三菱 新型eK スペース/eK クロス スペース 新型車徹底解説 Vol.1|デザイン&使い勝手・居住性編

  • 筆者: 渡辺 陽一郎
  • カメラマン:森山 良雄・MOTA編集部・三菱自動車工業
画像ギャラリーはこちら
第46回東京モーターショー2019に出展されていた軽スーパーハイトワゴンの参考出品車“三菱 スーパーハイトKワゴンコンセプト”が、いよいよ2020年2月6日に「eKスペース/eK X(クロス)スペース」の車名で正式発表された。発売開始は3月19日の予定だ。eKスペース&eKスペースカスタムの後継車種となる。2WDが1780mm、4WDは1800mmと車体の背が高く、後席側の左右ドアはスライド式となっているのが特徴だ。全3回でお届けする新型eKスペース/eK X(クロス)スペース徹底解説第一弾は、デザイン&使い勝手・居住性編から!

>>三菱 新型eK スペース/eK X スペースを画像で見る[フォトギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. 軽市場の5割を占めるスーパーハイトワゴンカテゴリーに満を持して投入されるニューモデル
  2. デザインを徹底解説|外観デザイン編
  3. デザインを徹底解説|インテリアデザイン編
  4. 新型eKスペース/eKクロススペースの居住性・パッケージング
  5. 荷室の使い勝手
eKクロススペースの最新自動車ニュース&記事

軽市場の5割を占めるスーパーハイトワゴンカテゴリーに満を持して投入されるニューモデル

2019年(暦年)の国内販売ランキングは、1位がホンダ N-BOX、2位はダイハツ タント、3位はスズキ スペーシアで、トップ3はすべて全高を1700mm以上に設定したスライドドアを備える軽自動車であった。これらのモデルが属する軽スーパーハイトワゴンカテゴリーが、現在の軽乗用車全体の約50%を占めている。今回正式発表された新型eKスペース/eKクロススペースもこの市場に挑むわけだ。好調な販売が期待される半面、競争も厳しい。

新型eKスペース/eKクロススペースの開発は、三菱と日産が合弁で立ち上げたNMKVが行う。開発実務は主に日産が受け持ち、三菱は生産を行う。この役割分担は、2019年に発売されたeKワゴン&eKクロスと同じだ。ただし2020年2月前半時点では、日産からの兄弟車(新型デイズルークス)発表に関する公式発表は一切されていない。

▼グレード選び&オススメグレード・ライバル比較編はこちら

三菱/eKスペース
三菱 eKスペースカタログを見る
新車価格:
139.9万円176.8万円
中古価格:
48.7万円196.3万円

デザインを徹底解説|外観デザイン編

販売で主力となるeKクロススペースは、フロントマスクを今の三菱車に共通するダイナミックシールドのデザインコンセプトで仕上げた。ただしヘッドライトの配置は異なる。eKクロスやデリカD:5では、バンパーの両側に縦方向にヘッドライトを並べたが、eKクロススペースは最上部に横並びで配置した。バンパーの両側に縦に並ぶのは、上からフォグランプ/車幅灯/方向指示器だ。

eKクロススペースのボディ色は、屋根の色が異なる2トーンカラーが6種類、単色が7色の全13パターンから選ぶことが出来る。

いっぽうeKスペースは穏やかなデザインだ。ヘッドライトはハロゲンランプとなる。ノンターボはフロントグリルがボディ同色、ターボモデルはブラック仕上げという違いがある。ボディカラーは2トーンカラーが3種類、単色6色の計9パターンが設定される。

デザインを徹底解説|インテリアデザイン編

新型eKスペース/eKクロススペースのインパネ基本デザインは、eKワゴン&eKクロスに似ている。中央部分にATレバーが備わり、左側にエアコンを配置した。

内装の造りはていねいで、eKクロススペースにメーカーオプションのプレミアムインテリアパッケージ(5万5000円)を装着すると、シート生地が撥水加工を施したブラウン&ブラックの合成皮革とファブリックに上級化される。糸を使う本物のステッチ(縫い目)も入り、質感はコンパクトカーを超えてミドルサイズ並みに高まる。なおeKスペースはアイボリーのファブリック仕立てとなる。

▼動力性能&先進安全機能・運転支援技術編はこちら

新型eKスペース/eKクロススペースの居住性・パッケージング

ホイールベース(前輪と後輪の間隔)はeKワゴン&eKクロスと同じ2495mmで、軽自動車ではホンダ N-BOXやN-WGNの2520mmに次いで長い。クルマの居住空間は前後輪の間に位置するから、ホイールベースが長ければ居住空間も広げやすく、後席の足元空間は先代型に比べて前後方向で81mm拡大された。先代型も十分に広かったが、新型ではさらにゆったりと座れる。後席は左右それぞれ約320mmスライドする。

ただし後席を後端までスライドさせると、乗員の頭部がリヤゲートに近付き過ぎて、追突された時に不安が伴う。実際に使う時は、膝先空間が握りコブシ2つ分になるまで前に寄せると良い。そうすれば足元に十分な余裕を確保しながら、リアゲートとの間隔も相応に広げられる。後席の後ろ側に、荷物を置くスペースも得られて使い勝手も良い。

また前席はベンチシートが標準だが、オプションで雨天時などに前後席の移動が容易になるセパレートシートが選択出来る。

室内高はMクラスミニバンのトヨタ ヴォクシー/ノア/エスクァイアと同じ1400mmだから、車内の移動もしやすい。荷室の高さにも余裕があるから、自転車のような大きな荷物も積みやすい。

先代eKスペース同様に、リアサーキュレーター(空気を循環させる送風機)が後席天井に備わる。背が高く空間の広いスーパーハイトワゴンで、エアコンの空調効果を効率的に循環させるものだ。新型ではプラズマクラスターも追加された。

荷室の使い勝手

新型eKスペース/eKクロススペースの後席の畳み方は、背もたれを前側に倒すと、ワンタッチで荷室面積を拡大できるようになった。先代型は背もたれを倒し、シート全体を前方に寄せながら床面へ落とし込む方法だったため、新型では操作性が向上した。その代わり先代型に比べると、広げた荷室の床に大きめの傾斜ができる。先代型から乗り替える時には、シートアレンジと荷室の状態を確認したい。

リアゲート開口部の最大幅は、先代型が1090mm、新型は1050mmだから少し狭い。開口部の上下寸法は新旧モデルともに1080mmで等しい。路上から開口下端部までの高さは590mmで、先代型に比べると10mm低くなった。N-BOXの470mmよりは高いが、軽自動車の中では荷室が低めで使いやすい部類に入る。

[筆者:渡辺 陽一郎/森山 良雄・MOTA編集部・三菱自動車工業]

>>三菱 新型eK スペース/eK クロス スペース 新型車解説 Vol.2|動力性能&先進安全機能・運転支援技術編

>>三菱 新型eK スペース/eK クロス スペース 新型車徹底解説 Vol.3|グレード選び・オススメグレード・ライバル比較編

三菱 eKスペース G[FF] / eKクロススペース T[4WD] 主要スペック比較
車種名eKスペースeKクロススペース
グレード名660 G[FF]660 T[4WD]
価格(消費税込み)154万円199万円
全長×全幅×全高3395mm×1475mm×1780mm3395mm×1475mm×1800mm
ホイールベース2495mm2495mm
駆動方式FF4WD
車両重量950kg1030kg
乗車定員4名4名
エンジン種類直列 3気筒 DOHC直列 3気筒 DOHC
総排気量659cc659cc
エンジン最高出力38kW(52PS)/6400rpm47kW(64PS)/5600rpm
エンジン最大トルク60Nm(6.1kg・m)/3600rpm100Nm(10.2kg・m)/2400rpm
トランスミッションCVTCVT
使用燃料レギュラーレギュラー
燃料消費率(JC08モード燃費)27.2km/L21.2km/L
燃料消費率(WLTCモード燃費)20.8km/L16.4km/L
燃料消費率(WLTC:市街地/郊外/高速道路モード)18.5km/L/22.3km/L/21.0km/L15.2km/L/17.2km/L/16.5km/L
タイヤサイズ155/65R14165/55R15

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

三菱 eKクロススペースの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 eKクロススペースのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 eKクロススペースの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 eKクロススペースの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 eKクロススペースのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる