記事・レポート お役立ち 自動車用語 CVTとATのメリット・デメリットは?

CVTとATのメリット・デメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Text :
CVTとATのメリット・デメリットは?

CVTとATのメリット・デメリットは?

年金をもらえる年になり、40数年のマニュアル運転から足を洗い、大人しくオートマの軽自動車でもと考えています。

最近の車(特に軽自動車)の変速機で、CVTとATが有りますがそれぞれのメリット、デメリットを教えてください。また、マニュアルと比較してのエンジンブレーキの聞き具合や、坂道走行での注意点等も教えてください。

其の疑問、「MJブロンディ」がお答え致します!

まずAT(トルクコンバーター式)とCVTとの違いですが、軽自動車に積まれているものに関しては、ATはコストダウン重視のシンプル系です。

一方CVTは、先端技術の結晶がいち早く投入されています。それもあって、軽自動車に限って言えば、ATに対してCVTの方が燃費でも加速でも勝っています。

走りの性能に関しては、明らかにCVTの方が優れているんです。軽自動車では、はっきりと「CVT=高付加価値」「AT=コスト重視」と色分けされていると言っていいでしょう。

現在の軽のCVTは、マニュアルミッションに対しても優位にあります。特に燃費では、CVTの方がギアレンジが広いため、より低いエンジン回転で走ることが可能で、高速巡航等では燃費の差が大きくなります。

もはやマニュアル車は、CVTにかなわないんです!私はダイハツ・エッセECOの5速マニュアル車に乗っていましたが、もう燃費ではどう頑張ってもCVTを上回ることはできないことを痛感しました。

単純に性能を重視すれば、CVTが一番というわけです。

ただCVTは、無段変速というだけあって、エンジン回転が無段階に変化していくので、もともとマニュアル車に乗っていた方にとっては、「つかみどころがない」とか「原チャリみたい」と感じるかもしれません。

やっぱりエンジンは段付きで回してこそ楽しい! という思いは、私のような古いタイプのクルマ好きは払拭しがたいですね。

エンジンブレーキの効きに関しては、やはりマニュアル車が優れています。

CVTにせよATにせよ、ドライバーがシフトダウンを行わない限り、エンジンブレーキの効きはわずかです。最初はこの点にも、違和感を抱くかもしれませんね。

ただ、CVTもATも、シフトダウンさえすれば、問題なくエンジンブレーキが効きます。要は慣れの問題です。CVTやATを初めて購入する場合、長い下り坂では、ギアを低いポジション(SやL)に落とした方が、頻繁にブレーキを踏まずに済むので、快適に走ることができるでしょう。

なお、今売られているクルマは、多少長い下り坂でフットブレーキを使いっぱなしにした程度では、ブレーキが過熱して効かなくなるようなことはありません。

もしそんなクルマがあったら、現代のクルマとしては落第です。昔とはブレーキの性能が全然違いますから、安心してください。

  • 1

  1. Page1 CVTとATのメリット・デメリットは?

清水草一

筆者プロフィール: 清水草一

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。代表作『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高はなぜ渋滞するのか!?』などの著作で交通ジャーナリストとしても活動中。雑誌連載多数。日本文芸家協会会員。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気になる新車の見積もり価格を今すぐチェック!

1 2
3

PR特別

  • 2199ャ 東名ス松avasc JCT~ 東JCT開通延期へtoc-one.jp/common2/images/common/common_ico_new.gif" width="33"
    2199ャlass="photo" style="p 東名ス松avasc JCT~ 東JCT開通延期へposition: absolute; left: 41px; top: 5px; height: 17px;"> 2203="no3">3