どっち買う!? 新車の「トヨタ ライズ」購入予算200万円で、3年落ちの輸入コンパクトSUV「プジョー2008」という選択肢はいかが!?

  • 筆者: 遠藤 イヅル
  • カメラマン:小林 岳夫・ステランティス・TOYOTA
画像ギャラリーはこちら
大小くまなくSUVをカタログに用意するトヨタ。エントリーモデルとして2019年に発売された「ライズ」は、日本・世界から多種多様なSUVが発売されている中、かつてのリッターカークラスに相当する車種があまり存在しないこともあり大ヒット。2020年ではヤリスシリーズ(ヤリスクロスも含む)に次ぐ、販売台数2位を記録した。

満足度が高いライズだが、車格的には「Aセグメント」の範疇に入る。そこで今回の「どっち買う!?」では、その購入額でひとつ上の「Bセグメント」、しかも輸入コンパクトSUVが買える!? ということで、プジョーのSUV「2008」の中古車との比較を行うことにした。……あなたならどっちを選ぶ!?

目次[開く][閉じる]
  1. スタイリッシュなプジョーのコンパクトSUV「2008」
  2. 3年落ち・走行3万キロ以下・150〜200万円以内で装備満タンの特別仕様車が多数ヒット
  3. 先代モデルながらも、走り楽しく、悪路走破性も高い「2008」はいかが?

スタイリッシュなプジョーのコンパクトSUV「2008」

2012年にフランス本国で登場し、日本では2014年から発売を開始した「プジョー2008」。ベースになったコンパクトカー「208」のデザインテイストのままに車高・地上高をアップし、SUV風の装飾が施されたSUVである。内装にも大きな特徴があり、小径ステアリングの上からメーターを視認する「i-Cockpit」というメーターパネルを採用。2016年には省燃費・高性能を誇る1.2リッター直3ターボエンジン+6速オートマチックを得て動力性能を向上した。2019年には2代目となる現行型を欧州で発表、翌年夏には日本にも上陸し、現在に至っている。

3年落ち・走行3万キロ以下・150〜200万円以内で2018年式までの「プジョー 2008」の中古車を検索!

そこで、このコーナー恒例の、「3年落ち・走行3万キロ以内」という条件で先代「プジョー 2008」の中古車を検索してみた。

▼中古車検索条件▼

・メーカー車名: プジョー 2008

・モデル:2018年7月~

・年式:平成30(2018)年~令和3(2021)年

・走行距離:~最大3万キロまで

・価格帯:150〜200万円

・修復歴:なし

(2021年8月20日現在 MOTA調べ)

プジョー/2008
プジョー 2008カタログを見る
新車価格:
274.9万円305.5万円
中古価格:
69万円402.2万円

3年落ち・走行3万キロ以下・150〜200万円以内で装備満タンの特別仕様車が多数ヒット

さっそく検索結果を確認してみると、3年落ち・走行3万キロ以内・150〜200万円で約15台のプジョー2008がヒットした。年式的には2018〜2020年が該当するも、新型(2020年モデル/新型は「プジョー 2008SUV」と表記)はさすがにまだこの価格帯では流通しておらず、先代の2014年式モデルのみの表示となった(2021年8月20日現在 MOTA調べ)。

車両本体の価格帯は、150万円台・160万円台・170万円台がそれぞれ1台、180万円台が4台、190万円台が7台という内容。グレードは、スポーティな「GTライン」(2018年7月現在の新車価格293.3万円)と、GTラインに17インチ専用シャイニーブラックアロイホイール、シートヒーター付きブラックレザーシートを与えた特別仕様車「ブラックパック」(同新車価格305.5万円)、そして標準グレードの「アリュール」に、アルカンターラ&テップレザーシートおよびシートヒーター、上級革巻きステアリングホイール、バックアイカメラ、「CROSSCITY」ロゴなどの装備をふんだんに盛り込んだ特別仕様車「CROSSCITY(クロスシティー)」(同新車価格274.9万円)で占められている。

先代モデルながらも、走り楽しく、悪路走破性も高い「2008」はいかが?

全長約4.1mというコンパクトなボディながらも、広いリアシートと実用的なラゲッジスペースを有し、洗練された内外装デザインを持つプジョー2008(2014年モデル)。先代モデルになってしまうのは確かだが、デザインはまったく古くなっておらず、流通している中古車も、装備が充実したグレードばかりだ。

残念ながらアダプティブクルーズコントロール(ACC)の装着は無いが、6エアバッグ、EBD、トラクションコントロールシステム、衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全装備を備える。窓が大きく視界が良いことから、運転しやすいのもポイントだ。2008はFFの設定しかないが、GTラインとクロスシティーには、悪路や滑りやすい路面でも安全に走行可能な「グリップコントロール」システムを装備。スノー(雪道)、マッド(ぬかるみ)、サンド(砂地)など5つの走行モードを駆使することで、4WD車顔負けの悪路走破性を見せてくれる。

コンパクトカーでも一切妥協無し! 長距離でも運転が疲れないフレンチSUV

コンパクトカーながらもシート形状に優れ、乗り心地もよい2008は、長距離移動が多い欧州車らしく「長距離でも運転が疲れない」クルマだ。また欧州車ひいきの発言か!? と思われるかもしれないが、これは実際に欧州製小型車で長い距離を走ったらきっとわかるハズ。街乗りヨシ、長距離ヨシ、デザインヨシ、ユーティリティもヨシという2008は、SUV界?ではあまり目立たない存在だが、その実力は高く、隠れた伏兵と言えるだろう。

ただし購入後のトラブルがゼロとはいえないのも玉にキズ。プジョーの純正中古車や専門店、欧州車に強いショップから購入するのがオススメだ。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:小林 岳夫・ステランティス・TOYOTA]

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おちあいろう

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ライズの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ライズのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ライズの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ライズの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ライズのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる