シンプルでスタイリッシュ、そして高機能! コンパクトカーの王道ど真ん中、ホンダ フィットを振り返る

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年2月より新型の発売がスタートしたホンダ フィット。2020年上半期の販売台数では第3位にランクインした。ここでは、そんな強豪ひしめくコンパクトカー部門で堅調な売れ行きを見せているホンダ フィットを改めて振り返っていく。
目次[開く][閉じる]
  1. ユーザーニーズに沿って、5種類のボディタイプを用意
  2. シンプルでスッキリとしたデザイン
  3. 心地よさにフォーカス

ユーザーニーズに沿って、5種類のボディタイプを用意

2019年10月に開催された東京モーターショー2019で初披露され、2020年2月に発売開始となった新型フィット。

4代目となる現行モデルでは、歴代モデルが築き上げた優れた性能や機能をベースに、数値では表せない心地よい「視界」「座り心地」「乗り心地」「使い心地」という4つの心地よさを提案している。

今回からユーザーのライフスタイルやライフステージに合わせ、シンプルで自分らしさを表現する「ベーシック」、生活になじむデザインと快適性を備えた「ホーム」、アクティブに過ごしたいユーザーのための「ネス」、エンジョイライフに応える「クロスター」、洗練と上質を兼ね備えた「リュクス」といった、5タイプのボディスタイルを用意。

シンプルでスッキリとしたデザイン

プラットフォームは先代モデルと共通ながら、デザイン面では一新。フロントマスクは、男前な顔つきだった先代モデルから、柴犬をモチーフにした“ほんわかフェイス”へと変更されている。

また、ボディサイズこそ引き続き5ナンバーサイズで(クロスターを除く)全長が5mm長くなり、全高が10mm低くなった程度だが(全長4090mm×全幅1725mm×全高1545mm)、先代の抑揚の強いデザインからシンプルなデザインへと一転したことで、印象的にはよりコンパクトになっている。

心地よさにフォーカス

インテリアもエクステリアと同じく極力シンプルな造形。ここちよさにフォーカスしたクルマ作りを実行し、文字通り乗り心地や触りごこちをウリにしている。

乗り込めば、その狙いはハッキリと分かるほどで、シートの座り心地や、ハンドル・スイッチ類の操作も「確かにイイ」と思えるハズだ。

装備面では、メーターはアナログメーターを廃して液晶パネルに変更。スピードメーターとしてだけでなく、ナビの表示や車両設定なども行うなど、先進性が大幅アップ。また、全グレードで電子制御パーキングブレーキを採用したことで、センターコンソールもスッキリしている。

パワートレインは1.3リッター 直4+CVTの他、1.5リッター 直4に2つのモーターを組み合わせたハイブリッド「e:HEV」を用意。どちらも変速ショックもなく、スムースな加速が魅力だ。

その他、先進安全装備では、衝突被害軽減ブレーキはもちろん、全車速追従式ACCなどクラストップレベルを誇るホンダ自慢の安全運転支援システム「Honda SENSING」が全車標準装備となる。

価格は、1,557,600円~2,327,600円(消費税込)。強豪ひしめくコンパクトカー部門の中、検討中という方は一度チェックすることをお勧めしたい。

[筆者:MOTA編集部]

ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
155.8万円253.7万円
中古価格:
9万円1,110万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルふたりこもれ陽
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ フィットの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フィットのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フィットの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フィットの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フィットのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる