autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 フェラーリV12モデル史上最強の”812スーパーファスト”は早くも納車1年待ち!?

新型車リリース速報 2017/5/23 16:42

フェラーリV12モデル史上最強の”812スーパーファスト”は早くも納車1年待ち!?

フェラーリV12モデル史上最強の”812スーパーファスト”は早くも納車1年待ち!?

800馬力、4000万円だけど今年分は完売

今春スイスで開催されたジュネーブショー2017会場で華々しく発表された新世代フェラーリの最速・最高峰モデル「812スーパーファスト」が、いよいよここ日本でも初公開された。フェラーリ誕生70周年を祝うように登場したV型12気筒 6.5リッター NAのFRマシンで、最高出力はフェラーリのロードカー史上もっともパワフルな800ps。価格は驚きの3,910万円(税込)と、何から何までぜんぶ凄い! さらにイタリア生まれなら必須の躍動感溢れる情熱的なスタイリングだって、もう誰がどう見ても天下一品としか言いようがない。

しかし最初から下世話なハナシで恐縮だが・・・こんなにも高価で格好良く、そしてとてつもない性能の持ち主が、ジュネーブショーの時点でもう2017年分の割り当てが全て完売。もちろん日本割り当て分も同様だ。

世界中のひとたちをそこまで熱狂させたフェラーリ 812スーパーファストについて、ジャパンプレミア会場の画像を交えてレポートする。

>>「フェラーリ 812スーパーファスト」ジャパンプレミアの模様をフォトギャラリーでもチェック

0-100km/h加速は2.9秒! ダントツのパフォーマンスを誇る812スーパーファスト

フェラーリV12モデル史上最速の「812スーパーファスト」ジャパンプレミア 発表会レポート[2017年5月23日/会場:赤坂プリンス クラシックハウス]
フェラーリV12モデル史上最速の「812スーパーファスト」ジャパンプレミア 発表会レポート[2017年5月23日/会場:赤坂プリンス クラシックハウス]フェラーリV12モデル史上最速の「812スーパーファスト」ジャパンプレミア 発表会レポート[2017年5月23日/会場:赤坂プリンス クラシックハウス]

フェラーリ 812スーパーファストは、端的に言えば「F12ベルリネッタ」の進化版だ。

F12ベルリネッタはV12 6.3リッターで740ps/8250rpm、690Nm/6000rpm。0-100km/h加速3.1秒で最高速度は340km/h以上(!)を誇る。これでももう十分以上の超絶パフォーマンスなのだが、 812スーパーファストではこれをさらに6.5リッターに拡大。エンジン回りの75%が新たなパーツになった。

最高出力は60ps増の800ps/8000rpmへと進化。リッター辺りで換算すると実に123psと、812スーパーファストは後輪駆動モデルとしてはかなりの出力だ。最大トルクも718Nm/7000rpmで、しかも8割以上のパフォーマンスは3500rpmから発生させるため、中低速域での神経質さもないという。

もちろん7速デュアルクラッチトランスミッションのギア比も変更。ギアボックス制御自体も変更され、シフトアップ時で30%、シフトダウン時で40%のシフト時間短縮を図っている。

812スーパーファストでは、EPS(電動パワーステアリング)をフェラーリ初採用。SSC(サイドスリップ・コントロール)をベースにした車両の挙動を統括制御するシステムと融合させるためには必須の装備だった。F12TDFで採用されたバーチャルショートホイールベースシステム(PCV)も2.0へ進化。EPSによる前輪操舵や速度などを元に、メカニカル式の後輪操舵を制御する仕組みとなっている。

なお812スーパーファストの前後重量配分は、フロント47:リア53%とややリア寄りに仕立てられている。

その美しいスタイリングには全て理由がある

フェラーリV12モデル史上最速の「812スーパーファスト」ジャパンプレミア 発表会レポート[2017年5月23日/会場:赤坂プリンス クラシックハウス]
フェラーリV12モデル史上最速の「812スーパーファスト」ジャパンプレミア 発表会レポート[2017年5月23日/会場:赤坂プリンス クラシックハウス]フェラーリV12モデル史上最速の「812スーパーファスト」ジャパンプレミア 発表会レポート[2017年5月23日/会場:赤坂プリンス クラシックハウス]

スタイリングはただ美しいだけではなく、エアロダイナミクスにも配慮した。

最高速や高速時の安定性向上のみならず、イマドキはフェラーリだって無視できない燃費の向上のためにも、空力デザインは欠かせない重要な要素のひとつだ。抵抗を増やさずにダウンフォースを得るとともに、空気の流れを積極的に造り出す。

フロントの気流をサイドに流し整流するターニングベーンや、フラットアンダーボディ、フロントモバイルエアロダイナミクス(180km/h以上で開きアンダーボディのエアフローを増大させ空気抵抗を抑制)、ボンネットエアインテーク、リアのディフューザー(アクティブフラップ付で高速走行時にはフラップを17度開き空気抵抗を低減させる)など、全てのパーツには意味がある。

F12ベルリネッタに比べエアロクラスターによるダウンフォースは10%増加。またリアフェンダーダクトによるエアロダイナミックバイパスは、空気抵抗を低減させながらダウンフォースも8%増加させている。

フェラーリV12モデル史上最速の「812スーパーファスト」ジャパンプレミア 発表会レポート[2017年5月23日/会場:赤坂プリンス クラシックハウス]
フェラーリV12モデル史上最速の「812スーパーファスト」ジャパンプレミア 発表会レポート[2017年5月23日/会場:赤坂プリンス クラシックハウス]

インテリアもF12ベルリネッタから進化した。インパネデザインのみならずステアリングホイールや最新のインフォテイメントシステム、シートの造形もリニューアルされている。

最初に記した通り、メーカー希望小売価格は3,910万円。限定モデルではなく通常のカタログモデルなので、1年も待てばきっとやってくる、はず。既に2018年モデルの予約段階に入っているようだから、気になる方はお早めに・・・。

[レポート:トクダ トオル(オートックワン編集部)/Photo:オートックワン編集部・フェラーリジャパン]

◎関連記事

数千万円でも激売れ!フェラーリ史上最強の新型“812スーパーファスト”年内分は完売[2017/3/13]

フェラーリ 812スーパーファスト 主要諸元(スペック)

フェラーリV12モデル史上最速の「812スーパーファスト」ジャパンプレミア 発表会レポート[2017年5月23日/会場:赤坂プリンス クラシックハウス]
フェラーリV12モデル史上最速の「812スーパーファスト」ジャパンプレミア 発表会レポート[2017年5月23日/会場:赤坂プリンス クラシックハウス]

全長x全幅x全高:4657x1971x1276mm/ホイールベース:2720mm/車両重量(乾燥重量):1525kg/前後重量配分:(前)47%(後)53%/エンジン種類:V型12気筒ガソリンエンジン/総排気量:6496cc/最高出力:800ps(588kW)/8500rpm/最大トルク:718Nm/7000rpm/トランスミッション:7速デュアルクラッチトランスミッション/0-100km/h加速:2.9秒/最高速度:340km/h/タイヤサイズ:(前)275/35ZR20 10J(後)315/35ZR20 11.5J/メーカー希望小売価格:39,100,000円(消費税込)

>> フェラーリ 812スーパーファスト フォトギャラリー

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

フェラーリ F12ベルリネッタ の関連編集記事

フェラーリ F12ベルリネッタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フェラーリ F12ベルリネッタ の関連編集記事をもっと見る

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR