日本のフィットに足らないのはこの力強さ!? 中国版ホンダ 新型フィット(広汽本田 飛度)の“顔”がカッコいい!

画像ギャラリーはこちら
ホンダのコンパクトカー「FIT(フィット)」は、日本のみならず世界で生産されるグローバルモデル。中でも中国は、2004年に初代(ハッチバック)の生産をスタートして以来120万台以上を販売した一大市場だ。2020年8月26日、中国でも4代目新型フィットの発売が開始したが、日本仕様とはデザインが少し異なる。現行型フィットにどこか物足りなさを感じているユーザーにも、グッと響きそうな力強さがあるのだ。日本では売られていない「フィット SPORT」の詳細をご紹介!

これはこれでカッコいい! 中国版ホンダ フィットを写真で見る[画像27枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 日本仕様のフィットとはどこが異なる!?
  2. ラインナップはスポーツとクロスターの2タイプ
  3. 日本でもこの顔がNESSに代わって新ラインナップ入り!?

日本仕様のフィットとはどこが異なる!?

現行型(4代目)フィットは、2019年10月の東京モーターショー2019会場で初披露され、翌2020年2月14日に日本から販売を開始した。“心地よさ”をテーマに開発された新型フィットは、デザインについても親しみやすさを重視。つぶらな瞳のようなヘッドライト形状と、穏やかな表情のグリルレスフェイスを組み合わせ、独特の優しい表情を持つフロントマスクが特徴となっている※。

(※クロスオーバーSUVタイプの「フィット CROSSTAR(クロスター)」のみグリルのあるデザイン)

ところが中国仕様のフィットを見てみると、日本仕様と印象が異なる事に気付く。どこかやんちゃで力強い表情なのだ。どの辺りが違うのだろうか。

ラインナップはスポーツとクロスターの2タイプ

中国向けのホンダ 新型フィット(「飛度」)は、広東省広州市にある広汽本田汽車で現地生産される。中国の若い世代をターゲットとし、ラインナップは、日本でも設定のある「フィット CROSSTAR」に加え、日本にはない「フィット SPORT(スポーツ)」の2タイプが用意されている。

スポーティなハニカムグリルが備わる「フィット スポーツ」がカッコいい

中でもフィット SPORTは文字通りのスポーティな装いで、4代目フィットの特徴であるグリルレススタイルを捨て、力強いフロントグリルやバンパー形状が与えられた。古典的なハニカム形状のグリルデザインだが、これがスポーティでカッコいいのだ。

中国仕様のフィットには今のところハイブリッドの設定はなく、パワフルな1.5リッターガソリンエンジン(96kW/155Nm)とCVTの組み合わせのみとなっている。日本仕様のガソリン車は1.3リッター(72Kw/118Nm)のみだから、その点でもちょっとうらやましいところだ。

中国での価格は8万1800人民元(約131万円)~10万8800人民元(約175万円)までと、手頃な価格設定も若者向きだ。日本仕様の1.3リッターガソリンモデル(約155万円から)よりも安い。

※1中国人民元16.05円で換算

日本でもこの顔がNESSに代わって新ラインナップ入り!?

日本仕様のフィットは「BASIC(ベーシック)」を基本モデルに、快適性を向上した「HOME(ホーム)」、従来のRSに代わるスポーツモデル「NESS(ネス)」、高級仕様「LUXE(リュクス)」、そしてクロスオーバータイプの「CROSSTAR」の5タイプが用意され、ユーザーの好みに応じて多彩に選ぶことが出来るのが狙いだ。

初期の受注状況ではHOMEが47%、BASICが19%、CROSSTARとLUXEがそれぞれ14%となっており、HOMEがダントツ人気なほかは、割と均等な分布となっていて、当初の狙い通り幅広いユーザーそれぞれの好みに上手くハマったようだ。

しかしその中でNESSはわずか6%と、あまり振るわない結果に。フィット NESSは、新たなスポーティさの表現として企画されたが、ユーザーにはちょっとわかりづらかったのか、あまり響いてはいないようだ。

日本のフィットに唯一足らないのが「スポーティな力強さ」!?

ホンダ フィットのライバル、トヨタ ヤリスは、現在販売台数の面でフィットを上回る勢いをみせている。そのヤリスは、スポーティさを押し出した力強いデザインも大きな特徴のひとつだ。

個人的には4代目フィットが醸し出す独特の優しい“癒し系”な雰囲気はとても好ましく思う。しかし中国向けフィット SPORTにあるスポーティさと、そこから表現される力強さを求めるユーザーも潜在的に多くいそうなことは、ミニバンや軽のラインナップに必ず用意されるカスタムシリーズの猛烈な人気ぶりからも容易に想像出来る。

ならば打倒ヤリスの猛烈な原動力として、日本仕様にも1日も早くフィット SPORTを追加するべきだろう。コンパクトカー市場の更なる活性化のためにも、大いに期待したい!

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
155.8万円253.7万円
中古価格:
8万円767.7万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ フィットの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フィットのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フィットの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フィットの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フィットのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる