本革、ファブリック、アルカンターラ……シートの素材の差はどこに表れるのか

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:トヨタ/日産/ホンダ/スバル
画像ギャラリーはこちら
カタログなどにも記載されているシートの素材。ファブリック(布)、本革、レザレット・アルカンターラ(合皮)など、車種やグレードによってシートの素材が変わることも多いため、車種、グレード選びでは重要なポイントとなる。見た目の高級感以外に、どんな違いがあるのだろうか。それぞれの素材のメリット、デメリットを紹介しよう。
目次[開く][閉じる]
  1. ボディサイズを問わず多くの車種に採用されているファブリック
  2. 本革シートは高級感があるが扱いは難しい
  3. 人工皮革はファブリックと本革シートの中間くらいの価格だ

ボディサイズを問わず多くの車種に採用されているファブリック

クルマの表皮で軽自動車など多くのモデルに使用されるのはファブリック(布を用いた生地・織物)だ。最もスタンダードなシート表皮でデザインのバリエーションも豊富、低コストなどのメリットがある。

本革シートは高級感があるが扱いは難しい

次に本革シートを紹介しよう。

本革は見た目の高級感はもちろんだが、耐久性や熱耐性、撥水性の高さ、過ごしやすい季節では座った際に気持ち良いなどメリットも多くある。そのため多くの高級車に採用されている。傷や擦れへの耐性も強いが、使い方によってひび割れが起きることがあるためクリームなどでの手入れが必要だ。

また、ワインディングなど横Gのかかるエリアではシートが滑りやすく、シートと接触している部分ががずれてしまうことが難点。

さらに冬場は冷たく、高温多湿の日本では夏場は蒸れるといった季節によって違いもあるものの、冬にはシートヒーターですぐに暖めることができ、夏はシートベンチレーションなどの装備があればシートと身体の間の熱気を吸い出して快適に過ごすこともできるが、コストはその分高まる。

ほかにも、ベージュやタンといった淡い色の本革シートではジーパンを座って擦れ、色落ちする可能性もあり、扱いが難しいのが原因だ。

人工皮革はファブリックと本革シートの中間くらいの価格だ

スエードは手触りや見た目の風合いは良いものの、汚れに弱いためクルマには使いにくい素材だ。そうしたデメリットを解消した人工皮革が登場している。

アルカンターラなどの名前で知られているスエード調のものは、1980年代からクルマのシートにも使われるようになる。コストはファブリックと本革の中間くらいでありながら、デザイン性や手触りは高級なスエードのようでコストパフォーマンスは高い。デメリットは静電気が起きやすいことだ。

かつてはコストが安いものとしてビニールシートが挙げられるが、アウトドアで使用するようなSUVでは汚れを取り除くのが容易なビニールシートのような合皮シートなども用意されている。実際、日産 エクストレイルなどSUVモデルに採用例がみられる。

また本革シート車でも、特に耐久性を求められる部位などにあえて合皮を用いているケースもあり、その旨がカタログや取扱説明書などに記載されていることがある。。

こうしてみると、扱いやすさでいえば合皮シートが良さそうだが、コストを気にしないのであれば本革シートとシートヒーター、シートベンチレーションなどを用意して快適な室内空間を演出する。また、アウトドアでの使用を考えるなら、防汚、防水のシートカバーなどを備えたり、ビニールシート調の合皮シートなども検討の余地があるだろう。

中にはレザーとアルカンターラなど組み合わせたシートなども存在しており、それぞれのメリット、デメリットを知って使い分けてほしい。

【筆者:MOTA編集部】

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 妙見石原荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる