トヨタ C-HR vs ホンダ ヴェゼル(マイチェン版)どっちが買い!?コンパクトSUV徹底比較(1/2)

コンパクトSUV対決!C-HRとヴェゼルどっちが買い!?

相変わらず全世界的に人気のジャンルであるSUV。もちろんこのブームは日本でも継続中であるが、特に狭い道の多い日本では本格的なSUVよりもコンパクトSUVに人気が集中している。そのため、各メーカーともこのジャンルの車両をリリースしているわけだが、その中でも頭ひとつ抜け出ているのが、ホンダ ヴェゼルとトヨタ C-HRの2車種だろう。

ホンダ ヴェゼルとは

2013年にデビューしたホンダ ヴェゼルはハイブリッドとガソリンの2本柱で、それぞれにFFと4WDが用意される。2014年から2016年までは3年連続でSUV新車登録販売台数No.1を記録しており、名実ともにコンパクトSUVの大人気車種と言えるだろう。

2018年2月にはマイナーチェンジを実施。内外装デザインを新しくしたほか、先進安全装備であるHonda SENSINGを標準装備とし(レスオプションも有)、インラインタイプのLEDヘッドライトも全グレードで標準装備とするなど、アップデートを果たしている。

関連記事:ホンダ ヴェゼルが2018年2月マイナーチェンジ|スタイリッシュで力強いデザインに

トヨタ C-HRとは

一方のトヨタ C-HRは2016年11月に登場。それ以前もニュルブルクリンク24時間レースへの参戦など、多くのディザー戦略を経て満を持しての登場となった。ラインアップはヴェゼルと同じくハイブリッドとガソリンの2種類のパワートレインを持つが、ガソリン車はターボエンジンとなり、それぞれハイブリッドが2WD、ガソリンが4WDのみの展開となるのが大きな違いだろう。

2017年度はSUV新車登録販売台数No.1の座に輝き、ヴェゼルの4年連続をNo.1阻止した車種でもある。

関連記事:トヨタ C-HRがSUV年間販売ダントツのトップへ!アクアにも迫る勢い

C-HR vs ヴェゼル|外観・内装デザイン比較

外観比較

ホンダ ヴェゼルは2013年デビューということもありやや新鮮味が薄れてきていたが、2018年2月のマイナーチェンジでフロントバンパーやグリルのデザインを変更し、インラインタイプのLEDヘッドライトを採用したことで古臭さを払拭している。また、スポーティグレードのRSには専用の外装パーツも与えられ、18インチアルミホイールも装着されることで迫力のあるエクステリアを実現。ホンダの持つスポーティな雰囲気を上手くSUVに取り入れている。

トヨタ C-HRもヴェゼルと同じくクーペ風のスタイルを取り入れているが、より張り出したフェンダーやリアに行くにつれて低くなるルーフラインなど、強烈かつ個性的なエクステリアデザインとなっている。そのため、ヴェゼルよりも好き嫌いのハッキリするスタイルと言えそうだ。ボディカラーはヴェゼルには設定のない2トーン8色を含む全16色が設定されるのは選ぶ楽しみが増えて嬉しいポイントだ。

内装比較

元々クラスを超えた質感の高い内装への評価が高かったヴェゼルだが、今回のマイナーチェンジでフロントシートの形状を刷新しステッチを変更することで、ホールド性と質感をさらに向上させている。また、ハイブリッド仕様の上級グレードとなる「HYBRID Z」にはジャズブラウンというオレンジがかったブラウン系の内装色が選べるのはC-HRにはないヴェゼルだけの特権。

さらに純正ナビゲーションはiPhoneやAndroidなどのスマートフォンをUSBで接続し、音楽再生や通話、マップアプリケーションの操作などをナビ画面や音声で行える「Apple CarPlay」および「Android Auto」に新たに対応したこともトピックだ。

対するC-HRは、外装と同じく内装も個性的なデザインを採用しており、操作パネルやコンソールなどが運転席に向いて配置されている。これは80系スープラなどにも採用されていたトヨタのスポーツカーの不文律であり、シート形状もSUVとは思えないほどサイドサポートが張り出したバケットタイプのものが採用されている。

ただ、内装色は上級グレードが黒とブラウンのコンビシート、ベースグレードもブラックと、外装のカラーとは一転して落ち着いたカラーのみのラインアップとなっている。

C-HR vs ヴェゼル|安全装備比較

ヴェゼルもC-HRも先進安全装備は標準での装備となる。ヴェゼルはそれまではオプションだったが、マイナーチェンジで標準となり、逆にレスオプションが用意される形となっている(C-HRはレスオプション無し)。

ヴェゼルの「Honda SENSING」もC-HRの「Toyota Safety Sense P」も、歩行者も認識する衝突被害軽減ブレーキやステアリング制御付きはみだし防止機能、オートマチックハイビーム、アダプティブクルーズコントロールは標準で搭載される機能だ。それに加えて新型ヴェゼルは先行車発進お知らせ機能や、標識認識機能、車線維持支援システムも標準で装備されている。

機能の差としては、新型ヴェゼルの衝突被害軽減ブレーキが約5km/hから作動するのに対して、C-HRは約10km/hからと作動速度に差がある。一方、アダプティブクルーズコントロールは、ヴェゼルは約30km/h以上で作動するのに対し、C-HRは0km/hから使え、前走車が停止した場合は停止保持/発進制御までしてくれるという違いがあるため、使うシーンを考慮して選びたいところだ。

C-HR vs ヴェゼル|燃費比較

カタログ値での燃費を比較すると、ヴェゼルハイブリッドが27.0km/L(FFのHYBRID Honda SENSING、排気量1500cc)に対してC-HRハイブリッドは30.2km/L(ハイブリッド全グレード、排気量1800cc)と排気量の大きなC-HRの方が数値は良好という状態になっている。

一方のガソリンエンジンモデルは、ヴェゼルがマイナーチェンジで燃費性能を向上させて21.2km/L(FFのG Honda SENSINGなど)となる一方で、1.2リッターターボのC-HRは15.4km/L(ガソリン全グレード)となる。

なお補足情報として、オートックワンで実施した実燃費テストでは、マイナーチェンジ前のヴェゼルハイブリッドの実燃費は21.0km/Lで、C-HRハイブリッドの実燃費は23.7km/Lとなった。詳しくは関連記事をご覧いただきたい。

C-HR vs ヴェゼル|ボディサイズ・運転しやすさ比較

ボディサイズはホンダ ヴェゼルが全長4330mm×全幅1770mm×全高1605mm(非RS系)に対してトヨタ C-HRは全長4360mm×全幅1795mm×全高1550mm(ハイブリッド系)となり、C-HRはヴェゼルに対してやや前後左右に大きく、背が低い形となる。特にC-HRのハイブリッド系は全高が1550mmと立体駐車場に入るサイズに収まっているのが一番の違いと言える(ガソリン系は1565mm)。

運転のしやすさという点では、比較的常識的なデザインのヴェゼルは死角や車両感覚もつかみやすい。しかし、アグレッシブなデザインのC-HRは車両感覚がつかみにくく、着座位置も低めなため、ボンネット先端の位置が目視で確認しづらい。したがって慣れるまでは狭い道などで気を使いそうだ。またデザイン重視のリアセクションも、大きなスポイラーと小さめのリアウインドウで後方視界はやや悪いため、バックモニターを付けたくなる。

1 2 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ ヴェゼルの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ ヴェゼルのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ ヴェゼルの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ ヴェゼルの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ ヴェゼルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる