RX/GLE/X5を徹底比較 ~存在感抜群のLサイズラグジュアリーSUV~(1/4)

RX/GLE/X5を徹底比較 ~存在感抜群のLサイズラグジュアリーSUV~
レクサス RX200t ”F SPORT” ボディカラー:ホワイトノーヴァガラスフレーク レクサス RX200t ”F SPORT” ボディカラー:ホワイトノーヴァガラスフレーク レクサス RX200t ”F SPORT” ボディカラー:ホワイトノーヴァガラスフレーク レクサス RX200t ”F SPORT” ボディカラー:ホワイトノーヴァガラスフレーク 画像ギャラリーはこちら

存在感抜群のLサイズラグジュアリーSUV

レクサス RX

クルマのジャンル分けには曖昧な面が多いが、特にSUVは線引きが難しい。

もともとSUVは悪路を走るためのクルマだった。

2輪駆動では悪路で立ち往生するから4輪駆動の機能を備え、悪路走行では車両に加わる衝撃も大きいから、トラックのような強固なフレームにボディを架装する。デコボコを乗り越えることを考えて大径のタイヤを備え、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)には余裕を持たせた。河を渡る場面も想定され、浸水を防ぐために床を持ち上げた面もある。

となれば必然的に着座位置と天井の高いクルマになる。日本車でいえばトヨタ ランドクルーザーが代表だ。1970年代までは商用車として1/4ナンバーで登録される「作業車」が中心だった。山林で荷物を運ぶ用途も多く、ボディの上半分は商用バンの形状になる。

ところが日本では、1982年に初代三菱 パジェロが登場して一般ユーザーもSUVを使うようになり、1990年代に入ると、大径タイヤを備えた背の高いボディがファッションとして人気を得た。

また1990年代には北米を含めてSUVのニーズが高まり、その代わりにステーションワゴンの需要が下がって車種の数も減った。

そこで増えたのが都市型SUVだ。価値観が交錯するという意味でクロスオーバーという表現もある。本質はワゴンで、最低地上高もさほど高くない2WDが中心だが、少し大きなタイヤを履かせてSUVの雰囲気を演出している。

欧州メーカーは、高速走行の機会が日常的に多いこともあって高重心のSUVやミニバンに懐疑的だったが、北米の旺盛な需要に対応して走行安定性を高め、2000年頃からSUVを豊富にそろえはじめた。

とはいえクルマの床と天井は、必要な最低地上高と室内高を確保できれば低いほど好ましい。乗降性が向上して空気抵抗は減り、ボディが軽くなって重心も下がる。動力性能、走行安定性、乗り心地、燃費、使い勝手などに良い影響を与えるわけだ。

なので「悪路を走らないのに背を高くする」今の売れ筋SUVは理屈に合わないが、外観が個性的、(結果的にではあるが)視界が良い、ボディの基本形状がワゴンあるいはハッチバックだから、後席を含めて居住空間が広く荷物も積みやすいといったメリットはある。

そこで日産 ジュークが登場した2010年頃からSUVが注目され、クーペやセダンの売れ行きが低調な今、趣味性の強い車種が堅調に売れる貴重なジャンルになった。

今回は趣味性をさらに強めた上級のLサイズSUVとして、レクサス RX、メルセデス・ベンツ GLE、BMW X5の3車種を比較したい。

画像ギャラリーはこちら(画像101枚)

1 2 3 4 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

レクサス RXの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス RXのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス RXの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス RXの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス RXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる