BMW 「BMW i3」「BMW i8」新型車速報 ~BMWが提供する次世代モビリティが日本上陸~

  • 筆者:
BMW 「BMW i3」「BMW i8」新型車速報 ~BMWが提供する次世代モビリティが日本上陸~
BMW i BMW i3 BMW i3 BMW i3 画像ギャラリーはこちら
BMW iブランド発表会の模様

BMWは11月13日、プレミアム・セグメントでの次世代モビリティを提唱するモデル「BMW i3(アイスリー)」および「BMW i8(アイエイト)」の国内発表を行い、併せて購入希望申込の受付を開始した。

『BMW i』は、都市化が世界的に急速に進展していく中、電気駆動やハイブリッドといった代替駆動方式への需要増大など、めまぐるしく変化する顧客ニーズへ対応する事を目的に、BMWのサブブランドとして誕生した次世代モビリティを提供するプレミアムブランド。製品やサービスは、専用の設計、開発、企画、生産などにより、持続可能なプレミアムモビリティを実現する革命的な手法が採用されている。

BMW i

今回、電気のみを動力源とする「BMW i3」と、プラグインハイブリッドシステム搭載のプレミアムスポーツカー「BMW i8」が発表された。両モデルとも、「LifeDrive(ライフドライブ)構造」と呼ばれる革新的な車体の基本構造コンセプトを採用、パワートレインなどを収めるシャシーの役割を果たすアルミニウム製ドライブモジュールおよび乗員などが搭乗する基本骨格(パッセンジャー・セル)となる炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製ライフモジュールにより構成されている。この新構造による軽量化と低重心化は運動性能にも大きく貢献し、BMWの特徴である50:50という理想的な重量配分と後輪駆動を実現。

BMW i3BMW i3BMW i8BMW i8BMW i8

BMW i3

BMW i3

BMW i3は、大都市圏向け電動駆動の車として専用設計された4人乗りモデル。

車両寸法は日本の機械式駐車場の利用が可能となるよう、全幅1,775mm、全高1,550mmを実現。車両重量は1,260キロ。最大出力125kW/170ps、最大トルク250Nmを発生する電気モーターおよび総電力量22kWhのリチウムイオン電池を搭載し、7.2秒の0-100km/h加速をゼロエミッション走行で実現する。

急速充電は日本の急速充電方法であるCHAdeMO方式を採用。約30分で80%充電が可能となる。通常使用する自宅や勤務先での普通充電の場合は、約8時間で満充電となる。1回の充電では、約130km~160kmまでの走行が可能で、走行モードをECO PRO(エコ・プロ)モードにすると約180km、ECO PRO+(プラス)にする事により約200kmまで航続距離を延ばす事が可能(実用走行を想定したBMW社内基準)となる。さらに、レンジ・エクステンダー(発電用エンジン)搭載モデルにおいては、航続距離を約300kmまで延ばす事が可能。

BMW i3BMW i3BMW i3BMW i3BMW i3

BMW i8

BMW i8

BMW i8は高性能マシンのスポーツ性と小型車並みのすぐれた燃費効率を兼ね備えたプラグインハイブリッドモデル。

エンジンは、最大出力170kW/231ps、最大トルク320Nmの直列3気筒1,499ccのBMWツインパワーターボエンジンを搭載。電気モーターは、定格出力96kW/131ps、最大トルク250Nmを発生。BMWツインパワーターボエンジンおよび電気モーターの組み合わせにより、システム・トータル最高出力266kW/362ps、最大トルク570Nmとなり、0-100km/hの加速は4.4秒を達成する。

EUテストサイクルでの燃費は2.5L/100km(100キロメートルを走行するのに2.5リッターの燃料を消費)の低燃費を実現。電気モーターのみでの走行の場合、最高速度120km/hまで走行可能で、最長35kmまでゼロエミッション電気走行が可能となる。また、運動性能と効率性のバランスを最適化するコンフォート・モードによる走行では航続距離が500km以上を実現する。

BMW i8BMW i8BMW i8BMW i8BMW i8
BMW i
BMW iブランド

13日の今日、購入希望申込の受付を開始た両モデルは、BMW i3 が2014年4月5日から、BMW i8が2014年夏以降に納車が予定されており、販売価格(消費税込)は「BMW i3」が4,990,000円、「BMW i3 レンジ・エクステンダー 装備車」が5,460,000円。「BMW i8」は19,170,000円。

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 雲風々
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

BMWの最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMWの中古車検索 BMWの記事一覧 BMWのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる