autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産 “5G走行”実験を開始|仮想世界からいつでもクルマに誰かを乗せられる!?

自動車ニュース 2019/3/12 12:57

日産 “5G走行”実験を開始|仮想世界からいつでもクルマに誰かを乗せられる!?

関連: 日産

車内と遠隔地をつなぐ「I2V」実証実験開始

日産とNTTドコモは、第5世代移動通信方式(5G)を用いて「Invisible-to-Visible(以下「I2V」と表記)」技術を走行中の車両で活用する実証実験を開始した。

「I2V」とは車内外のセンサーが収集した情報とクラウド上のデータを統合することで、クルマの前方や建物の裏側、カーブの先の状況など通常では見えないものをドライバーの視野に映し出す技術だ。

>>「I2V」ってなに?関連画像を見る

「I2V」技術で見えないものを可視化する

日産は、現実空間と仮想空間の世界を融合しドライバーが「見えないものを可視化」する「I2V」技術の研究開発を進めている。

インターネット上の仮想世界を介して遠隔地の人とつながる

「I2V」は人々がVR(仮想現実)上でアバターとして活動する「メタバース(インターネット上の仮想世界)」につながっている。

I2Vはメタバースを介して様々な人々、また遠隔地にいる知人や家族と現実世界のクルマとをマッチングし、AR(拡張現実)によって車室内に3Dアバターとして登場させる。これにより、メタバースの人々と現実世界の人とが実際に同乗しているかのような存在感を感じながらドライブ体験を共有できる。

5Gリアルタイム伝送で、助手席のアバターと会話

今回の実証実験では車内のユーザーと遠隔地にいるユーザーが、互いにリアルな存在感や同乗感覚を得るために必要な情報提供方法やインタラクティブなコミュニケーションの有用性などを評価、確認する。

また車外から車内へのアバターの伝送および、車内の状況を車外で確認する俯瞰映像の伝送をリアルタイムで行うため、ドコモの高速大容量かつ低遅延な通信品質を実現する5G通信を活用する。

なお、この実証実験は日産のテストコース「グランドライブ」(横須賀市夏島町)にて実施される。日産「NV350キャラバン」をベースとした実験車両からドコモの5G通信によってメタバースへ接続し、「グランドライブ」内の離れた場所に実在するユーザーを3Dアバターとして走行中の車内に出現させ、車内のユーザーと会話しながら様々な情報提供を行う。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 の関連編集記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR
日産 関連サービス