メニュー

ダイハツ アトレーの価格・カタログ情報|新車・中古車の自動車カタログ

外装・内装写真

ボディサイズ

3395×1475×1890 mm (全長×全幅×全高)

燃費

JC08モード: 19.00~19.70km/L

WLTCモード: -km/L

  • このアイテムをシェアする

ダイハツ アトレーの新車価格・取扱店

新車価格
156.2万円 182.6万円 最新モデル(5代目)2021/12/01~販売中
販売店
新車・未使用車・リース取扱店を検索
リース価格
複数社比較で、最安値を検索

ダイハツ アトレーの中古車価格

中古車価格
20万円 355万円 中古車の掲載台数:520台
0 万円 151.4 万円
(グレードによって異なります)
愛車の査定を依頼する
人気ランキング
32
(軽自動車)
評判・口コミ
3.4 pts
(2人)
ガイド記事数
11記事
 
ペア宿泊券プレゼント
モデル概要

「DNGA」の採用でプラットフォームを一新。軽ユーティリティモデルの人気モデルが、新たに4ナンバーの商用モデルとして登場。ダイハツ独自の車両作成のシステム、「DNGA」を展開したことで、プラットフォームを一新。FR用CVTの採用も含め、燃費や静粛性、発進性などの基本性能の向上、最新の予防安全機能、「スマートアシスト」などの採用による安全、安心のニーズに応えるなど、全面的に刷新されている。レジャーなどのニーズに応えるべく、商用車ならではの広く積載性に優れた荷室を最大限活用できるよう設計されている。両側スライドドアイージークローサーや、ワーケーション等に最適なスリット付きのデッキサイドトリムをはじめとする充実した快適装備を採用。LEDヘッドランプの標準装備や、メッキグリルなど専用装備も与えられる。(2021.12)

モデル概要

「DNGA」の採用でプラットフォームを一新。軽ユーティリティモデルの人気モデルが、新たに4ナンバーの商用モデルとして登場。ダイハツ独自の車両作成のシステム、「DNGA」を展開したことで、プラットフォームを一新。FR用CVTの採用も含め、燃費や静粛性、発進性などの基本性能の向上、最新の予防安全機能、「スマートアシスト」などの採用による安全、安心のニーズに応えるなど、全面的に刷新されている。レジャーなどのニーズに応えるべく、商用車ならではの広く積載性に優れた荷室を最大限活用できるよう設計されている。両側スライドドアイージークローサーや、ワーケーション等に最適なスリット付きのデッキサイドトリムをはじめとする充実した快適装備を採用。LEDヘッドランプの標準装備や、メッキグリルなど専用装備も与えられる。(2021.12)

グレード別の新車・中古車価格
660 RS CVT
2021/12/01 ~ 販売中
152万円 ( 中古車: 148.8万円~339万円 )
660 RS 4WD CVT
2021/12/01 ~ 販売中
166万円 ( 中古車: 168万円~325万円 )
660 X CVT
2021/12/01 ~ 販売中
142万円 ( 中古車: 135.8万円~173万円 )
660 X 4WD CVT
2021/12/01 ~ 販売中
156万円 ( 中古車: 161.8万円~238万円 )
モデル概要

「DNGA」の採用でプラットフォームを一新。軽ユーティリティモデルの人気モデルが、新たに4ナンバーの商用モデルとして登場。ダイハツ独自の車両作成のシステム、「DNGA」を展開したことで、プラットフォームを一新。FR用CVTの採用も含め、燃費や静粛性、発進性などの基本性能の向上、最新の予防安全機能、「スマートアシスト」などの採用による安全、安心のニーズに応えるなど、全面的に刷新されている。レジャーなどのニーズに応えるべく、商用車ならではの広く積載性に優れた荷室を最大限活用できるよう設計されている。両側スライドドアイージークローサーや、ワーケーション等に最適なスリット付きのデッキサイドトリムをはじめとする充実した快適装備を採用。LEDヘッドランプの標準装備や、メッキグリルなど専用装備も与えられる。(2021.12)

ダイハツ アトレーの総合評価

総合評価
3.4 (2)
外観
4.0
内装
3.5
走行性
3.5
運転しやすさ
3.0
乗り心地
3.0
燃費・維持費
3.0

ダイハツ アトレー 関連記事・ニュース・最新情報

最新の関連記事・ニュース

自動車購入ガイド

ダイハツ アトレー 歴代モデル・グレード・新型情報

歴代モデル

グレード・モデル情報(アトレー 2021年式モデル)




グレード 660 RS CVT 660 RS 4WD CVT 660 X CVT 660 X 4WD CVT
新車価格
167.2万円
182.6万円
156.2万円
171.6万円
中古車価格
148.8万円~339万円
168万円~325万円
135.8万円~173万円
161.8万円~238万円
発売日 2021年12月01日 2021年12月01日 2021年12月01日 2021年12月01日
排気量 658 cc 658 cc 658 cc 658 cc
エンジン区分 ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン
燃費 19.70km/L 19.00km/L 19.70km/L 19.00km/L
燃料 レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー
駆動方式 FR 4WD FR 4WD
ミッション CVT CVT CVT CVT
ハンドル
定員 4名 4名 4名 4名
最小回転半径 4.2 m 4.2 m 4.2 m 4.2 m





全長 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm 3,395 mm
全幅 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm 1,475 mm
全高 1,890 mm 1,890 mm 1,890 mm 1,890 mm
車両重量 970kg 1020kg 960kg 1010kg



最高出力(kW[PS]/rpm) 47[64]/5,700 47[64]/5,700 47[64]/5,700 47[64]/5,700
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 91[9.30]/2,800 91[9.30]/2,800 91[9.30]/2,800 91[9.30]/2,800
過給機 ターボ ターボ ターボ ターボ


タイヤサイズ(前輪) 145/80R12 80/78N LT 145/80R12 80/78N LT 145/80R12 80/78N LT 145/80R12 80/78N LT
タイヤサイズ(後輪) 145/80R12 80/78N LT 145/80R12 80/78N LT 145/80R12 80/78N LT 145/80R12 80/78N LT

ダイハツ アトレー 中古車情報

相場表

在庫量に合わせて色を変えています。
全体の10% 全体の5% 全体の3% 全体の1%以上
年式 2022
(R4)
2021
(R3)
2020
(R2)
2019
(R1)
2018
(H30)
2017
(H29)
2016
(H28)
2015
(H27)
2014
(H26)
2013
(H25)
2012
(H24)
2011
(H23)
2010
(H22)
2009
(H21)
2008
以前
(H20)
価格 物件数 477 30 8
500万円~
~500万円
~450万円
~400万円
~350万円 2 2
~300万円 7 5 2
~250万円 33 29 4
~200万円 37 36 1
~190万円 88 86 2
~180万円 87 80 7
~170万円 166 157 9
~160万円 64 61 3
~150万円 22 20 2
~140万円 1 1
~130万円
~120万円
~110万円
~100万円
~90万円
~80万円 8 8

ダイハツ アトレー レビュー・口コミ評価

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

  • 競合車とのアドバンテージはCVT…他は?
  • さくらもち
  • 投稿日 2022年3月8日
2021年式モデル  グレード:660 RS
総合評価
3.7
外観
4
内装
3
走行性
3
運転しやすさ
5
乗り心地
3
燃費・維持費
4
総評

総評といわれると、フルモデルチェンジによる圧倒的なライバルへのアドバンテージは得てはいない、狙いどころが中途半端な新型と感じました。燃費が良くスムーズなCVTはエブリィとのアドバンテージ、N-VANに対しては荷室の広さ、これはスペックを見ればわかる話。「第三の居場所」として楽しむなら、N-VANの低床や助手席側のドアなどは明確な個性ですが、そこまでの割り切りはない。広さだけならエブリィと一緒。エブリィの燃費の落ちる4ATや5AGSの癖が嫌な方には、決定的なメリットとはなりそうです。貨物車なのでリアシートの制限はありますが、座面の低さは致命的で、三角座りのように膝が上がります。フルフラット時の使いやすさの為とはいえ、これまで乗用車アトレーのリアシートを使っていた方は後継車種にはなりえないと思います。室内の質感は乗用車的ですが、エンジン音はこれまでの商用車レベルです。新型車になり基本性能が高くなったと感じるのはCVTのスムーズさ位で、他に感心させられるポイントが少ないモデルチェンジです。進化度が高ければ買うつもりでしたが、見送ることにしました。

良かった点

エブリィと同じく、天井付近の幅をとったので荷室の広さは最大級です。エンタメ機器や内装の質感は小型車的で他車の商用車らしい質素さが嫌な方にはお勧めです。フルフラット時の荷室の水平感はこだわりを感じます。その他のデメリットを超えるのならメリットにはなります。兎にも角にも、CVTによる乗用車的な走りの質感は、小型車的でよいと思います。ただしパドルは無いので、エンジンブレーキを多用しない方はという注釈付きです。

気になった点

リアシートの座面の低さ(床に近すぎる)のため、リアシートに座るのは勘弁したいレベル。近距離の送迎に使うことも躊躇われます。騒音対策はしていないため、エンジン音はエブリィよりやや気になる。スライドドアの窓がポップアップ式で下がらない。換気には良いが、網戸をつけて大きく風を取り入れる使い方はできない。横風注意走行時にも対策できない。荷室の長さがいらなければウェイクで良いと思う。エブリィに対するスペーシアギア同様。

0人
  • 前席の設定はいかがなものか
  • HHH
  • 投稿日 2022年2月15日
2021年式モデル  グレード:660 RS
総合評価
3.0
外観
4
内装
4
走行性
4
運転しやすさ
1
乗り心地
3
燃費・維持費
2
総評

貨物車にCVTが採用されたことに大いに興味を抱き、試乗してみました。
空荷の状態ではアクセルペダルの反応が敏感すぎてコントロール性がよくないのですが、急な上り坂で定常走行をすると、適度に低いエンジン回転数を維持できることが判りました。
アクセルペダルの踏み具合でエンジン回転数(変速比)は連続的に大きく変化するため、従前の有段トランスミッションのように積載時に上り坂でシフトアップしてパワーバンドを外すという心配がなくなり、CVTは有用であろうと感じました。

良かった点

4ナンバーの貨物車のカテゴリになりましたが、前席のエリアは乗用車のように使われることを狙っていると強く感じられ、シートは形状や生地が上等な仕立てになっていると思いました。
走行中のエンジンやCVTの騒音はさほど気になることはなく、日常的に乗ることに対して我慢を強いられることはないと感じました。
ステアフィーリングはさほどダルではなく、車両の動きは素直なものであるという印象を受けました。
空荷での乗り心地はトラック系の感触が少しありましたが、問題はありません。

気になった点

空荷での試乗では、発進時に唐突に飛び出す動きが気になりました。かなり意識して穏やかにアクセルペダルを扱えばゆっくり発進することも可能ではありますが、普通のクルマの感覚ではなかなか馴染めません。
また、定常走行から少しだけ加速したいときに、ターボの過給の具合とCVTの変速が相まって意図しない敏感な動きが出るため、気を遣いました。
あとは、運転手の体形によるものではありますが、運転席の背もたれの後傾が異様に大きく、軽トラックのような状態にまで立てられないため、ステアリングホイールに手が届かないという問題がありました。それを解決するために、背もたれの上半分にクッション材を挟んで前傾姿勢を作ると、なんとか運転可能になりました。

1人

ダイハツ アトレー買取・査定

MOTAが提供する中古車買取一括査定サービス「MOTA車買取」からの情報です。

買取相場

モデル 年式 中古車価格相場 査定買取価格相場 MOTA車買取査定申込
アトレー 2021年式モデル
アトレー 2021年式モデル
2022年 135.8万円 ~ 339万円 94万円 ~ 159.4万円 MOTA車買取査定に申込む
2021年 149.8万円 ~ 269.8万円 107万円 ~ 146.1万円 MOTA車買取査定に申込む

最近のMOTA車買取の査定実績 | ダイハツ アトレーの買取相場 更新日2022年12月10日

MOTA車買取での実際の買取価格・売却相場です。走行距離や色、傷の状態によって異なります。

車買取業者の査定は、業者の強み車種やニーズによって金額の差が出ます。より多くの車買取業者と比較することでより、高額に買い取ってもらえる可能性が高まります。また、ディーラーの下取りで売却する場合も他の値引きとあいまいになっている可能性があります。場合によっては数万円~数十万円も差がつくことも。ぜひ、MOTA車買取で複数社の車一括買取査定をしてみませんか。

  • ダイハツ 査定依頼日:2022年11月14日
    アトレー グレード不明
    年式:2001年 | 走行:~17万キロ | 色:銀 | 状態:
    MOTA車買取査定額 1 万円~ 2万円
  • ダイハツ 査定依頼日:2022年11月04日
    アトレー 660 RS 4WD
    年式:2022年 | 走行:~1万キロ | 色:真珠 | 状態:
    MOTA車買取査定額 160 万円~ 180万円
  • ダイハツ 査定依頼日:2022年10月25日
    アトレー 660 RS 4WD
    年式:2022年 | 走行:~1万キロ | 色:緑 | 状態:
    MOTA車買取査定額 150 万円~ 160万円
  • ダイハツ 査定依頼日:2022年10月25日
    アトレー 660 X
    年式:2022年 | 走行:~2万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 120 万円~ 130万円
  • ダイハツ 査定依頼日:2022年10月23日
    アトレー 660 RS 4WD
    年式:2022年 | 走行:~1万キロ | 色:銀 | 状態:
    MOTA車買取査定額 165 万円~ 180万円
  • ダイハツ 査定依頼日:2022年10月14日
    アトレー 660 RS
    年式:2022年 | 走行:~1万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 162 .8万円~ 172.8万円
  • ダイハツ 査定依頼日:2022年10月04日
    アトレー 660 RS 4WD
    年式:2022年 | 走行:~1万キロ | 色:緑 | 状態:
    MOTA車買取査定額 150 万円~ 200万円
  • ダイハツ 査定依頼日:2022年09月26日
    アトレー 660 RS 4WD
    年式:2022年 | 走行:~1万キロ | 色:青 | 状態:
    MOTA車買取査定額 150 万円~ 160万円
  • ダイハツ 査定依頼日:2022年09月22日
    アトレー 660 RS 4WD
    年式:2022年 | 走行:~1万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 165 .2万円~ 172.3万円
  • ダイハツ 査定依頼日:2022年04月15日
    アトレー 660 カスタムターボ ロールーフ
    年式:1999年 | 走行:~20万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 0 .3万円~ 3万円
  • ダイハツ 査定依頼日:2022年03月15日
    アトレー グレード不明
    年式:2000年 | 走行:~11万キロ | 色: | 状態:
    MOTA車買取査定額 1 万円~ 3万円
  • ダイハツ 査定依頼日:2022年03月13日
    アトレー 660 RS
    年式:2021年 | 走行:~5万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 125 .3万円~ 135.8万円
  • ダイハツ 査定依頼日:2021年11月16日
    アトレー 550 EXターボ コスミックルーフ
    年式:1986年 | 走行:~3.5万キロ | 色:茶 | 状態:傷やヘコミあり
    MOTA車買取査定額 3 万円~ 15万円
  • ダイハツ 査定依頼日:2019年06月08日
    アトレー 660 カスタムターボ ロールーフ 4WD
    年式:1999年 | 走行:~20万キロ | 色:白 | 状態:傷やヘコミあり
    MOTA車買取査定額 0 .1万円~ 1万円
  • ダイハツ 査定依頼日:2019年01月21日
    アトレー 660 CL ハイルーフ
    年式:2001年 | 走行:~5.5万キロ | 色:銀 | 状態:目立った傷なし
    MOTA車買取査定額 1 万円~ 3.8万円
ダイハツ アトレーのMOTA車買取の査定実績をもっと見る

MOTA車買取での実際の買取価格・売却相場です。走行距離や色、傷の状態によって異なります。

車買取業者の査定は、業者の強み車種やニーズによって金額の差が出ます。より多くの車買取業者と比較することでより、高額に買い取ってもらえる可能性が高まります。また、ディーラーの下取りで売却する場合も他の値引きとあいまいになっている可能性があります。場合によっては数万円~数十万円も差がつくことも。ぜひ、MOTA車買取で複数社の車一括買取査定をしてみませんか。