軽商用バンに生まれ変わりながらも車中泊などレジャー用途にも対応するダイハツ 新型アトレーと、よりビジネス仕様に特化した新型ハイゼットカーゴを徹底解説

画像ギャラリーはこちら
2021年12月に17年ぶりにフルモデルチェンジしたダイハツ 新型アトレー/ハイゼットカーゴ。室内空間や荷室の拡大、先進運転支援システムの搭載など大幅刷新した新型モデルをカーライフ・ジャーナリストの渡辺 陽一郎さんが解説する!
目次[開く][閉じる]
  1. ユーザーニーズを鑑みて4ナンバーの商用バンとなった新型アトレー
  2. 荷室スペースが拡大し、仕事用から車中泊などのレジャー用としても最適に
  3. よりビジネス仕様に特化した新型ハイゼットカーゴ

ユーザーニーズを鑑みて4ナンバーの商用バンとなった新型アトレー

軽商用バンは、日本の物流を支える大切な存在だ。その中でも2021年の最多販売車種は、ダイハツ ハイゼットカーゴだった。1ヶ月平均で約6000台が届け出され、軽乗用車でいえば日産 ルークスと同等の売れ行きだ。軽商用バンの販売2位は、スズキ エブリイバンの5000台だから、ハイゼットカーゴは大差を付けている。

そしてハイゼットカーゴとアトレーが、2021年12月下旬にフルモデルチェンジを行った。先代アトレーは、ハイゼットカーゴをベースにした5ナンバー規格の軽乗用車だったが、新型は4ナンバー車の軽商用バンになった。つまり新型アトレーは、新型ハイゼットカーゴの上級シリーズに位置付けられる。

この新型アトレーの規格変更は開発者によると「後席を使うお客様の多くは、弊社のタントを購入される。先代アトレーのお客様は、90%が後席を格納して荷室として使っており、重い荷物を積みたい方も多い。そうなるとアトレーを5ナンバーの乗用車にするより、4ナンバーの商用バンにした方が、お客様のニーズに合うと判断した」とのことだった。

その結果、新型アトレーは商用バンになったが、クルマ造りの基本方針は先代型と同じだ。外観を見ると前後のバンパーはボディ同色で、試乗した最上級グレードのRS・4WDでは、ドアミラーターンランプなども標準装着されている。

荷室スペースが拡大し、仕事用から車中泊などのレジャー用としても最適に

車内に入るとインパネ周辺も乗用車のワゴン感覚で、メッキやシルバーの装飾も多い。全高が1890mmに達するので、フロントウィンドウの上側にはオーバーヘッドシェルフ(薄型の棚)が装着され、小物類の整理に役立つ。

前席はサイズに不足はなく、ヘッドレストは背もたれから分離した一般的な形状だ。座り心地にも不満はないが、リクライニング角度は改善を要する。一番立てた状態でも少し寝ており、上半身の体重を腰でしっかりと支えにくい。

後席は先代型に比べると取り付け位置が前寄りで、足元空間は大幅に狭くなった。4ナンバー車として届け出される商用バンでは、後席のスペースよりも荷室を広く確保する必要があるからだ。

具体的にいえば、身長170cmの大人4名が乗車した時、先代型では後席に座る乗員の膝先には握りコブシ3つ半の余裕があった。それが新型アトレーではわずか1つ半に減っている。先代型と同じく床と座面の間隔が不足しており、新型アトレーでは足元空間まで狭まったため、後席に座ると膝が大きく持ち上がって腰は落ち込んでしまう。

荷室はボックス状の空間で広い。後席は床面へ落とし込むように畳めるので、2名乗車時には平らなスペースに変更できる。2名乗車時の荷室長は1820mmとされ、軽自動車でありながら、車内で宿泊するような用途にも使いやすい。

このように新型アトレーは、先代型の軽乗用車から軽商用バンに変わりながら、個人ユーザーのレジャー用途にも適する。開発者は「先代型の使われ方を調べると、大きく3つに分けられる。個人のお客様の純粋なレジャー用、レジャーと仕事の兼用、仕事用のみという3パターンだ。この比率はすべて均等だった」という。

よりビジネス仕様に特化した新型ハイゼットカーゴ

一方、新型ハイゼットカーゴは、アトレーと違って大半の用途がビジネスのみだ。特にデラックスは低価格のグレードだから、後席の造りは簡素でヘッドレストも装着されない。つまり後席は緊急用の補助席で、基本的には格納された状態で使う。

その反面、内装の造りはシンプルなので荷室は広い。新型アトレーでは2名乗車時の荷室長が前述の1820mmだが、新型ハイゼットカーゴデラックスなら1915mmに達する。荷室幅は同程度だが、荷室高は新型アトレーが1215mm、新型ハイゼットカーゴは1250mmになる。2名乗車で、荷物を多量に積む機能を重視している。

ここまで、新型アトレーと新型ハイゼットカーゴの仕様をお届けしてきた。次回は、そんな両モデルを実際に試乗した内容をお届けする。そちらもお楽しみに!

[筆者:渡辺 陽一郎/撮影:島村 栄二]

ダイハツ/アトレー
ダイハツ アトレーカタログを見る
新車価格:
156.2万円182.6万円
中古価格:
20万円355万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松川渓谷に佇む宿 信州山田温泉 山田館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ダイハツ アトレーの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ アトレーのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ アトレーの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ アトレーの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ アトレーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる