新しいメルセデス・ベンツ 新型Eクラスは“4つの顔”!? 鉄板ブランドの鉄板セダン&ワゴンが物凄いラインナップで攻めてきた

画像ギャラリーはこちら
メルセデス・ベンツのEクラスといえば、数十年も前から同社の中核モデルとして君臨するテッパンモデル。2020年9月に発表されたマイナーチェンジ版も、セダンだけで7種類のパワートレインを用意するほか、フロントマスクだけでも4つのタイプを設定するなど、今回も万全の態勢で導入される! バラエティ感満載の新型Eクラスを改めてチェックしてみよう!

4つの顔はどれ選ぶ!? バラエティに富んだメルセデス・ベンツの鉄板「新型Eクラス」を写真でチェックする

コンパクトやSUVが台頭しても、中核はやはり「Eクラス」だ

SUVやコンパクトクラスが台頭する中でも、やはりメルセデス・ベンツの中核モデルといえば昔も今も「Eクラス」だ。

歴代モデルは世界で累計1400万台以上を販売。2016年に登場した現行型(W213系)も、導入翌年の2017年には日本国内の輸入車販売台数の4位となるなど鉄板の人気ぶりで、セダン・ワゴンを中心に多彩なラインナップを用意している。

今回大規模なマイナーチェンジを実施。デザインを大きく変更するとともに、AMGラインエクステリアが標準装備となって、よりアグレッシブでスポーティさを増した。しかし古くからのユーザーの「やっぱメルセデスといえばこの顔でないと」のニーズに応え、ノーズにスリーポインテッドスターが輝く旧来からのセダンマスク、通称「エレガンス顔」のモデルもしっかり取り揃えているなど、盤石の体制が敷かれているのはさすがだ。

パワートレインだけで7種類が用意されるEクラスファミリー

パワートレインのラインナップも豊富過ぎる。ベーシックな「E200 スポーツ」は直4 1.5リッターガソリン直噴ターボで、48Vマイルドハイブリッド(BSG)が組み合わせられている。「E300 スポーツ」は直4 2リッターガソリン直噴ターボ、「E 450 4MATIC エクスクルーシブ」に載るのは直6 3リッター ガソリン直噴ターボと48Vマイルドハイブリッド(ISG)が組み合わされている。

さらに「E220d スポーツ」は直4 2リッター直噴ディーゼルターボ。これをモーターと組み合わせた国内唯一のディーゼルプラグインハイブリッド(PHEV)が「E350de スポーツ」だ。このほかにも直4 2リッターガソリン直噴ターボとモーターを組み合わせたPHEV「E350e スポーツ」もラインナップされている。

そして特にずば抜けてスペシャルな存在なのがメルセデス AMGだ。53シリーズと63シリーズがあり、53は3リッターガソリン直噴ターボと48Vマイルドハイブリッド(ISG)の組み合わせ。最高峰「E63S」はV8 4リッターガソリン直噴ツインターボで最高出力612ps、最大トルク850Nmという、スーパーカーも驚くハイパフォーマンスぶりだ。もちろんAMG 53と63シリーズについては専用のマスク、通称「パナメリカーナグリル」ことAMG専用ラジエターグリルが備わっている。

そして最後はクロスオーバーモデル。SUV風の装飾を加えた個性派「E 220 d 4MATIC オールテレイン」の存在も見逃せない。

このようにざっとラインナップを列記するだけで終わってしまったほど、あまりにも多彩過ぎる新型Eクラス。今回も鉄板のラインナップ構成で、ライバルを寄せ付けない!

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)/撮影:メルセデス・ベンツ日本]

メルセデス・ベンツ/Eクラス
メルセデス・ベンツ Eクラスカタログを見る
新車価格:
769万円1,144万円
中古価格:
30万円844.4万円
メルセデス・ベンツ/Eクラスワゴン
メルセデス・ベンツ Eクラスワゴンカタログを見る
新車価格:
773万円1,203万円
中古価格:
39.5万円867.6万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルふたりこもれ陽
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

メルセデス・ベンツ Eクラスの最新自動車ニュース/記事

メルセデス・ベンツのカタログ情報 メルセデス・ベンツ Eクラスのカタログ情報 メルセデス・ベンツの中古車検索 メルセデス・ベンツ Eクラスの中古車検索 メルセデス・ベンツの記事一覧 メルセデス・ベンツ Eクラスの記事一覧 メルセデス・ベンツのニュース一覧 メルセデス・ベンツ Eクラスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる