナー:30ml

■ファブリックコーティング:30ml

■クリーナー用スポンジ(ブルー) ×1枚

■コーティング用スポンジ(イエロー) ×4枚

■メンテナンスマニュアル ×1部

■メンテナンスポーチ ×1個

■発売日:2022年4月11日

G'ZOX コンフォートガード レザーパッケージ

■天井・カーマットコーティング:100ml

■トリガースプレー ×1個

■専用スポンジ ×1個

■専用不織布 ×10枚

■レザーコーティング:80ml

■穴あき中栓 ×1個

■専用クロス ×1枚

■施工マニュアル ×1部

■施工証明書 ×1枚

■施工済みステッカー ×1枚

■レザークリーナー:100ml

■水拭き用クロス(ブルー) ×1枚

■クリーナー用クロス(グリーン) ×1枚

■メンテナンスマニュアル ×1部

■メンテナンスポーチ ×1個

■発売日:2022年4月11日

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ぎおん畑中

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる