autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ワークス系カスタムミニバン「ヴォクシー/ノア G’s」「セレナ ライダー」「ステップワゴン Modulo X」をイッキに徹底比較試乗

試乗レポート 2017/3/22 11:29

ワークス系カスタムミニバン「ヴォクシー/ノア G’s」「セレナ ライダー」「ステップワゴン Modulo X」をイッキに徹底比較試乗

ワークス系カスタムミニバン「ヴォクシー/ノア G’s」「セレナ ライダー」「ステップワゴン Modulo X」をイッキに徹底比較試乗

トヨタ・ホンダ・日産の売れ筋ミニバン、しかもコンプリートモデルが勢揃い

トヨタ、ホンダ、日産に共通する売れ筋モデルが5ナンバーフルサイズのミニバンである。トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイアの3兄弟は、販売台数を3車種合計したなら常時売れ行き2~3位にランクされる人気車だし、日産 セレナも新型になって好調。ホンダ ステップワゴンのみ伸び悩んでしまっているが、重要車種であることは間違いない。

興味深いことに、それぞれカスタムを施したスペシャルバージョンをラインナップしている。トヨタはTOYOTA GAZOO Racingで扱う『G’s』。日産がオーテックジャパンの『ライダー』。ホンダは『モデューロ』というブランドを持つ。

バラバラに試乗会をやるより一緒にやりましょう、ということなんだろう。合同試乗会と相成った。会場はなんと富士スピードウェイ ショートコース。サーキットも走行可能というから気合入ってる。

>>[画像152枚!]3大ワークスが手掛けたカスタムミニバンをフォトギャラリーでもじっくりチェック

気合十分! 外装・足回りに加え、バケットシートも備わるヴォクシー/ノア ”G’s”(ジーズ)

「ノアGʼs/ヴォクシーGʼs」「セレナライダー」「ステップワゴン Modulo X」徹底比較試乗/国沢光宏 [トヨタ ヴォクシー ZS “Gʼs”]
「ノアGʼs/ヴォクシーGʼs」「セレナライダー」「ステップワゴン Modulo X」徹底比較試乗/国沢光宏 [トヨタ ノア Si “Gʼs”/ヴォクシー ZS “Gʼs”]「ノアGʼs/ヴォクシーGʼs」「セレナライダー」「ステップワゴン Modulo X」徹底比較試乗/国沢光宏 [トヨタ ノア Si “Gʼs”]

まずトヨタ ノアG’s/ヴォクシーG’s から。

TOYOTA GAZOO Racingの”G’s”(ジーズ)は、走りの楽しさをアピールしたいブランドということもあり、ヴォクシー/ノアG’sは足回りが主な変更点とのこと。聞けばダンパー変更で車体の挙動を大幅に抑え、コーナーでの安定性を重視したそうな。

早速ハンドルを握ってみたら、シートからして左右のホールド性を追求した専用品である。ミニバンでシートをバケット形状にしてくるのだから気合い入ってます。

試乗会はショートサーキットで行われたのだが、けっこう攻めてもスタビリティについちゃ不安無し。写真だと相当ロールしてるように見えるだろうけれど、ハンドル握ってて不安な雰囲気無し。

その他、ブレーキキャリパーを赤く塗ったり、外装備品など変更することにより、スペシャルな感じに仕上がっている。

ただ路面の悪い街中だと、少し硬さを感じるかもしれない。これで上質のダンパーを組み合わせてきたら、一段と奥行きのあるミニバンになることだろう。

売れ行き不振の一因をガツンと解消!? ステップワゴン Modulo X(モデューロ・エックス)

「ノアGʼs/ヴォクシーGʼs」「セレナライダー」「ステップワゴン Modulo X」徹底比較試乗/国沢光宏 [ホンダ  ステップワゴン Modulo X]
「ノアGʼs/ヴォクシーGʼs」「セレナライダー」「ステップワゴン Modulo X」徹底比較試乗/国沢光宏 [ホンダ  ステップワゴン Modulo X]「ノアGʼs/ヴォクシーGʼs」「セレナライダー」「ステップワゴン Modulo X」徹底比較試乗/国沢光宏 [ホンダ  ステップワゴン Modulo X]

続いてホンダ ステップワゴン Modulo X(モデューロ・エックス)。

ステップワゴンの売れ行き不振は押し出し弱いフロントデザインから来ている、という声が多い。実は私もステップワゴンに乗っているのだが、確かに100mくらい離れた場所から見たら軽自動車のようなシルエット。

「だったらガツンと行きましょう!」ということで頑張ったそうな。

ステップワゴン  Modulo Xではフロントの意匠を大きく変更。担当者によれば「ステップワゴンの良いブブンを引き出しました」。なるほどイメージがずいぶん違う。私的にはもう一段“ガツン”としてもいいと思うが、毎日乗るならこの程度でいいのかもしれません。

これまた専用のサスペンションを採用しているのでサーキットを走る。

Gʼsより滑らかに動く設定になっており、これなら乳児を乗せたって大丈夫。それでいて標準よりキッチリとコーナリング性能も上がっており、乗用車と全く同じ速度をキープしたままワインディングロードだって走れることだろう。

今後は、エンジンのパワーアップなどにもトライして欲しい。

3モデル中でダントツのアグレッシブなビジュアル! 新型セレナ Rider(ライダー)

「ノアGʼs/ヴォクシーGʼs」「セレナライダー」「ステップワゴン Modulo X」徹底比較試乗/国沢光宏[日産 セレナ Rider プロパイロットエディション]
「ノアGʼs/ヴォクシーGʼs」「セレナライダー」「ステップワゴン Modulo X」徹底比較試乗/国沢光宏[日産 セレナ Rider プロパイロットエディション]「ノアGʼs/ヴォクシーGʼs」「セレナライダー」「ステップワゴン Modulo X」徹底比較試乗/国沢光宏[日産 セレナ Rider プロパイロットエディション]

そして日産 新型セレナ Rider(ライダー)を試す。

このクルマのみサスペンションはノーマル。ノーマルで十分納得出来るハンドリングを持つと言うことなんだろう。したがってエクステリアが変更点です。

写真を見て頂ければ解る通り、3車種で一番アグレッシブ&派手。ナカナカのとんがり方です。

なかでも「凄いね!」なのがフロントバンパー形状だ。真ん中の「ド~ン!」と横長のグリルといい、バンパーコーナーに設けられたブルーのライトといい、目立つ!

特に夜間走行時は、ライトの存在感大きい。やはり5ナンバーフルサイズミニバンって、派手さが重要かもしれません。

サスペンションはノーマルということながら、ミニサーキットを走ってみたら、意外や意外!けっこう走ってくれる。激しくロールしたり、アンダーステアで曲がりにくいことも無し。サスペンションにお金掛けず、エクステリアのドレスアップに使うのも良いチョイスだと思う。

皆さんのお好みは?

[レポート:国沢光宏/Photo:和田清志]

>> <トヨタ・ホンダ・日産>3大ワークス コンプリート・カスタムミニバン フォトギャラリー[画像152枚!]

トヨタ ヴォクシー ZS “G’s”/ノア Si “G’s”[FF]

「ノアGʼs/ヴォクシーGʼs」「セレナライダー」「ステップワゴン Modulo X」徹底比較試乗/国沢光宏 [トヨタ ノア Si “Gʼs”]

全長x全幅x全高:4795x1735x1810mm/ホイールベース:2850mm/車両重量:1620kg/乗車定員:7名/駆動方式:前輪駆動(FF)/エンジン種類:「3ZR-FAE」型 直列4気筒 DOHC 16V バルブマチック付 ガソリンエンジン/総排気量:1986cc/最高出力:152ps(112kW)/6100rpm/最大トルク:19.7kgf-m(193N・m)/3800rpm/トランスミッション:Super CVT-i(自動無段変速機)/タイヤサイズ:215/45R18/メーカー希望小売価格:3,119,237円[消費税込]

ホンダ  ステップワゴン Modulo X[FF]

「ノアGʼs/ヴォクシーGʼs」「セレナライダー」「ステップワゴン Modulo X」徹底比較試乗/国沢光宏 [ホンダ  ステップワゴン Modulo X]

全長x全幅x全高:4760x1695x1825mm/ホイールベース:2890mm/最低地上高:140mm/車両重量:1700kg/最小回転半径:5.8m/駆動方式:前輪駆動(FF)/乗車定員:7名(8名仕様もあり)/エンジン種類:直列4気筒 DOHC 16V VTEC TURBO ガソリン直噴エンジン/総排気量:1496cc/最高出力:150ps(110kW)/5500rpm/最大トルク:20.7kgf-m(203N・m)/1600-5000rpm/トランスミッション:CVT(自動無段変速機/パドルシフト付)/タイヤサイズ:205/55R17 91V(前後)/メーカー希望小売価格:3,665,000円[消費税込]

日産 セレナ Rider “プロパイロットエディション”[FF]

「ノアGʼs/ヴォクシーGʼs」「セレナライダー」「ステップワゴン Modulo X」徹底比較試乗/国沢光宏[日産 セレナ Rider プロパイロットエディション]

全長x全幅x全高:4845x1755x1865mm/ホイールベース:2860mm/車両重量:1700kg/最小回転半径:5.7m/駆動方式:前輪駆動(FF)/乗車定員:8名/エンジン排気量:1997cc/エンジン最高出力:150ps(110kW)/6000rpm/エンジン最大トルク:20.4kgf-m(200N・m)/4400rpm/モーター最高出力:2.6ps(1.9kW)/モーター最大トルク:4.9kgf-m(48N・m)/動力用主電池:鉛酸電池/トランスミッション:エクストロニックCVT(自動無段変速機)/タイヤサイズ:195/60R16 89H(前後)/メーカー希望小売価格:3,095,280円[消費税込]

筆者: 国沢 光宏

トヨタ ヴォクシー 関連ページ

ホンダ ステップワゴン 関連ページ

日産 セレナ 関連ページ

トヨタ ノア 関連ページ

トヨタ エスクァイア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴォクシー の関連記事

トヨタ ヴォクシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴォクシー の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴォクシー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/22~2017/8/22