autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 大人気の三菱 新型エクスパンダーがASEAN市場に量産車として初めて輸出

自動車ニュース 2018/4/27 19:34

大人気の三菱 新型エクスパンダーがASEAN市場に量産車として初めて輸出

関連: 三菱
三菱 新型エクスパンダー

三菱自動車は、インドネシアの乗用車生産拠点であるミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(ブカシ工場)で生産する次世代クロスオーバーMPV「エクスパンダー」の輸出を開始したことを発表した。また2018年4月25日に、首都ジャカルタ市から北に約10kmに位置するタンジュンプリオク港にて記念式典が開催された。

>>日本では販売されない!?三菱 新型エクスパンダーの画像を見る

エクスパンダーは、2017年8月に受注を開始して以来、インドネシアのユーザーから好評で、現在までの受注台数は6万6000台以上となった。2018年3月には、販売台数ランキングで1位となった他、自動車専門紙OTOMOTIF社からカー・オブ・ザ・イヤー2018を受賞している。

今回の輸出では、先ずフィリピン向けに供給し、今後数ヶ月の間にタイ、ベトナムなどASEAN市場を中心に輸出先を拡大。2018年度中に約3万台を輸出する見込みとなる。

ブカシ工場では、インドネシアの国内需要拡大と輸出開始に伴い、溶接や組立工程などの投資を行い、2018年7月よりエクスパンダーの生産台数を月1万台に増産する。また、従業員を新たに400人雇用して約3400人の体制とする他、現地におけるサプライチェーンネットワークの拡大にも注力していく予定である。

三菱 エクスパンダーの記念式典の様子

三菱自動車にとって量産車初の輸出となる記念式典には、ジョコ・ウィドド大統領、アイルランガ・ハルタルト工業大臣、石井正文駐インドネシア日本大使、三菱自動車CEOの益子修氏の他、多くの関係者が出席した。

益子修氏は、「三菱自動車は約50年前にインドネシアで事業を開始して以来、インドネシア政府や国民の皆様、事業パートナーの方々から多大なご厚意を頂くことで今日に至ることができました。皆様に深く感謝申し上げますと共に、エクスパンダーの輸出開始がインドネシア経済の成長に貢献できることを大変嬉しく思います。今回の輸出はASEAN事業の基盤を強化するための成長の鍵となるものであり、三菱自動車における事業計画にとって重要なマイルストーンです」と述べた。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

三菱 の関連編集記事

三菱の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 の関連編集記事をもっと見る

三菱 の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR
三菱 関連サービス