autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォード マスタング 試乗レポート/大谷達也

試乗レポート 2014/11/7 12:08

フォード マスタング 試乗レポート/大谷達也(1/3)

関連: フォード マスタング Text: 大谷 達也 Photo: フォード・ジャパン・リミテッド
フォード マスタング 試乗レポート/大谷達也

相変わらずの格好良さ

歴代マスタングフォード マスタング 2.3L ecoboost

デビュー50周年を迎えて6世代目に生まれ変わったフォード「マスタング」の国際試乗会がアメリカ ロサンゼルス周辺で開かれた。

マスタングより少しだけ“お兄さん”の私がまだ幼かった昭和40年代、日本におけるマスタングはまさに富と高性能の象徴であり、私は路上で見かけるたびに憧れの気持ちを熱くたぎらせていた。

特にルーフからリアエンドに向けて一直線に下降するファストバックボディが与えられた「マッハ1」はいつも光り輝いて見えたもので、これを真似した(といったら怒られるかもしれないが)トヨタ「セリカ リフトバック」は、当時小学生だった私の“欲しいクルマリスト”のNo.1に無条件でランクインした。

今回も試乗会場で何度か歴代のマッハ1を目にしたけれども、およそ40年ぶりに見てもその格好よさは相変わらずで、特に1960年代後半のマッハ1は、ガラは大きくてもプロポーションやディテールの作り込みが実に繊細で、「ひょっとしてイタリアのカロッツェリアが手がけたのでは?」なんて妄想が膨らんでしまうくらい美しい。

絵に描いたようなクーペフォルム

フォード マスタング 2.3L ecoboostフォード マスタング 2.3L ecoboost

今回登場した6代目 新型マスタングのファストバックモデル(フォードではマスタングの伝統に従い、クーペではなくファストバックと呼ぶ)は、まさにこの当時のマッハ1を再現したデザインになっている。

キャビンの後半部分は潔く一直線に切り取られて絵に描いたようなクーペフォルムに仕立てられているほか、リアタイヤの存在感を強調するリアフェンダー上の張り出しもしっかりと再現されている。

絶対的な寸法はもちろん大きいけれど、いたずらにサイズを誇示することなく引き締まって見えるようにデザインされている点も私好み。特に、パワーバルジを強調せずに薄く仕上げられたボンネット周り、そしてキャビンをチョップドルーフ的にしてコンパクトに見せる造形は文句なしにスタイリッシュである。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

フォード マスタング の関連編集記事

フォード マスタングの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード マスタング の関連編集記事をもっと見る

フォード マスタング の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR