DS初のSUV 「DS7 CROSSBACK」にフレンチ・ラグジュアリーの本気を見た!|発表会レポート

  • 筆者: 松田 タクヤ
  • カメラマン:松田 タクヤ

先進技術を惜しみなく搭載したフラッグシップSUV DS7 CROSSBACK

2018年7月17日、フランスのDSオートモービルからフラッグシップとなるSUVが発表された。

DS初のSUVにしてフラッグシップとなる新たなSUVの名は、「DS7 CROSSBACK」。フランス車らしい優雅さとSUVらしい力強さを兼ね備えたスタイリングに、フレンチ・ラグジュアリーの粋を集めたインテリアを持って登場した。

さらにDS7 CROSSBACKはこれだけにとどまらず、セグメントを超えた先進の運転支援システムなどのテクノロジーを多数搭載し、DSオートモービルの未来を担うクルマとして惜しみない技術が投入されたモデルだ。

DS7 CROSSBACKのスペックや詳しい技術のついては、オートックワンのニュースで掲載しているのでそちらをご覧いただきたい。

>>DS7 CROSSBACKのスペックや詳しい技術はコチラ!

東京都内で行われた発表会には、プジョー・シトロエン・ジャポン社長のクリストフ プレヴォ氏、PSA インド・パシフィック地域事業部長のエマニュエル・ドゥレ氏、DSオートモービル副社長のエリック・アポッド氏らが参列し、DSの新たな時代を切り開くフラッグシップSUVの魅力を語ってくれた。

>>DS7 CROSSBACKのスペックや詳しい技術はコチラ!

>>DS7 CROSSBACKを写真でじっくり見る!

CセグメントSUVとして世界初となる装備を多数搭載

DS7 CROSSBACKの事を語る前に、DSオートモービルの事を簡単に触れておこう。DSオートモービル (DS Automobiles) は、グループPSA(プジョー・シトロエン・アノニマス)傘下の高級車ブランドである。

シトロエンの高級サブブランドとして2009年に発足したDSオートモービルは、2015年に単独のブランドとして独立したばかりで、車種ラインナップとしては2010年に発表したシトロエン・C3をベースとするDS3から始まり、続いてシトロエン・C4をベースとするDS4を発表。翌年にはDS5が発表された。

今回発表したDS7 CROSSBACKはDSオートモービル初のSUVとなり、セグメントとしてはCセグメントに属する。

DS7 CROSSBACKはCセグメントSUVにおいて世界初となる装備、「DSアクティブスキャンサスペンション」「DSコネクテッドパイロット」「DSナイトビジョン」「DSドライバーアテンションモニタリング」の4つの新装備を採用し、CセグメントSUVとして最先端と言って良いクルマに仕上がっている。

DSオートモービル経営陣のコメント

発表会に参加したプジョー・シトロエン・ジャポン社長のクリストフ プレヴォ氏は、「私たちがこのDS7 CROSSBACKを発表するねらいは、日本のプレミアムカー市場にユニークな製品を投入すること、そして自動車業界全体にフランスならではのラグジュアリーを示すことにあります。

更にこのDS7 CROSSBACKは伝統的なラグジュアリー性能だけでなく、エキサイティングで新しい体験をも提供してくれるのです」とコメントしてくれた。

PSA インド・パシフィック地域事業部長のエマニュエル・ドゥレ氏は、「私が担当するインド・パシフィック地域の中でも、日本は非常に重要な市場です。

その日本には新しく素晴らしいモデルの投入と、きめ細やかなサービス品質が必要だと考えております。今回発表したDS7 CROSSBACKは、グループPSAの日本市場におけるターニングポイントになると考えており、私たちの新しい志を具現化したモデルなのです」とコメントした。

DSオートモービル副社長のエリック・アポッド氏は、「DSオートモービルは、第二四半期から比べて全世界で32%販売の伸びを記録しました。

その中でもDS7 CROSSBACKは特に注目を集めているモデルで、CセグメントのSUVに於いてフランスで1位の販売台数を記録しており、既に1万5千台の受注を頂いております。

この驚異的な伸びをサポートする為に、私たちはいま全世界に強力なネットワークを構築している最中です。日本では既に7店舗が展開しておりますが、今後も更なるネットワークの強化を図ってまいります」とコメントした。

DS最新のフラッグシップSUVは消費税込み469万円から

いま最もホットなSUV市場に投入されるDS7 CROSSBACKの実車は、東京モーターショー2017で初めて見た時よりも遥かに高い完成度だと感じた。

フレンチ・ラグジュアリーの贅を極めた最新のフラッグシップSUVが消費税込み469万円~562万円で買えるというのも、非常にセンセーショナルと言えるだろう。

ジャーマン3やボルボのSUVと真っ向勝負になることが予想される市場で、フランス初のラグジュアリーSUVがどこまで日本のユーザーの心を射止めることができるのか楽しみだ。DS7 CROSSBACKの発表によって、日本におけるDSの魅力と販売力が試される時が来た。

[Text/Photo:松田 タクヤ(オートックワン編集部)]

DS DS7 CROSSBACKの主要スペック

グレード Grand Chic(グランシック) So Chic(ソーシック)
 ガソリン  ディーゼル
全長 4,590mm 4,590mm 4,590mm
全幅(車幅) 1,895mm 1,895mm 1,895mm
全高(車高) 1,635mm 1,635mm 1,635mm
ホイールベース 2,730mm 2,730mm 2,730mm
乗車定員 5人 5人 5人
車両重量(車重) 1,700kg(サンルーフ付1,720) 1,570kg(サンルーフ付1,590) 1,670kg
エンジン 直列4気筒ガソリンターボ 直列4気筒ディーゼルターボ 直列4気筒ディーゼルターボ
排気量 1,598cc 1,997cc 1,997cc
エンジン最高出力 165kW (225ps)/5,500rpm 130kW (177ps)/3,750rpm 130kW (177ps)/3,750rpm
エンジン最大トルク 300Nm/1,900rpm 400Nm/2,000rpm 400Nm/2,000rpm
燃料消費率(JC08モード) 14.7km/L 16.4km/L 16.4km/L
トランスミッション 8速オートマチック 8速オートマチック 8速オートマチック
燃料 無鉛プレミアムガソリン 軽油 軽油
価格(消費税込) 5,420,000円 5,620,000円 4,690,000円

DS DS7 CROSSBACKのオフィシャル動画

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者松田 タクヤ
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... みやこわすれの宿 こおろぎ楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

シトロエンの最新自動車ニュース/記事

シトロエンのカタログ情報 シトロエンの中古車検索 シトロエンの記事一覧 シトロエンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる