三菱 エクリプスクロス燃費レポート|デザイン重視のクーペスタイルSUVの実燃費やいかに!?(3/6)

画像ギャラリーはこちら

三菱 エクリプスクロス実燃費レポート|郊外路編

三菱 エクリプスクロス、郊外路での実燃費:12.0km/L

三菱 エクリプスクロス実燃費レポート|郊外路編
車種名実燃費パワートレイン
三菱 エクリプスクロス

2018年4月計測

12.0km/L4WD/1.5Lガソリンターボ
トヨタ C-HR

2015年5月計測

13.1km/L4WD/1.2Lガソリンターボ
スバル XV

2017年6月計測

13.5km/L4WD/2.0L NA

エクリプスクロスの郊外路での実燃費は12.0km/Lと、C-HRとXVに対し10%程度劣る結果だった。燃費が2台に及ばなかった原因は市街地と同様に車重の重さだろう。

エクリプスクロスのハンドリングは、1500kgを超える車重を考えれば軽快で、かつコーナーでのロール量は、SUVというジャンルや1685mmという全高、175mmと十分確保されている最低地上高を頭におけばよく抑えられており、ワインディングロードを運転してもなかなか楽しめる。

乗り心地は引き締まった硬めの味付けで、路面のいいところでは申し分ないのだが、路面の凹凸が大きいなど道の悪いところだと、硬さやドタバタ感があることが少し気になる。もちろんそれほど悪い訳でもなく、3月に箱根で行われた試乗会では特に気にならなかったのだが、もう少しサスペンションの動きにしなやかさが感じられると、「SUVクーペ」というスペシャリティなコンセプトに相応しい上質感も伴ってくるのではないかと思う。

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 藤龍館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

三菱 エクリプスクロスの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 エクリプスクロスのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 エクリプスクロスの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 エクリプスクロスの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 エクリプスクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる