autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱ふそう、国産初EVトラック「eキャンター」川崎工場で生産開始

自動車ニュース 2017/7/13 10:40

三菱ふそう、国産初EVトラック「eキャンター」川崎工場で生産開始

三菱フソ― eキャンター

三菱ふそうは、環境に優しい、電気小型トラック「eキャンター」の生産を川崎工場にて7月より開始した。

「eキャンター」は、今日の都市が抱える、騒音や排出ガスの課題を解決する答えとして、三菱ふそうが川崎にて開発した車両である。

走行距離は、配送トラックの1日の平均走行距離である100km以上を確保している。「eキャンター」は、国産初の量産電気トラックとして、9月に正式発表を予定しているという。

 今回の生産は、国内向け車両として、2017年内に50台組立を行う。その内の25台は、株式会社セブン-イレブン・ジャパンに納入が決定しているという。

 また7月下旬より、連結子会社三菱ふそうトラック・ヨーロッパ(Mitsubishi Fuso Truck Europe-Sociedade Europeia de Automoveis, S.A.)のトラマガル工場(ポルトガル)にて、欧州・北米向けの車両100台の生産を開始する計画である。

 三菱ふそうは、生産開始に先駆けて、2017年5月に川崎工場内に国内で初めて電気トラック用の急速充電設備「EV Power Charger(EVパワーチャージャー)」を開設している。

 「当社は、2020年までにフルレンジの電動車両の導入を計画しており、三菱ふそうは、電動化技術において業界のフロントランナーを目指します」と、ライフサイクル・マネージメント本部長 オリバー・クルッグは言う。

「川崎工場は、電動化技術の開発・生産拠点としての役割を担います。今後は、電気トラック用のコンポーネントの生産を含めた体制作りを計画しております」と、生産本部長 スヴェン・グレーブレは述べている。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR