autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート [PR] フォード 新型フォーカス 試乗レポート/藤島知子

試乗レポート 2015/11/9 18:10

[PR] フォード 新型フォーカス 試乗レポート/藤島知子(1/4)

関連: フォード フォーカス Text: 藤島 知子 Photo: 青木禎之
[PR] フォード 新型フォーカス 試乗レポート/藤島知子

質にこだわるフォード、新型フォーカスへの“期待”も高まる

『通好み』———————という甘美な言葉がよく似合うモデルが、今回ご紹介するフォード『フォーカス』。

フォーカスは、走行性能に目が肥えた欧州市場で高い評価を得てきた欧州フォードの血筋を濃厚に受け継ぐ主力モデル。このクラスにはVWゴルフやプジョー308といった強豪勢がひしめき合うなかで、フォーカスは2012年と2013年のグローバル販売において、最も売れた乗用車としてその名を知らしめた。

現在のフォードはグローバル市場におけるニーズを集約して、デザインや走行性能を磨き上げることで満足感を与え、そこに快適性や実用面をバランスさせることで魅力的なクルマづくりを目指している。

今回はマイナーチェンジといえども、見た目からして「フルモデルチェンジなの?」と思えるほどの大改良が施されてきただけに、オモテよりも中身の質にこだわるフォード独自のコダワリに期待が高まる。

引き締まったフロントフェイスが映える、魅力的なエクステリア

マイナーチェンジというと、内外装のちょっとしたお色直しやメカニズムの仕様変更というのが一般的。でも、今回のフォーカスは多岐にわたる改良の数々に驚いてしまった。

先ず、フロントフェイスは最新のフォードデザインが採用されたことが視覚的に大きな違い。アスリート的な体格ながら、さり気なくイケメンの顔をもつルックスに変わっていて、まんまとひと目惚れしてしまった。

ブラックのハニカムメッシュの台形グリルはクロームのラインで縁取られ、切れ長な表情をもつHIDヘッドランプとの組み合わせの効果で引き締まった表情をみせてくれる。

ちなみに、日本に導入されるモデルにはリアスポイラーや17インチのアルミホイール、スポーツタイプのボディキットが標準装備となるが、低くワイドに構えた姿勢に隆起したエンジンフードのパワードーム、そこに端正な顔立ちが加わることで、グッと魅力的な姿にレベルアップした。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

フォード フォーカス の関連編集記事

フォード フォーカスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード フォーカス の関連編集記事をもっと見る

フォード フォーカス の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR