ジープ 新型ラングラー最上位モデルの実力を雪上で試す!(3/4)

画像ギャラリーはこちら

ジムカーナにも使われる2つの特設コースでの試乗体験も

多少は無茶なことも試せる特設コースではどうだったか。大きく分けて2つのタイプのコースが用意されていたのだが、冬期以外にはカートやジムカーナなどに使われているクローズド・コースを利用した、主として圧雪路での加減速やコーナリングを試すためのコースでは、やっぱり4H PART TIMEモードを使う必要性はそれほど感じられなかった。

このモードでは常に前輪と後輪に50%ずつの駆動がかかってるわけだから、加速と減速、あるいは片側が圧雪で片側が凍結というようなところでの安定感と安心感はもちろん抜群で、そこに疑問の余地はなかった。

だが、4H AUTOでも充分こと足りてしまうのだ。クローズド・コースだからできることだけど、コンディションを大きく変化させながら次々現れるコーナーを元気よく駆け抜けるようにして周回しているときには、前輪0%+後輪100%から前輪50%+後輪50%の間で駆動力を常に可変させる4H AUTOの方が適切で、走ることそのものを楽しめた。

コーナーの立ち上がりでわざと強めにアクセルをプッシュしてみたり、曲がりながら後輪で凍結した部分を踏みつけたりして後輪が滑ると、間髪入れずに前輪が強めにクルマを引っ張る動きが感じられて、姿勢もそれほど乱れない。自信を持って走ることができるのだ。

非日常的なコースを走れたからこそ分かったこと

もうひとつの、地形を利用して急な登り坂や下り坂、凹凸路などを設置した日常離れしたコースの方では、もちろん4H AUTOでも走れることは走れたけれど、電子制御のセンターデフをロックさせて前後輪に均等に駆動を分配し、左右輪のどちらかが空転するとESCが瞬時に電子制御ブレーキングデフの機能を働かせて駆動の調整を図る4H PART TIMEモードの方が、間違いなく有用だった。

歩きでは登れそうにない急坂も何事もなく平然と登れるし、左右の凸凹の具合が大きく異なるところでの安定感も高い。なるほど、必要のないモードなんてわざわざ設定しない、というわけだ。

>>自然に力を発揮してくれる新型ラングラーは乗り心地も快適[次ページへ続く]

この記事の画像ギャラリーはこちら
嶋田 智之
筆者嶋田 智之

本人いわく「ヤミ鍋系」のエンスー自動車雑誌、『Tipo』の編集長を長く務め、スーパーカー専門誌『ROSSO』の総編集長を担当した後、フリーランスとして独立。2011年からクルマとヒトに照準を絞った「モノ書き兼エディター」として活動中。自動車イベントではトークのゲストとして声が掛かることも多い。世界各国のスポーツカーやヒストリックカー、新旧スーパーカー、世界に数台の歴史的な名車や1000PSオーバーのチューニングカーなどを筆頭に、ステアリングを握ったクルマの種類は業界でもトップクラス。過去の経歴から速いクルマばかりを好むと見られがちだが、その実はステアリングと4つのタイヤさえあるならどんなクルマでも楽しめてしまう自動車博愛主義者でもある。1964年生まれ。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ジープ ラングラーの最新自動車ニュース/記事

ジープのカタログ情報 ジープ ラングラーのカタログ情報 ジープの中古車検索 ジープ ラングラーの中古車検索 ジープの記事一覧 ジープ ラングラーの記事一覧 ジープのニュース一覧 ジープ ラングラーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる