MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 東北自動車道の蓮田SAがリニューアル|駐車台数もハンパない! 超便利に進化

新型車リリース速報 2019/9/3 19:20

東北自動車道の蓮田SAがリニューアル|駐車台数もハンパない! 超便利に進化(1/3)

パサール蓮田
パサール蓮田パサール蓮田パサール蓮田パサール蓮田画像ギャラリーはこちら

新しくなった蓮田PASARは場所を少し移動してリニューアル

東京から青森に至る、東日本の背骨のように伸びる東北自動車道。蓮田サービスエリア(以下蓮田SA)は東京に最も近いサービスエリアで、東北地方から関東へ戻る上り線側がこのほどリニューアル。

今までより2.5キロ東京方面に移転し、PASAR(パサール)蓮田としてオープンしました。東北自動車道での楽しい旅を総括し、単に通過点としてではない、埼玉県の、そして蓮田市の魅力を訪れた人にしっかりアピールするサービスエリアとなっています。

また高速道路を利用する人ばかりでなく、地元の人も憩い集うことのできる施設に仕上がっています。

サービスエリアの移転で慢性的な渋滞を解消?

サービスエリアと言えば地域色を前面に出した、フードや特産品の販売で今やドライブの楽しみにしている人も多いでしょう。

元来長いドライブでの安全を守るための休憩や、給油を行ったりする場所というのが目的。リニューアル前の蓮田SAは都心へ向かう上り線最後のSAということもあり、利用者の長い列が本線にまで伸びて渋滞の原因になることも少なくなかった。そんな課題解決も、今回の移転リニューアルの大きな目的の理由でしょう。

駐車スペースを大幅拡大! 身障者用スペースも充実

従来の蓮田SA上り線の敷地面積は3800平方メートルだったのに対し、新施設は13800平方メートルへ約3倍に拡大。駐車台数を3倍とし、今までなかったトレーラー用マスを5台分、バス専用スペースを20台分用意。さらに、大型車用に関しては約4倍の127台分も確保しています。

小型車用も約2.5倍の352台分が用意され、身障者用スペースは6台に増えたうえに、大型車用でも一台用意されるなど、とにかく利用者を選ばず、より多くの人に利用してもらえる施設になっているのです。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR