MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース ボルボ V60クロスカントリーが一部仕様変更|360°ビューカメラを標準装備など

自動車ニュース 2019/6/13 13:07

ボルボ V60クロスカントリーが一部仕様変更|360°ビューカメラを標準装備など

ボルボ V60 Cross Countryの一部仕様を変更
ボルボ V60 Cross Countryの一部仕様を変更ボルボ V60 Cross Countryボルボ V60 Cross Countryボルボ V60 Cross Country画像ギャラリーはこちら

ボルボ V60クロスカントリーが一部仕様を変更へ

ボルボは、V60 クロスカントリーの一部仕様と価格を変更して2019年6月11日より発売した。価格は549万円~649万円(消費税込み)。

>>安全性が増したV60クロスカントリーを画像で見る

V60クロスカントリーの仕様変更点

360°ビューカメラを標準装備

これまで上級グレードのT5 AWD Pro に標準装備だった「360°ビューカメラ」がベースグレードのT5 AWDにも標準装備された。

360°ビューカメラは、車両の周囲に装備されている4個のカメラを使用して真上から見下ろしている映像を作成し、センターディスプレイに表示してくれる機能だ。

また自車と周囲との位置関係をひと目で確認することができ、障害物の有無などの周辺状況を把握しやすくなる。さらにリバースギアにシフトすることで、センターディスプレイに360°ビューの映像を表示できるほか、ステアリングホイールの操作に応じて自車の予想進路をガイドラインで案内するリアビューカメラの映像を表示することも可能だ。

運転支援機能を充実

後方の死角から近づく車両を知らせる運転支援機能 「ブラインドスポットインフォメーションシステム」にステアリングアシスト機能が追加された。車線変更や自車線からの逸脱により、隣接車線の後方を走行する車両と衝突する危険が生じた場合、ステアリングを修正し、衝突回避をアシストする。

また車線を維持するためにステアリングを穏やかに自動修正し、車線の中央を保持できるよう支援する「パイロットアシスト(車線維持支援機能)」にステアリングホイールの微振動により運転者に一時解除を知らせる新機能が追加された。

各モデルの価格

■V60 クロスカントリーT5 AWD:549万円

■V60 クロスカントリーT5 AWD Pro:649万円

※価格はいずれも消費税込み。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ボルボ V60クロスカントリー の関連編集記事

ボルボ V60クロスカントリーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V60クロスカントリー の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR