最新人気軽自動車 徹底比較(4/4)

  • 筆者: 竹岡 圭
  • カメラマン:島村栄二
最新人気軽自動車 徹底比較
最新人気軽自動車徹底比較 フロントスタイル リアスタイル フロントビュー 画像ギャラリーはこちら

枠にとらわれない未来感たっぷりの新しい乗り物

走行メーター

デザインコンシャスな見た目もそうだが、コンパクトカーを上回るロングホイールベースで、しっかり感があり、乗り心地のよさを確保したアイは、確かに今までの軽自動車とはまた違った乗り味を持っている。重量物であるエンジンが後ろにあるので、駆動力もバッチリかかり、またブレーキングの際のノーズダイブも少なく安心感もたっぷりだ。

もちろんこのロングホイールベースからくる広さ(長さ)は、室内空間に反映されている。シートアレンジなどはないに等しいが、大人4人が乗っても快適に移動できるスペースを持っている。

そのあたりの快適性を増幅するために、コンフォート機能もたっぷり盛り込まれているので、チョイス的には少なくとも真ん中グレードのM、いっそのこと最上級グレードのGという選択もアリだ。現在のところターボモデルしかラインアップがないので、価格的にはパッと見かなり高めに映るが、ターボモデルで比べると実際にはやや高といった程度に収まっているハズ。軽自動車という枠を払拭したと言ってもイイ、未来感たっぷりの新しい乗り物は、逆に軽自動車に初めて乗るというような新しいユーザーにもオススメできる実力派なのだ。

ホンダファンを裏切らないキビキビした走り

走行メーター

軽自動車の魅力をさらにいちだんとスケールアップさせたゼスト。そのポイントは、なんといっても軽ナンバー1の広さと、ホンダファンを裏切らないキビキビした走りである。

背高のマルチワゴンの中でも全高が抑えられているぶん、ロールも少なくフラツキ感が少ない。加速していくフィーリングも軽特有の軽さのあるものといったよりは、極端に言えばグワーンと重厚感を伴って加速していく感じなので、コンパクトカーから乗り換えたとしても、物足りなさを感じないハズだ。

ユーティリティ面ではこの広さがあればなんでもできるハズなので、これ1台でなんでもできるといったオールマイティ性を求める人には、ドンピシャな選択である。

となると、ターボモデルのゼストスポーツに目がいくが、確かに荷物をたくさん積むという人はその通り、余裕があるほうをオススメしたい。しかし「荷物はたまに積むけれど、普段は街乗り中心だし」という人は、NAでも十二分。このNAエンジンは力強さがあるので、カッタルさを感じることはまずないハズだからだ。アクティブパッケージのついたWグレードならば、少々汚れてもお手入れ簡単。特に汚し屋さんの小さい子供がいるならば、撥水シートはありがたい装備に違いない。

キュートさと利便性を両立した優しい1台

走行メーター

見た目のキュートさや内装のオシャレさもさることながら、実証に基づいた利便性や安全性が盛り込まれているのがMRワゴンのスゴイところ。前段に盛り込めなかったものとしては、子供が転ばないよう水平に立てるようにとの心遣いから生まれた、サイドシルに付けられた大きめのステップや、子供が無意識に手で掴みやすく安全かつ乗り降りしやすいよう工夫された、長めのリアドアのアームレストなんかもそうだ。

また、ライバルとは違い、あえてリアドアの開口角度が90度ではなく微妙な80度台に抑えられているのもそのせい。蝶番部分を子供が掴むことのないようにと、計算された数値なのだ。

そして軽初もまだある。ダッシュボード上に設けられたエアコンの吹き出し口、アッパーベントがそれ。後席まできちんとエアコンの風が届くので、チャイルドシートの子供も快適に過ごせるのである。 となるとチョイスとしては、4輪ABS(EBD+BA付き)やフルオートエアコン、キーレススタートシステム、MD/CDプレーヤー付きオーディオ、などの安全&快適装備を盛り込んだXか、ターボモデルのTがオススメ。ママと子供の快適と安全を約束してくれるハズだ。

前へ 1 2 3 4
この記事の画像ギャラリーはこちら
竹岡 圭
筆者竹岡 圭

OLを経て、自動車専門誌を皮切りに、モータージャーナリスト活動を開始。国内外のレース、ラリーなど自らモータースポーツ活動に関わりながら、海外のモーターショーを精力的に回るなど、なにごとにも積極的に取り組んできた結果、近年は一般誌、女性誌、Web媒体、新聞、TV、ラジオなど、その活動はとても多彩なジャンルに広がっている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

三菱 アイの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 アイのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 アイの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 アイの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 アイのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる