荷室が抜群に使いやすく、車中泊にも最適なダイハツ 新型アトレー/ハイゼットカーゴは、軽商用バンになってもワゴン感覚の運転が楽しめる!

画像ギャラリーはこちら
2021年12月に17年ぶりにフルモデルチェンジしたダイハツ 新型アトレー/ハイゼットカーゴ。前回は、大幅刷新した新型モデルの内外装や使い勝手をカーライフ・ジャーナリストの渡辺 陽一郎さんが解説したが、今回は実際に試乗した内容をお届けする!
目次[開く][閉じる]
  1. 新採用のCVTは走行中、常に効率の優れた回転域を保ち、ノーマルエンジンでも満足度が高い
  2. 軽商用バンになってもワゴン感覚の運転を楽しめるターボエンジン
  3. 走破力を高める4WD
  4. 使い勝手や走行性能は高まったが、乗り心地や燃費では他車が有利な面も
  5. 購入検討車は是非、ドライブを楽しんでから判断を

新採用のCVTは走行中、常に効率の優れた回転域を保ち、ノーマルエンジンでも満足度が高い

前回は、新型アトレーと新型ハイゼットカーゴの内外装の仕様について解説をお届けしたが、次は走行性能をチェックする。

ノーマルエンジンの新型ハイゼットカーゴ デラックスは、車両重量が900kgを超えることもあってパワー不足を感じる。特に平坦路でも、発進から時速25km前後までの加速が鈍い。それでも時速30kmに達すると、街中であれば不満のない動力性能を発揮する。

この走りには、新型から採用が開始されたCVT(無段変速AT)も大きな影響を与えていた。無段階に変速されるから、エンジンは常に効率の優れた回転域を使える。エンジン負荷の大きな登り坂や発進加速時には、エンジン回転数を高く保つことが可能だ。逆に負荷の小さな高速巡航時には、エンジン回転数も下げて、燃料消費量を抑えられる。

先代型の4速ATは、加速時にシフトアップするとエンジン回転数が下がってしまう。この時に加速が緩慢になり、アクセルペダルを踏み増すと、粗いノイズが大きく響いた。これに比べて新型ハイゼットカーゴは、CVTの併用でノーマルエンジンでも満足度が高い。

軽商用バンになってもワゴン感覚の運転を楽しめるターボエンジン

新型アトレーではRS(4WD)を試乗。ターボエンジンとCVTの組み合わせだから、動力性能の満足度はさらに向上する。街中の走りを左右する最大トルクは、ノーマルエンジンは6.1kg-mだが、ターボは1.5倍の9.3kg-mだ。

しかも最大トルクの発生回転数を2800回転に抑えたので、発進直後からターボが過給効果を発揮する。排気量が1Lのノーマルエンジンを積んでいる感覚に近い。高速道路や峠道の登坂路でも、パワー不足を感じにくい。

またエンジンの負荷が抑えられるので、アクセルペダルを深く踏む機会も減り、ノイズも小さく抑えられる。軽商用バンになってもワゴン感覚の運転を楽しめる。

走破力を高める4WD

試乗した新型アトレー RSには4WDが搭載されていた。2WD/4WDオート/4WDロックという走行モードが用意され、4WDオートを選ぶと、電子制御される多板クラッチが前後輪に走行状態に適した駆動力を配分する。4WDロックは、悪路や雪道で立ち往生した時などに使うモードで、前後輪の駆動系を直結させて走破力を高める。

2WDから4WDオートに切り替えると、ステアリングホイールに若干の振動が伝わったが、走行安定性を高めるメリットは大きい。4WDでは前輪も駆動するから、カーブを操舵角に応じて正確に曲がり、ステアリングホイールの手応えも曖昧さが抑えられて安心感が高まる。

新型アトレーRSの車両重量は、2WDでも970kgと重く、全幅は1475mmで全高は1890mmと高い。走行安定性を保つ上で不利な要素も多いから、4WDシステムが舗装路でも効果的に作用する。

使い勝手や走行性能は高まったが、乗り心地や燃費では他車が有利な面も

新型ハイゼットカーゴと新型アトレーの走行安定性は、駆動方式が同じであれば、基本的に共通だ。重心の高い重いボディを反映させ、操舵に対する反応を穏やかに仕上げた。峠道などでは少し曲がりにくく感じるが、後輪の接地性を優先させたから、運転の難しい状態には陥りにくい。

一方、乗り心地は硬い。5ナンバー車だった先代アトレーカスタムターボ RSのタイヤは13インチ(165/65R13)だったが、新型では12インチ(145/80R12)と小さい。しかも指定空気圧は前輪が280kPa、後輪は350kPaと高く、これらの主な数値は新型ハイゼットカーゴと共通だ。最大積載量の増加に対応した足まわりの影響もあり、アトレー同士で乗り心地の新旧比較を行うと、新型が硬く感じる。重い荷物の積載性は向上したが、乗り心地は少し悪化した。

また新型アトレー RSのWLTCモード燃費は、2WDでも14.7km/Lだ。トヨタ 新型ノア&ヴォクシーの2WDは15.0~15.1km/Lだから、ミドルサイズミニバンと比べても、新型アトレー RSの燃料消費量は多い。またダイハツ タントの2WDは、ノーマルエンジンが27.2km/L、ターボでも24.8km/Lに収まり、新型アトレー RSに比べると燃費性能は大幅に優れている。

購入検討車は是非、ドライブを楽しんでから判断を

このように新型アトレー RSは、外観がタントなどの軽乗用車に似ていても、中身は大幅に異なる。運転感覚が個性的で燃費性能も悪い点は要注意だが、荷室は抜群に使いやすく、車内の宿泊などにも使える。

購入検討者はこれらのメリットとデメリットを十分に考慮した上で購入してほしい。試乗をしっかりと行うことも不可欠だ。今のところ新型アトレーのレンタカーは少ないが、長所と短所のハッキリしたクルマでなので、可能であれば借り出して、丸1日ドライブを楽しんで判断したいところだ。

[筆者:渡辺 陽一郎/カメラマン:島村 栄二]

ダイハツ/アトレー
ダイハツ アトレーカタログを見る
新車価格:
156.2万円182.6万円
中古価格:
20万円355万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 雲風々

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ダイハツ アトレーの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ アトレーのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ アトレーの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ アトレーの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ アトレーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる