ユーティリティ・スポーティ軽カー 徹底比較(1/4)

ユーティリティ・スポーティ軽カー 徹底比較
フロントスタイル リアスタイル フロントビュー リアビュー 画像ギャラリーはこちら
ユーティリティ・スポーティ軽カー徹底比較

軽自動車というクルマは、乗用車に比べると、いまだ進化の過程にあるとはいえ、まだまだいろいろな飛び道具を持つモデルが出てくる可能性のあるカテゴリーである。

今回は、最近人気の高い、ダイハツのカスタム系に代表されるスポーティ&上質なテイストを持ち、さらにスライドドアの採用などユーティリティを追求した3モデルを取り上げた。

タントカスタムは、2003年11月に登場した初代タントの登場から約2年後の2005年6月に追加。以来、本家のタントを凌ぐほどの販売を見せた。このほどタントと同時にモデルチェンジを迎えたばかりである。

エクステリアデザインはキープコンセプトで、インテリアやシートアレンジについても、従来の好評を博した部分はそのまま踏襲している。そして、助手席側後席に電動スライドドアを採用し、助手席側のセンターピラーをドアに内蔵させるという「ミラクルオープンドア」を採用し、ドアを開けた際の大開口を実現したというのが大きなポイントである。

eKシリーズは、2006年9月にモデルチェンジ。その際、スタンダードモデルのekワゴンにスライドドア車が設定され、2007年秋には、スポーティモデルのekスポーツも同じくスライドドア車が設定された。「いい軽」を車名としたほどで、初代の登場時には、その完成度の高さは大いに評価されたものである。

もう1台は、タントを生んだダイハツの人気モデルであり、「カスタム」のイメージリーダーでもあるムーヴカスタム。2006年10月にフルモデルチェンジし現行型に移行。持ち前のスペースユーティリティに磨きをかけるとともに、新規プラットフォームを採用したことで、走行性能全般についても大幅に洗練された。

3台のスポーティかつユーティリティを誇る軽カーを比較する。

1 2 3 4 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
岡本 幸一郎
筆者岡本 幸一郎

ビデオ「ベストモータリング」の制作、雑誌編集者を経てモータージャーナリストに転身。新車誌、チューニングカー誌や各種専門誌にて原稿執筆の他、映像制作や携帯コンテンツなどのプロデュースまで各方面にて活動中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ダイハツ タントの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ タントのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ タントの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ タントの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ タントのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる