三菱 デリカ D:5 新旧比較│唯一無二のオフローダーミニバン、12年分の進化を検証(1/5)

  • 筆者: 小鮒 康一
  • カメラマン:茂呂 幸正・和田 清志

いよいよ発売開始した新型デリカD:5を先代と徹底比較!

2018年11月に新型が発表され、その強烈なフロントマスクの変貌ぶりに賛否両論が巻き起こった三菱 新型デリカD:5。

年始に開催された東京オートサロン2019や、各ディーラーに展示車も配備され、徐々に見慣れてきた感もあるが、2019年2月15日にいよいよ発売がスタートした。

ルックスだけが先行して話題となってしまった新型デリカD:5ではあるが、実はパワートレインや内装、足回りなど多くの部分に改良がなされており、フルモデルチェンジと言っても差し障りないほど手が加えられているのである。

それではここから新型と従来型を比較しながら各部をチェックしていこう。

>>大幅に変更されたフロントマスクを含め、デリカD:5を画像で新旧チェック!

三菱 デリカ D:5│ボディスタイル/サイズ/視界/取りまわし性比較

ボディスタイルに関して好き嫌いはあるだろうが、従来型の面影は全くない新たなフロントマスクが与えられている。

三菱自動車のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を取り入れたフロントマスクは、同様のデザインを取り入れたアウトランダーやエクリプスクロスと比較してもかなりアグレッシブなデザインとなっており、まるでコンセプトカーのような装いとなっている。

リアセクションはフロントほどの大幅な変更はなされていないものの、導光LEDテールランプを採用するなど古臭さを一新し、従来型よりもプレステージ性を高め、他のプレミアムミニバンに対抗しようとしている感が伺える。

また、従来のカスタムモデル「ROADEST」に近い存在として、洗練されたモダンなイメージの「URBAN GEAR(アーバンギア)」も設定されている。こちらは標準のデリカD:5に比べて都会的で高級感のあるデザインを採用したモデルとなっている。

スペックは標準モデルと変わらないが、バンパーデザインの違いでアプローチアングルなどが悪化しているので、オフロード走行には不向きなグレードと言えるかもしれない。

ボディサイズに関しては厳密にいうとマイナーチェンジ扱いということもあり、大幅な変更はなし。数値で言うと全長が+10mm、全幅は変わらず、全高が+5mmと言った具合だ。

取り回しに関しても最小回転半径は5.6mとこちらも不変となっている。ただし、アプローチアングルは21°(従来型24°)、最低地上高が185mm(従来型210mm)とオフロード性能は従来型よりも若干低下してしまっている。とはいえ、ミニバンとして考えれば相変わらず圧倒的だし、本格SUVに匹敵する性能は変わらず持ち合わせていると言えるだろう。

●進化度数:9点(超絶的に進化した) ※いいか悪いかは置いておいて・・

三菱/デリカD:5
三菱 デリカD:5カタログを見る
新車価格:
391.4万円460.1万円
中古価格:
25万円579.5万円
1 2 3 4 5 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

三菱 デリカD:5の最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 デリカD:5のカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 デリカD:5の中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 デリカD:5の記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 デリカD:5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる