スバル フォレスター燃費レポート|4代目・E型(現行最終)、2Lノンターボモデルの実燃費を徹底検証(2/6)

画像ギャラリーはこちら

スバル フォレスター(NA)実燃費レポート|市街地編

スバル 4代目フォレスター(E型) 市街地での実燃費:11.0km/L

4代目の最終モデルとなるE型、市街地での実燃費は11.0km/Lを記録したが、ライバルであるマツダ CX-5や日産 エクストレイルと比べると約1~3km/Lほど劣っている。意外なことに、フォレスターはこの3車種の中では1番車重が軽く(1510kg)、90kg前後差があるのだが、それで燃費が悪いのはライバルに競り負ける原因となりえる。

とはいえ、2リッターNAエンジンを搭載する4WDのミドルSUVとしては、及第点といえる燃費を記録した。ハイブリッドを搭載したエクストレイルでさえ、市街地は12.8km/Lにとどまるので、11km/L前後がこのサイズの限界なのだろう。

スバル フォレスター(NA)実燃費レポート|市街地・街乗り編
車種名実燃費パワートレイン
スバル フォレスター(NA)11.0km/L2L/ガソリン
日産 エクストレイル

2014年計測・4WD

11.3km/L2L/ガソリン
日産 エクストレイルHV

2017年MCモデル・4WD

12.8km/L2L/ハイブリッド
マツダ CX-5

2017年計測・4WD

14.4km/L2.2L/ディーゼル
スバル フォレスター(ターボ)

2017年計測・E型・4WD

8.7km/L2L/ガソリンターボ

市街地だと、乗り始めはスタートのアクセル操作に対するレスポンスが鋭過ぎる感じがあるが、これはすぐに慣れる範囲だ。慣れてしまえば、低速トルクが太くアクセル操作通りにレスポンスするエンジンとCVTの総合的なマッチングの良さにより、非常に運転し易い。ドライバビリティは優・良・可の3段階評価で言えば、優レベルを付けられる。

アイドリングストップは停止後ブレーキを踏み足すと始まるタイプ。一時停止やクルマが止まりそうで止まらない渋滞中でも不必要なアイドリングストップが起きにくい、好ましいタイプだ。エンジン再始動は素早く、セルモーターの音量や音質は平均的なものだった。

テストした日の天候であれば、アイドリングストップは信号などで停止するたびほとんど作動。途中でエンジンが再始動することはほとんどなく、必要十分な完成度である。

市街地でアイサイトver.3のACC機能を使った印象は、加速に関しては実にスムースで車の多い市街地でも文句ないが、減速に関しては3段階から選べる車間距離を最も短い“1”を選ぶとやや減速のタイミングが遅い傾向があった。しかし車間距離を中間となる“2”にすると加速はスムースなまま車間距離も許容できる範囲で、減速のタイミングもちょうどよくなるので、市街地でアイサイトを使うなら車間距離は“2”にすることを勧めたい。

※メーカーでは市街地での使用は推奨していない

4代目フォレスターは、パーキングブレーキが電動式ではなくレバーのため停止後のブレーキホールド機能がないが、停止後何秒かブレーキが維持された後、解除される前にアラームが鳴るのは大変親切に感じた。

また、初期型は停止後の「ガッタン」という揺り返しが少しあり、この点はサスペンションストロークが長く車の動きも大きいSUVなのでやむを得ないことかと思っていたのだが、今回乗ったフォレスターはこの点も見事に改善されていた。

いずれにしても現行フォレスターのアイサイトver.3は、ドライバーが前後左右の監視と運転の構えをしていれば、市街地でも絶大なサポートを行ってくれる運転支援システムに仕上がっていることが確認できた。

もう1つ市街地で現行フォレスターに乗って強調したいのは、着座位置が高くフードの視認性なども含め、広い視界が疲労軽減に役立っていたことだ。最近はSUVといってもいろいろな車があり、SUVだからといって視界がいいという車ばかりではないだけに、この点もスバル フォレスター大きな魅力と断言できる。

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスに。得意分野は30代前半とはとても思えない豊富なクルマの知識を生かせる原稿。自動車メディア業界にはほとんどいないこの世代のフリーランスとして、歩みは遅いが着実に前進中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

スバル フォレスターの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル フォレスターのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル フォレスターの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル フォレスターの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル フォレスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる