【新型ノア&ヴォクシーVS新型ステップワゴン】ホンダセンシングとトヨタの先進安全機能の大きな違いはドライバーモニターカメラの有無だ

画像ギャラリーはこちら
今注目度の高いミニバンといえば、トヨタ 新型ノア&ヴォクシーとホンダ 新型ステップワゴンだろう。どちらも今年フルモデルチェンジされたばかりの新型モデルだ。

今回はその中でも予防安全機能の違いに触れたい。

目次[開く][閉じる]
  1. 新型ステップワゴンに搭載されるホンダセンシングは機能を拡張! ACCも全タイプに標準装備
  2. 新型ノア&ヴォクシーには最新のトヨタセーフティセンスとアドバンストドライブを設定
  3. トヨタのアドバンストドライブはドライバーモニターカメラによって作動! ホンダセンシングにはない装備だ

新型ステップワゴンに搭載されるホンダセンシングは機能を拡張! ACCも全タイプに標準装備

ホンダ 新型ステップワゴンに搭載される「ホンダセンシング」は、新型に合わせて機能を強化した。具体的には「後方誤発進抑制機能」「近距離衝突軽減ブレーキ」「オートハイビーム」「トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)」の追加だ。

また「渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)」も全タイプに標準装備される。

ホンダセンシングは衝突を予測してブレーキをかけたり、前走車と車間を一定距離保ちながら追従するなど13もの多彩な安心・快適機能を搭載した先進の安全運転支援システムだ。

新型ノア&ヴォクシーには最新のトヨタセーフティセンスとアドバンストドライブを設定

一方のトヨタ 新型ノア&ヴォクシーは予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」と、渋滞時の運転操作支援を行う「アドバンストドライブ」を用意する。

トヨタセーフティセンスでは、車両や歩行者、自転車だけでなくバイク(昼)の検知も行い、衝突回避または被害軽減に寄与する「プリクラッシュセーフティ」やリスクの先読みをしてステアリングやブレーキ操作などをサポートする「プロアクティブドライビングアシスト」「レーンチェンジアシスト」、交差点進入時などに左右から接近する車両を検知する「フロントクロストラフィックアラート」などが設定される。

さらにアドバンストドライブはトヨタ初搭載となる注目の機能だ。

アドバンストドライブは自動車専用道路で渋滞時(時速0〜40km)レーダークルーズコントロールとレーントレーシングアシストを作動させている時に限り、ドライバーが前を向いているなど一定条件を満たすとシステムが作動。手放し運転が可能となり、渋滞時の疲労を軽減する画期的な機能だ。

こういった機能は日産の「プロパイロット2.0」やスバルの「アイサイトX」などでも採用されているものだが、ミニバンでこの機能が使えるのは新しい。

トヨタのアドバンストドライブはドライバーモニターカメラによって作動! ホンダセンシングにはない装備だ

ここで新型ステップワゴンのホンダセンシングとの違いについて触れていこう。

大きな違いはステアリングの内側に取り付けられたドライバーモニターカメラの有無だ。

トヨタのアドバンストドライブでは運転者の顔の位置、向き、目の開閉状態をドライバーモニターカメラで確認。運転者が周囲の状況を確認し、常に運転操作できる状態であるかをシステムがチェックしており、これが作動条件となっている。

また、ドライバーモニターカメラには運転者の異常を感知するシステムとしての機能もある。

ドライバーモニターカメラなどで運転者が通常の運転状態でないことを確認すると、まず音と表示と緩減速による警告で操作を促す。

それでも運転者の操作がなかった場合、次にハザード・ホーン・ストップランプで車外に異常を知らせながら自車線内に減速し、停車させることで事故回避や事故被害低減を支援するというもの。

停車後はドア解錠やヘルプネット自動接続による救命要請を行い、ドライバー救命・救護までサポートする。

これまで突然の心肺停止やてんかんなどの身体的なトラブルによって悲惨な事故が起きてしまうことがあったが、この機能が搭載されていれば、こうした事故を未然に防ぐことにもつながるため、予防安全面では大きな進歩と言えるだろう。

しかし、ホンダもホンダ レジェンドに搭載された「ホンダセンシングエリート」では手放し運転が可能であったことから、技術的に大きな差があるわけではない。

トヨタの「アドバンストドライブ」や「ホンダセンシングエリート」などに類する機能は、今後メーカーを問わずさまざまなモデルに搭載されることを期待したい。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

トヨタ/ヴォクシー
トヨタ ヴォクシーカタログを見る
新車価格:
309万円396万円
中古価格:
17万円505.9万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 渓谷に佇む隠れ宿 峡泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ヴォクシーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヴォクシーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヴォクシーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヴォクシーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヴォクシーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる