DS7 CROSSBACK試乗|かつての”ハイドロ”を思わせる柔らかな乗り心地に感服

シトロエンの”DS”と言えば名車の証

DSオートモビルズが新たに発表したDS7 CROSSBACK(クロスバック)に乗ってきた。

聞き慣れない、この”DSオートモビルズ”とは、シトロエン社が数年前から始めたプレミアムブランドなのですね。トヨタで言うレクサスみたいなものでしょうか。

僕のようなオヤジ世代のクルマ好き、中でもフランス車ファンならば、“DS”と聞いただけで涙目になってしまう「シトロエンDS」というクルマがありました。1955年から75年まで20年にもわたって造り続けられた名車中の名車、カリスマ中のカリスマです。昔のフランス映画には必ずといって良いほど登場していました。

なぜDSが、そこまで崇め奉られていたかというと、ハイドロニューマチックという超革新的なシステムを備えていたから。

詳しい話は省きますが、油圧とガスを利用して、サスペンションだけでなくブレーキやステアリングなどもコントロールしてしまおうという、非常に個性的かつ野心的なシステムだったからです。操縦方法は独特でしたが、船に乗ったような快適な乗り心地が夢のようでした。

>>個性派SUV”DS7 CROSSBACK”の画像をもっと見る

時代とともに薄れていった個性

そのシステムを体現しているかのような、前衛的なボディスタイルもまたオリジナルのDS人気の理由です。そのスタイリングはとてもクルマに見えないような、個性の塊といった感じです。

DSは、その後CX、XM、C6とモデルチェンジを繰り返し、シトロエンのフラグシップを務めて来ました。同時代の他メーカーのクルマと較べればどのモデルも個性に溢れていましたが、モデルチェンジを経る毎に個性の度合いが薄れていったことも、残念ながら厳然とした事実でした。

“時代”がそうさせたのかもしれません。それは、以前にCXに乗っていた僕だけでなく、多くのシトロエン乗りが嘆いていたことです。

トレンド路線には決して乗らないシトロエン独自の未来志向

話を戻すと、シトロエンがそこまで偉大な名前を新ブランドに冠したからといって、DS各車がレトロ路線を採ってはいないというところが、ヘソ曲がり(失敬!)なシトロエンらしくてとてもいいと思います。

MINIやフィアット 500、アルピーヌ A110のように、ブランドのアーカイブ価値を目一杯活用しようとするのもひとつの展開方法ですけれども、DSはそれを良しとしないようです。未来志向ということならば、そこもまたシトロエンらしくて良い。

シトロエンらしい柔らかく優しい乗り心地

新しく登場したDS 7 CROSSBACKは流行りのSUV。巨大でもなく、小さくもないサイズ。1.6リッター4気筒ガソリンエンジンを搭載するGrand Chic(グランシック)で走り出して、その柔らかな乗り心地に驚かされました。自分が乗っていたCXを思い出したからです。過去には、AXやC4のように、ハイドロニューマチックシステムを採用していなくても、それっぽく柔らかで優しい乗り心地を持ったシトロエンは何モデルもありました。

そうしたクルマよりも、DS 7 CROSSBACKは断然ハイドロっぽく、走行モードを「コンフォート」に設定すると、最も強く感じる。

ただ柔らかく優しいだけではなくて、ロールはするけれども、コーナーでは吸い付くように粘るところもCXを思い出します。「ノーマル」や「スポーツ」などに変えても、柔らか目であることは変わらず、こんなに柔らかくて粘る足回りを持っているSUVを他に知りません。

次に、2.0リッター4気筒のディーゼル版(こちらもGrand Chic)に乗ってみました。乗り心地の基本は変わらず、柔らか指向ですが、抑えが強めに効いていて、長距離を連続して走る場合は、こちらの方が快適かもしれません。

独自の技術によって課題を解決するシトロエンの流儀

運転支援デバイスのACC(アダプティブクルーズコントロール)とLKAS(レーンキーピングアシスト)は、標準装備であるだけでなく、アクティブ状態になっていることをメーターパネル中央に大きくわかりやすく表示できる点も優れています。

LKASは運転中の設定によって、細かく走行ラインを定められるという新機軸も備えています。

また、新機軸といえば、カメラで前方の路面をスキャンしながら走り、電子制御ダンパーを事前に制御することで、路面の段差によるショックを軽減しようという試みも行われています。

限られた試乗時間内では、その効能を感じ取ることはできませんでしたが、独自の技術によって、課題を解決していこうというシトロエンの流儀が垣間見えて、元オーナーとしてはうれしい限りです。

次の段階へ踏み込むシトロエンのフラッグシップ

DS 7 CROSSBACKには2モデルあって、Grand Chicが革シート、So Chicが布シート。面白いのは、So Chic(ソーシック)の方が価格が93万円(ディーゼル同志の比較)も安いのですが、「グリップコントロール」というトラクションコントロールをパッケージオプションで選ぶことができます。これは、「サンド(砂地)」、「マッド(泥)」、「スノー(雪)」の路面ごとに最適な出力&変速特性を設定できますが、上位グレードであるはずのGrand Chicでは選べません。

また、DS7 CROSSBACKは前輪駆動ですが、このグリップコントロールによって、4輪駆動に迫る駆動力を得ようとしているのも実践的で、ボディサイズの割りに小回りが効くのも、シトロエンの美点を思い出しました。

このように、DS 7 CROSSBACKは、これまでのDS各車とは少し異なっていて、次の段階に踏み込んでいるようです。ハイドロニューマチックサスペンションを思わせる柔らかな乗り心地や粘るハンドリング、優れたドライバーインターフェイスなど、いずれも、シトロエンのフラッグシップであるDSの個性と優位性を示しています。

>>個性派SUV”DS7 CROSSBACK”の画像をもっと見る

百花繚乱のSUVにあってひときわ個性を放つDS7 CROSSBACK

多くの自動車メーカーからさまざまなタイプのSUVが発売されています。SUVといえどもオンロード性能を第一に開発されているものがあれば、ヘビーデューティなオフロード走破力に軸を置いているものもある。デザインに力を入れているものの、反面、居住性を重視しているものもあるといったように百花繚乱です。

そんな中にあって、DS7 CROSSBACKはひときわ個性を主張しています。安易にレトロ路線に走らず、先進かつ独自の技術と装備を追求しているのは、CXに乗っていた者でなくても頼もしく思えてくることでしょう。

DS7 CROSSBACKは、シトロエンがずっと標榜し続けてきた価値を、新しい技術によって具現化しています。そして、これからDSオートモビルズは、1年に1モデル以上の新型車を投入してくる予定だというからとても楽しみです。

[Text:金子 浩久/Photo:小林岳夫]

DS7 CROSSBACK主要スペック

グレード Grand Chic(グランシック)So Chic(ソーシック)
ガソリンディーゼル
全長4590mm4590mm4590mm
全幅(車幅)1895mm1895mm1895mm
全高(車高)1635mm1635mm1635mm
ホイールベース2730mm2730mm2730mm
乗車定員5人5人5人
車両重量(車重)1700kg(サンルーフ付1720kg)1570kg(サンルーフ付1590kg)1670kg
エンジン直列4気筒ガソリンターボ 直列4気筒ディーゼルターボ直列4気筒ディーゼルターボ
駆動方式 前輪駆動 前輪駆動 前輪駆動
排気量1598cc1997cc1997cc
エンジン最高出力165kW (225ps)/5500rpm130kW (177ps)/3750rpm130kW (177ps)/3750rpm
エンジン最大トルク300Nm/1900rpm400Nm/2000rpm400Nm/2000rpm
燃料消費率(JC08モード)14.7km/L16.4km/L16.4km/L
トランスミッション8速オートマチック8速オートマチック8速オートマチック
燃料無鉛プレミアムガソリン軽油軽油
タイヤサイズ235/55R18235/45R20235/45R20
価格(消費税込)542万円562万円469万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
金子 浩久
筆者金子 浩久

モータリングライター 1961年東京生まれ。 自動車と自動車に関わる人間について執筆活動を行う。主な著書に、『10年10万キロストーリー』(1~4)、『セナと日本人』、『地球自動車旅行』、『ニッポン・ミニ・ストーリー』、『レクサスのジレンマ』、『力説自動車』など。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

シトロエンの最新自動車ニュース/記事

シトロエンのカタログ情報 シトロエンの中古車検索 シトロエンの記事一覧 シトロエンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる