新車の格付け、ホンダが初の総合No.1獲得!|2年連続トップのダイハツを抜きトップに

画像ギャラリーはこちら
顧客満足度に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワージャパンは、2020年日本自動車初期品質調査を実施。新車購入後2~9ヶ月経過したユーザーを対象に不具合経験を聴取し、自動車の初期品質に関するユーザー評価の結果を発表した。
目次[開く][閉じる]
  1. J.D. パワー 2020年日本自動車初期品質調査ランキング発表
  2. 不具合は減少傾向、全体的に品質改善が進む
  3. 不具合が減っても顧客満足度は向上せず
  4. 調査概要
  5. J.D. パワーについて

J.D. パワー 2020年日本自動車初期品質調査ランキング発表

ブランドランキング トップ15

■1位:ホンダ (51)

■2位:日産(53)

■3位:ダイハツ(56)

■4位:レクサス (60)

■5位:マツダ(61)

■6位:スズキ(62)/トヨタ(62)

■8位:スバル(63)

■9位:アウディ(72)

■10位:MINI(74)/三菱(74)

■12位:ボルボ(99)

■13位:メルセデス・ベンツ(103)

■14位:BMW(105)

■15位:フォルクスワーゲン(107)

※()内の数値が低いほど品質が高い

セグメント別:軽自動車 トップ3

■1位:ダイハツ ムーヴ キャンパス

■2位:ホンダ N-BOX

■3位:ダイハツ ミライース

セグメント別:コンパクト トップ3

■1位:ホンダ フィット

■2位:スズキ ソリオ

■3位:トヨタ パッソ

セグメント別:ミッドサイズ トップ3

■1位:スバル XV

■2位:ホンダ シャトル

■3位:トヨタ プリウス

セグメント別:ミニバン トップ3

■1位:トヨタ ノア

■2位:日産 セレナ

■3位:トヨタ ヴォクシー

▼トヨタが落ちて日産が急浮上! 気になる昨年の結果はコチラ▼

不具合は減少傾向、全体的に品質改善が進む

2020年調査における総合不具合指摘件数は、業界平均60(車両100台当たり平均60件の不具合指摘)と、6年間で24ポイント改善した。

調査を開始した2014年以降、最も品質改善が進んだ分野は「エンジン/トランスミッション」、次いで「内装」である。具体的な項目としては「AT/CVT‐変速中のもたつき/シフトタイミングが悪い」、「カップホルダーが使いにくい」、「室内の不快なにおい」などでの不具合指摘件数の減少が目立った。

不具合が減っても顧客満足度は向上せず

本調査では、不具合指摘とは別に総合的な品質に対する評価を10段階で測定しているが、2014年調査の平均7.66ポイントに対し、2020年調査では7.68ポイントと、ほとんど変化が見られない。品質改善が確実に進んでいるにもかかわらず、ユーザーの品質に対する満足度の向上がみられない実態が明らかになった。

この理由の一端としては、新車における安全装備や先進技術関連の装備率増加にともない、「車載ブルートゥースでの携帯電話/デバイスのペアリング/接続不良」や「車載音声認識システムが認識しない/誤った認識をすることがよくある」などの不具合指摘件数が増加していることが挙げられる。各メーカーにとっては、新たな品質不具合のテーマが浮き彫りになる形となった。

調査概要

今年で10回目の実施となるJ.D. パワー 2020年日本自動車初期品質調査とは、年に1回、新車購入後2~9カ月のユーザーを対象に、所有する自動車の不具合経験についての評価を8分野(外装、走行性能、装備品/コントロール/ディスプレイ(FCD)、オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーション(ACEN)、シート、空調、内装、エンジン/トランスミッション)233項目で聴取。自動車の初期品質に関するユーザー評価を明らかにする調査である。

なお、すべての不具合項目は車100台当たりの不具合指摘件数として集計され、数値が低いほど品質が高いことを示す。

■名称:J.D. パワー 2020年日本自動車初期品質調査

■実施期間:2020年5月~6月

■調査方法:インターネット

■調査対象:新車購入後2~9ヶ月経過したユーザー

■回答者数:19,435人

J.D. パワーについて

J.D. パワーは消費者のインサイト、アドバイザリーサービス、データ分析における国際的なマーケティングリサーチカンパニーです。企業の顧客満足度改善やパフォーマンス向上のソリューション提供のため、現在、北米、南米、アジアパシフィック、ヨーロッパでビジネスを展開している。

また、MOTAと協業しており、サイト内にて新車選びの新指標となる「J.D. POWER スコア」と総評を提供。ユーザーのリアルなアンケート結果の収集や分析において、世界的に高い評価を得ている。

ダイハツ/ムーヴキャンバス
ダイハツ ムーヴキャンバスカタログを見る
新車価格:
149.6万円192万円
中古価格:
60.7万円224万円
ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
155.8万円286.7万円
中古価格:
9.8万円328.9万円
スバル/XV
スバル XVカタログを見る
新車価格:
220万円295.9万円
中古価格:
126万円358万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 湯元長座

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ダイハツ ムーヴキャンバスの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ ムーヴキャンバスのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ ムーヴキャンバスの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ ムーヴキャンバスの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ ムーヴキャンバスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる