ジープ ラングラーにピックアップトラックが登場! その名も“グラディエーター”

  • 筆者: チダ ユウタ(オートックワン編集部)

ファン待望、ラングラーのピックアップ仕様が本国デビュー!

2018年11月28日から開催されているロサンゼルスモーターショーで、ジープからニューモデル「グラディエーター」が発表された。これは2018年11月に日本で新型モデルが発売されたジープ ラングラーと基本設計を共有するピックアップトラック仕様だ。

ピックアップトラックといっても2人乗りではなく、キャビンは5人が快適に乗車できる広さを確保している。さらにラングラーの最大の特長であるオープントップも継承されており、ルーフを開けてのドライブも楽しめる、究極のアウトドアビークルといった印象だ。もちろんラングラー譲りの悪路走破性能も引き継いでいる。

日本導入に関する公式アナウンスはないが、是非とも導入してほしいところだ。

>>ジープ グラディエーターの画像をもっと見る

アメリカ中のファンが待ち望んだ5人乗りピックアップ仕様の登場

北米ジープのトップであるキム・クニスキー氏は「ひと目でジープと分かるアイデンティティを持ったグラディエーターは、あらゆるアウトドア・アクティビティのための最適の車。世界中のジープファン、そしてピックアップトラックユーザーからの膨大な要望にようやくお答えできた」とコメント。

実はジープのピックアップ仕様は、今回が初めてではない。日本市場には正規導入されていないためあまり知られていないが、歴代のジープ各モデルにはピックアップ仕様がラインナップされていた。ラングラー以外に、チェロキーをもベースとするモデルもあった。例えば1986年に登場したジープ コマンチは、日本でも人気があった2代目チェロキー(XJ型)をベースにしたものだった。

ただし今回のグラディエーターが画期的なのは、2列シートで5人が乗車できる点。これは同社の歴代ピックアップトラックで初となる。

グラディエーターの性能…悪路走破力だけでなく積載性もスゴい

今回登場したグラディエーター、ピックアップトラックということで、最大積載量は約725kg。これはトヨタ ハイラックスの500kgを上回っており、ピックアップトラックを日常的にガシガシ使う、アメリカならではの設計思想が目立つ。具体的な寸法こそ公表されていないものの、前輪を外したロードバイクを積んだり、テールゲートを倒した状態でオフロードバイクを積んだりした写真があるので、長さは相当なものだ。さらに幅もボディいっぱいまで広げられており、単に「荷台をつけてみました」と言うだけでなく、本格的な積載性能を追求している点が伺える。

また約3.5トンもの牽引性能を持つため、キャンピングトレーラーやボートといった重量トレーラーを牽引するのにも問題ない性能を持つ。公式画像ではなんと往年のジープ ワゴニアを牽引しているが、まさにアメリカならではといった趣だ。

悪路走破性に関しても、ラングラー譲りの優秀なもの。

最低地上高約280mm、渡河水深は約760mm。さらにアプローチアングルは43.6°、ランプブレークオーバーアングル(車体の腹の部分を打ち付けない角度)は20.3°、デパーチャーアングルは26°と、相当の岩場や段差も苦もなく乗り越える性能を持っている。

ちなみにラングラー同様、悪路走破性をさらにアップさせた特別なグレード「ルビコン」もラインナップされ、こちらは専用にチューンされた足回りに加え、車体前部にカメラを搭載、フロント下部して段差や障害物を目視確認できる新装備が追加された。

ジープ グラディエーターの日本発売に期待!

サイズ的にはかなり気を使いそうだが....

グラディエーターの日本導入に関しては、公式のアナウンスはなされていない。

見た所、素のラングラー アンリミテッドに比べて600mm近くボディが延長されているようで、日本国内で取り回すには相当大柄なモデルになるのは間違いない。ラングラー アンリミテッドの寸法が全長×全幅×全高=4870x1895x1845 (mm)なので、単純計算で全長は5400mmクラスに迫る。

ちなみに、同じ5人乗りピックアップトラックのトヨタ ハイラックスの寸法は全長×全幅×全高=5320×1885×1800、同じくトヨタのランドクルーザー70は5270x1770x1950だ。

エンジンにはV6ガソリンとディーゼルを用意、日本では直4でも十分!?

グラディエーターのエンジンには、3.6リッターV6ガソリン(最高出力:289PS / 212kW・最大トルク352.5N・m / 35.95kgf・m)と、3リッターV6クリーンディーゼル(最高出力:263PS / 193kW・最大トルク599.5N・m / kgf・m)が用意される。

これに組み合わせられるトランスミッションは、ガソリン仕様には8AT / 6MT、クリーンディーゼル仕様には8ATのみとなる。

新型ラングラーに設定される2リッター直4ガソリンエンジンは採用されず、これは重量物の積載・牽引においてパワー不足と判断された可能性が高いと言えよう。

アメリカ本国では2019年春~夏に発売

最後に販売に関してだが、アメリカ本国では2019年春~夏に販売開始とアナウンスされている。ちなみに生産拠点はオハイオ州トレド工場で、ここは1941年から稼働するジープの一大生産拠点となる。

ジープ グラディエーター 画像ギャリー

>>もっと見る

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者チダ ユウタ(オートックワン編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ジープ ラングラーの最新自動車ニュース/記事

ジープのカタログ情報 ジープ ラングラーのカタログ情報 ジープの中古車検索 ジープ ラングラーの中古車検索 ジープの記事一覧 ジープ ラングラーの記事一覧 ジープのニュース一覧 ジープ ラングラーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる