autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー ハイラックスサーフはアメリカではまだまだ現役!【SEMAショー2017】

モーターショー 2017/11/22 10:01

ハイラックスサーフはアメリカではまだまだ現役!【SEMAショー2017】

トヨタ ハイラックスサーフ
トヨタ ハイラックスサーフトヨタ タコマトヨタトヨタ ハイラックスサーフ画像ギャラリーはこちら

「世界最大」のハイラックスサーフ(TOYOTA 4RUNNER)

近年のSEMAショーでは日本車を中心とする乗用車系、スポーツカー系の出展がずいぶんと増えたが、かつてSEMAショーといえばライトトラック(ピックアップトラック)やSUVが主流だった。しかし、展示の中心が屋外に移った現在もSEMAショーには多数のリフトアップ&ドレスアップされたライトトラックが所せましと並んでいる。「これどうやって乗るの?」と言いたくなるようなハイリフトのカスタムトラックも少なくない。(余談だが日本でも1980年代の終わり頃、渋谷センター街のチーム「BANDIT」を中心にハイリフトのピックアップトラックやハイラックスサーフが大流行した時代があった。)

ここに紹介するトヨタ4ランナー(日本名ハイラックスサーフ)も、威風堂々のスタイルが目を引く。「WORLD’S LARGEST 4RUNNER」(世界最大の4ランナー)を名乗るだけあって、迫力のリフトアップスタイルと、サスペンションをはじめ光輝くライトグリーンのパーツが多くの来場者を引き付けていた。ベースとなる4ランナーは1996年式で、製作者はTOBIG4U(=TOO BIG FOR YOU アナタには大きすぎるでしょ?の意味)でおなじみのEthan Mullani氏。ムラーニ氏は2015年のSEMAにも同様の4ランナーを出展している。

リフトアップされたカスタムトラックの多くは巨大なホイールとストリート指向のタイヤが搭載されることが多いが、こちらの4ランナーには伝統的なモンスタートラックスタイルのタイヤ~ミッキートンプソン Baja Claw(バハ・クロウ) TTC ラジアルが装着されているのも特徴。

以下、オーナー兼ビルダーであるムラーニ氏から詳細なスペックが届いたので記載する。

>>世界最大のハイラックスサーフの画像を見る(画像14枚)

ハイラックスサーフのスペック

シャシー/サスペンション

18インチ リーフスプリング

6インチシャックル(自作)

プロコンプ製 デュアルリザーバ付きショックアブソーバ

20インチ×14インチ American Force(アメリカン・ホース)製ホイール

タイヤ ミッキートンプソンBaja Claw(バハ・クロウ) TTC 54インチ

フロントアクスル Dana 44 (Jeep グランドワゴニア用)

前後ギア 538 Gears

ボディ&塗装

グリル AWC カスタムグリル24インチLED ライトバー付

ヘッドライト HID ファクトリーヘッドライトGreen Halo/ Demon Eyes

テイルライト LED テイルライト フルアンダーグロウグリーン

塗装 Maxwellデザインカスタムペイント ライムグリーン +アルミメタリック

インテリア&オーディオ

グラックスエードヘッドライナー

キャツキン製本革シート (グリーンステッチ入り)

パイオニア DVD/ CD 6800

オプティマ製イエロートップバッテリー6個

オルタネーター 300 AMP by DC Power

パフォーマンステクニークアンプ6基クラスX

サブウーファー キッカー製12インチL7 Q シリーズ

スピーカー キッカー製Mids and Highs 10スピーカー

エンジン&パフォーマンス

エンジン 3.4L / V6 シリンダーヘッドポート研磨

エアインテーク K&N コールド

カスタムチップチューン TRD Off Road

日本で今も根強い人気を誇るハイラックスサーフはアメリカのカスタムビルダーからも熱い支持を得ているのだ。

北米版ハイラックス~トヨタ・タコマ Mission Ready Vehicle MRV 5.11 Tactical Toyota Tacoma

トヨタ タコマ

クーパータイヤのブースに出展されていた5.11タクティカル仕様のトヨタ・タコマは、MRV Mission Ready Vehicleを名乗るだけあってボディカラーはデザートタン色でグリルまわりは装甲車っぽい風貌が特徴だ。

5.11タクティカルとは1979年に米国・カリフォルニアで設立されたアウトドア向けアパレルブランドで、米国でFBIアカデミーに正式採用されて以降、CIA、海軍特殊部隊SEALs、陸軍特殊部隊デルタのアンダーカバー・オペレーターや、PMC(民間軍事会社)など「本物」の世界でも絶大な人気を誇っている。

近年は日本でもハードなアウトドアスポーツやサバゲー愛好家を中心に人気上昇中で、2018年1月には初のオフィシャルフラグシップストアが横田基地前にオープンする。5.11タクティカル仕様のカスタムカーもこれまで多数製作されており、SEMAショーへも出展されてきた。

2017年のSEMAショーに出展された5.11タクティカル仕様のトヨタ・タコマはすぐにでも冒険、ヘビーなアウトドアにも出かけられる仕様で後部には5.11ブランドのヘビーデューティなバッグや小物入れが多数セットされている。また、装着されているクーパータイヤは「クーパーSTT プロ」と呼ばれるもので、STTとはスーパー・トラクション・タイヤを意味する。ダート&マッド8割、ロード&サンド(砂)2割の仕様でダートを走っても、泥や小石がタイヤにハマってトラクションを得にくくならないよう、また高速道路を走る際にタイヤを傷めないように、泥や岩を逃しやすい構造になっているのが特徴。ガチガチのダートからそのまま高速道路を安全に走ることができる。

トヨタタンドラ(OEM AUDIO+のデモカー)

トヨタ
筆者: 加藤 久美子
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ハイラックスサーフ の関連記事

トヨタ ハイラックスサーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ハイラックスサーフ の関連記事をもっと見る

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/13~2017/12/13