autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート サイオンtC 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2010/9/14 15:39

サイオンtC 試乗レポート(3/3)

関連: トヨタ Text: 松下 宏 Photo: オートックワン編集部/トヨタ自動車株式会社
サイオンtC 試乗レポート

手頃なサイズでスポーティな走りが楽しめる

サイオンtC

搭載エンジンは、2.5リッター直列4気筒の「2AR-FE」型。このエンジンは、アメリカではカムリに搭載されているが、日本で販売されるクルマには搭載されていない。

また、同じ系統のエンジンである2.7リッターの「1AR-FE」型は、レクサスRXなどSUVやミニバン系のモデルに搭載されている。

パワーとトルクは、133kw/6,000rpm:232N・m/4,100rpmの実力。2.5リッター級のエンジンとしては、まずまず平均的な値だろう。

サイオンtC

試乗車には、6速MTが組み合わされていた。

2.5リッターエンジンの搭載車ということで、車両重量はちょっと重いものの動力性能は十分なレベルで、しかも6速MTとの組み合わせによってトルク感を活かした気持ちの良い走りが楽しめる。

サイオンtCを試乗して率直に感じたことは、アメリカの若年層はtCのように手頃なサイズでスポーティな走りが楽しめるパーソナルカーを選択できるのに、日本のユーザーはその選択が出来ず、ちょっとかわいそうだなということだった。

エンジンの吹け上がりも上々、6速MTのシフトフィールも満足いくものでクルマを操る楽しさが感じられる。

サイオンtC

スポーティカーらしく足回りはしっかりとした硬めのチューニングで、電動パワステのステアリングフィールはシュアで確かな手応えを感じさせた。シャシー系は国内で販売されているトヨタ車とはかなり違った印象だ。

アメリカでの販売価格は2万ドルを切っている。今のレートであれば170万円ほどで2.5リッター車が買えるのだから、この意味でもアメリカの若いユーザーがうらやましく思える。

日本ではAT車限定免許のユーザーが多いからそんなに簡単なことではないが、こういったクルマが選択肢に入ってきても良いのではないか、と感じた。

筆者: 松下 宏
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23