燃料電池搭載のアウディ「A7 Sportback h-tron quattro」が一般公道でデモンストレーション

Audi A7 Sportback h-tron quattro

アウディは最新鋭の燃料電池技術を結集したAudi A7 Sportback h-tron quattroのデモンストレーション走行を一般公道で実施した。

Audi A7 Sportback h-tron quattroは0-100km/h加速7.9秒、最高速180km/h、そして最大500km以上を走行しながら、排出されるのは水のみ。同車は、フューエルセル(燃料電池)によるパワフルでスポーティなモータードライブにバッテリーとリアモーターを組み合わせたハイブリッドシステムである。

このシステムは、エミッションフリーの同車の総合出力170kWのパワーを余すところなく使うquattroシステムと組み合わされている。

Audi A7 Sportback h-tron quattroのe-quattroシステムは、前後アクスルへのトルク配分を電力供給の制御によって行う。

最大航続可能距離は500km以上

Audi A7 Sportback h-tron quattro

アウディは、『ロサンゼルス オートショー2014』の会場で、各国から集まった自動車ジャーナリストを対象に、Audi A7 Sportback h-tron quattroの一般公道試乗会を実施した。

Audiの技術開発担当取締役のProf. Dr. ウルリッヒ ハッケンベルク氏は「Audi A7 Sportback h-tron quattroはスポーティな走りと低燃費を両立させた紛れもないアウディです。搭載されたe-quattroシステムは、2つのモーターで4輪すべてを駆動させます。今回発表したh-tronコンセプトカーをご覧頂けば、我々がすでにフューエルセル技術をマスターしていることをご理解頂けると思います。マーケットの受け入れとインフラ整備の状況が整い次第、すぐにでも市販モデルを発売出来る状態にあります」と説明している。

同車の燃費はフューエルセルモードの場合、水素1kgで100kmを走破する低燃費である。これは、ガソリンエンジンに換算すると27.02km/L(3.7L/100km)に相当する。燃料タンクの容量を考慮すると、最大航続可能距離は500km以上となる。

水素の再充填時間は最大で3分以下と内燃機関の給油と変わらない。最大航続可能距離は、エネルギー回生またはプラグインによって充電される8.8kW/hのバッテリーにより、最大50kmまで伸ばすことができる。このプラグインハイブリッド機能を合わせ持つことにより、Audi A7 Sportback h-tron quattroは水素燃料が0になってからも、充分な距離を走り続けることが可能である。

Audi A7 Sportback h-tron quattro
この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 雲風々
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

アウディ A7スポーツバックの最新自動車ニュース/記事

アウディのカタログ情報 アウディ A7スポーツバックのカタログ情報 アウディの中古車検索 アウディ A7スポーツバックの中古車検索 アウディの記事一覧 アウディ A7スポーツバックの記事一覧 アウディのニュース一覧 アウディ A7スポーツバックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる