MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ JADE HYBRID(ジェイド ハイブリッド) 試乗レポート/国沢光宏

試乗レポート 2015/2/19 10:47

ホンダ JADE HYBRID(ジェイド ハイブリッド) 試乗レポート/国沢光宏(1/3)

関連: ホンダ ジェイド Text: 国沢 光宏 Photo: 和田清志
ホンダ JADE HYBRID(ジェイド ハイブリッド) 試乗レポート/国沢光宏

新種の6シーター「ホンダ ジェイド」ってナニモノだ!?

ホンダ JADE(ジェイド) 試乗レポート/国沢光宏

「ホンダ JADE(ジェイド)」、なかなか解りにくいクルマである。

なにしろスターティングプライスが272万円と安くない。しかも「Honda SENSING(ホンダ センシング)」と呼ばれる新世代自動ブレーキ(CMBS:衝突軽減ブレーキ)等の先進安全装備類はぜひとも欲しい装備だからして、そいつが標準搭載される「ジェイド HYBRID X」を選ぶと292万円になってしまう。ナビなど付けた総支払い額だと350万円近い。

中国市場で先行発売のジェイドは日本仕様とは別モノ

ホンダ JADE(ジェイド) 試乗レポート/国沢光宏ホンダ JADE(ジェイド) 試乗レポート/国沢光宏

搭載されているのは1.5リッターのハイブリッドだから、ガソリンエンジンなら1.8リッター相当の走りである。気になる3列目シートは、もはやポルシェ911のリアシートより狭い。というか、大人だと乗り込むのに苦労するほど。「使いモノにならない」と書いた方が妥当。

ホンダの車両説明によれば、30歳以下の若い層と、40歳以上の人を狙ったという。30歳までの人は総額350万円のクルマなどなかなか買えまい。家族も増え、6人以上乗る機会の多い40歳以上のユーザーなら、もっとユッタリ座れる3列シートミニバンを買うことだろう。

説明を聞きながらアタマの中は「?」だらけ

ホンダ JADE(ジェイド) 試乗レポート/国沢光宏

ちなみにジェイドのメイン市場である中国では、若い世代向けの「一回り大きいフィット」という位置づけだという。

日本市場で言えば1.3リッターエンジン搭載で130万円のフィットに対し、1.8リッターエンジンを搭載したジェイド170万円という感じ。日本でもそういったクルマならニーズも多いと思う。

[さて、日本のジェイドはどんなクルマなの!?・・・次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ホンダ ジェイド の関連編集記事

ホンダ ジェイドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ジェイド の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR