autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 教えてMJブロンディ 何故メーカーはコンセプトデザインのままで市販化しないの?

自動車用語 2010/10/25 18:17

何故メーカーはコンセプトデザインのままで市販化しないの?

何故メーカーはコンセプトデザインのままで市販化しないの?

何故メーカーはコンセプトデザインのままで市販化しないの?

モーターショーでよくコンセプトカーが登場しますが、コンセプトカーのデザインのままで市販化することは少ないように思います。

例えば、スバル エクシーガやスズキ キザシなど市販化されたものは、デザインが変わっています。コンセプトデザインはかっこよかったのに、市販化されるとかっこよさが減ってしまうように感じられます。

なぜメーカーはコンセプトデザインで市販化しないのでしょうか?それともできないのでしょうか。清水さん、教えて下さい。(リトル)

其の疑問、MJブロンディがお答えいたします!

コンセプト Kizashi3

わかりやすく言いますと、ショーに出展されるコンセプトカーはファッションショーの衣装で、市販モデルは市販品です。

パリコレに出品される新作は、「ええ~っ!?」と思うようなものが多いですよね。ものすごく斬新で、ものすごく目を引きます。

それを着るモデルも一流ですから、ものすごくカッコいいです。世界に対して「わがブランドにはこのような斬新な創造性がある」とアピールするのがショーの目的だから、これは当然です。

しかしそれをそのまま売り出して実際に売れるかと行ったら、あんなものを着て外を歩けません(笑)。実用的じゃないのです。

コンセプトカーも同じです。中には、「これはこのまま売れるんじゃないか?」と感じる現実的なコンセプトカーもありますが、多くの場合、実際に市販されるときは、より現実的に手直しされています。

「現実的に」というのは、居住性を優先するというのもありますが、実際にエンジンを積んだり、生産工程やパネルの剛性などを考慮すると、変更せざるを得ない部分が出てくるからです。

それは仕方ないのですが、しかしコンセプトカーより市販モデルがカッコ悪いと感じたら、それはデザインがまだ甘い、ということでもあります。

単にスリークにしたり、単に全高を低く横幅を広くしたり、つまりは単に速そうなフォルムにするだけで、クルマはカッコよく見えるのです。

コンセプトカーでそれをやるのは簡単ですが、それは一種の“カンニング”です。カンニングは、市販モデルでは使えません。エクシーガやキザシがショーモデルよりカッコ悪くなったと感じたのは、カンニング的な要素があったという面もあるでしょう。

真にすばらしいデザインは、機能を満たした上で美しいのです。

市販モデルであろうがコンセプトカーであろうが、関係なく美しい。実際、コンセプトカーより市販モデルの方がカッコいい!と感じるモデルも、数は少ないけど、あります。

MJブロンディの「ひとりごと」

ショーカーに最も近い形で販売されたクルマといえば、いすずのピアッツァが思い浮かびます。ジウジアーロがデザインした「アッソ・デ・フィオーリ」を、ほぼそのまま市販車に仕立てたのが初代ピアッツァでした。

しかしそれでも、ファンは「アッソとピアッツァは全然違う」と言います。当時、「アッソと違ったので失望した」という声もありました。「あれで!?」という感じですが、人の要求に限りはない、ということでしょう。

自動車評論家MJブロンディこと清水草一氏に聞きたいことを受付中!

自動車評論家、清水草一(MJブロンディ)が、みんなの疑問に面白く答えてくれる自動車用語解説。みなさんのクルマに関する疑問についてアンケートを実施しておりますので、皆さんドシドシご応募下さい!

https://service.autoc-one.jp/mypage/article/message_detail?no=112

上記URL、もしくは

マイページにログイン」→「マイページトップ」→「マイページの最新情報」にある【アンケート】からも投稿頂くことができます。

筆者: 清水 草一
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!