マツダ CX-5のガソリンモデルが若年層から人気!? そのワケは手の届きやすい車両価格以外にも理由があった

画像ギャラリーはこちら
マツダ CX-5は2017年のデビュー以来、毎年改良を実施している。2021年11月にもマイナーチェンジを実施し、12月に販売がスタートする予定だ。CX-5は初代から一貫してディーゼルモデルが支持されており、マツダ=ディーゼルという図式を不動のものとした車種でもある。だが、その一方でガソリン車は若年層から支持されているのだという。最大の要因は手の届きやすい価格にあるのだが、じつはそれ以外にも理由があるという。一体なぜCX-5のガソリンモデルが若年層から支持されているのか!?
目次[開く][閉じる]
  1. ディーゼルとガソリンモデルの価格差は約30万円! 若年層支持のワケは価格だけじゃない!?
  2. 【燃料代比較】年間1万キロ走行の場合ガソリンモデルは約3万円高い燃料代
  3. ディーゼルは長距離向き! 街中メインならガソリンがオススメ

ディーゼルとガソリンモデルの価格差は約30万円! 若年層支持のワケは価格だけじゃない!?

マツダ CX-5はミドルサイズSUVとして絶大な支持をされているモデルである。初代、そして現行モデルはいずれもディーゼルモデルが圧倒的なシェアを誇っているが、一方でガソリンモデルは若年層に支持されているという。

最大の要因は価格設定で、CX-5のディーゼルモデルはガソリン車に比べ約30万円ほど安いプライスとなっているためである。だが、他にも要因はあるという。

>>マツダ CX-5買うならスマートエディションがオススメ! ベースグレード+約3万円で先進装備も大幅アップでとにかくお買い得

納車後の使い方を想像した上で選択するユーザーが多い

これだけ聞けば、単に安いからでは? と思うなかれ、じつは他にも理由があるのだ。商品本部 商品企画部の迫川 茂博氏によれば「ガソリンモデルを選ぶ若年層の方は価格以上に実際の使い方をイメージしたうえで選択されている」と語る。

どういうことか? CX-5のガソリンモデルを選ぶユーザーは納車後に、自分たちが年間どれだけ走行するのか? そして約30万円高いディーゼルモデルを買って、その分ペイできるのか? といった具体的な使い方を想像して購入するユーザーが多いのだ。

だからこそ、CX-5をはじめマツダの各モデルはどのパワートレインを選んだとしても同じグレード構成となっており、ユーザーに豊富な選択肢を用意しているのだ。

>>マツダ CX-5の新グレード「フィールドジャー二ー」と「スポーツアピアランス」は何が違う!? その答えは内外装デザインとタイヤにあった

【燃料代比較】年間1万キロ走行の場合ガソリンモデルは約3万円高い燃料代

ディーゼルモデルのXD プロアクティブ(322万8500円)とガソリンの20S プロアクティブ(290万9500円)、同等のグレード同士で比べてみると、前者の燃費は17.4km/L(WLTCモード)。後者は14.6km/L(WLTCモード)で、燃費を比較するとリッターあたりの差は2.8kmとなる。

ちなみに2021年11月8日現在の全国平均価格(ガソリン169円/L・軽油148.8円/L)から算出すると例えば年間1万キロ走行した場合、ディーゼルモデルは8万5560円に対し、ガソリンモデルは11万5765円となる。差額は3万円弱だ。

>>【マツダ CX-5維持費比較】ガソリンとディーゼルモデルの価格差約30万円あるも、税金や燃料代を考えるとディーゼルが買いだった

ディーゼルは長距離向き! 街中メインならガソリンがオススメ

ディーゼルモデルは燃料代や燃費の良さ、そしてパワフルな加速が魅力であるが、じつは長距離移動に向いているエンジンである。もっといえば短距離の移動を積み重ねると、ディーゼルエンジンにダメージを与える可能性もあるのだ。そのため、近所の買い物などの短距離の移動をメインに使うファミリーユースを主とした若年層にとってはガソリンモデルの方がオススメなのだった。

これからCX-5の購入を考えているユーザーは、ぜひこの記事を参考にしてパワートレイン選びをして欲しい。実際に購入した後に、どれだけ走行するのか? そして長距離移動が多いのか? など納車後の使い方を考えて選ぶことをお勧めする。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

マツダ/CX-5
マツダ CX-5カタログを見る
新車価格:
267.9万円407.6万円
中古価格:
74万円396.2万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部 木村 剛大
筆者MOTA編集部 木村 剛大

記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

マツダ CX-5の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-5のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-5の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-5の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる