すでに大国では新車をネット通販で買う動きが本格化!10年後の日本はどうなる?(1/2)

すでに大国では新車をネット通販で買う動きが本格化!10年後の日本はどうなる?
ネット通販で新車を買う日は近い!? ネット通販で新車を買う日は近い!? ネット通販で新車を買う日は近い!? ネット通販で新車を買う日は近い!? ネット通販で新車を買う日は近い!? ネット通販で新車を買う日は近い!? ネット通販で新車を買う日は近い!? ネット通販で新車を買う日は近い!? ネット通販で新車を買う日は近い!? ネット通販で新車を買う日は近い!? ネット通販で新車を買う日は近い!? 画像ギャラリーはこちら

ネットでクルマを買う気になるか?

ネット通販で新車を買う日は近い!?ネット通販で新車を買う日は近い!?

いまから20年ほど前、90年代半ばの第一次インターネット普及期。電話回線を介して、超スローなデータ通信をしていた頃、「ネットでガンガン買い物をするなんて、当分先のこと」と思っていた。

いまから10年ほど前、ノートパソコンがかなり薄型になった頃。ネット通販がポピュラーになったが、「さすがに、靴は履いてみないと買う気にならないから、ネット通販ではちょっとなぁ」と思っていた。

こうした過去の流れを振り返ってみれば、いまから10年後の2026年。「10年前は、まさか新車をネットで買うのが当たり前の時代になるとは、思ってもみなかった」と、言うかもしれない。

そんな2016年現在、ネット通販で新車を買う動きが本格化する前兆が、アメリカと中国で起こっている。

客がディーラーに来ないのに、クルマが売れるアメリカ

ネット通販で新車を買う日は近い!?ネット通販で新車を買う日は近い!?

まずは、アメリカの事例を紹介する。

これは、ネット通販に対する「逆説的な動き」だ。BMW USAの幹部は、大きなスクリーンにデータを映しながら、こう言った。

「2004年、お客様がBMWの新車を購入するまでにディーラーにいらした回数は4回。それが、10年後の2014年には、1回です。たったの1回ですよ。つまり、クルマをお引き取りに来られるまで、一度もディーラーに足を運んでいないということです。これは、本当に困ったものです」と、頭を抱えた。

なぜ、こうなってしまったのか。

その理由は、顧客がインターネット上で十分な商品情報を集めており、ディーラーマンと直接話す必要がないと思っているからだ。しかも、「実車を見る必要などない」という、BMWブランドに対する高い信頼があるからだ。

さらに言えば、アメリカ人はそもそも、カーディーラーに行くのが嫌いだ。ディーラーでの長時間に渡る値引き交渉を嫌うからだ。

そうした社会背景のなか、BMW USAが出した策が、「実体験の強化」だ。「走りの愉しさを実際に味わってみませんか?」ということで、「エクスペリエンスセンター」を開業した。

「エクスペリエンスセンター」には、新車の試乗コースや、ドライビングレッスン用の定常旋回コースなど、ドライビングマシンとしてのBMWを楽しむ場が併設されている。

このような「体験型スペース」については、米国ポルシェや、米国アウディも採用を始めている。

こうした動きはネット通販に対し、「実店舗」の魅力を上げて、顧客との直接的なコミュニケーションを図るという戦略だ。

ただし、エクスペリエンスセンターには、それなりの資金が必要。「高級ブランドなら、確かに効果的だが、ウチのような一般ブランドでは実施は無理だ」(大手日系自動車メーカー幹部)との見解だ。

また、ネット通販については、「州法により、ディーラーの権利が守られていることもあり、実施するにはかなりハードルが高い」(米大手ディーラーチェーン統括会社幹部)という。

とはいえ、「無理だと思われていること」を切り崩すのが、アメリカのベンチャー企業の正攻法。各メーカーの「エクスペリエンスセンター」の数が増えれば増えるほど、アメリカでのネット通販ベンチャー誕生の可能性が広がる。

1 2 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

桃田 健史
筆者桃田 健史

日米を拠点に、欧州、BRICs(新興国)、東南アジアなど世界各地で自動車産業を追う「年間飛行距離が最も長い、日本人自動車ジャーナリスト」。自動車雑誌への各種の連載を持つ他、日経Automotive Technologyで電気自動車など次世代車取材、日本テレビで自動車レース中継番組の解説などを務める。近著「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」(ダイヤモンド社)。1962年東京生まれ。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 鬼怒川金谷ホテル

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

BMWの最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMWの中古車検索 BMWの記事一覧 BMWのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる