四角い無骨なフォルムが特徴的な四駆3選! SUVにはない力強さ漂う存在感が魅力のモデルを紹介

画像ギャラリーはこちら
SUVの人気が高まり、様々なモデルが登場する昨今。今ではFFモデルながらSUVとしてカテゴライズされる車種もあるが、やはり同カテゴリーの魅力は「四駆」ではないだろうか? ここではかつて人気を博した無骨なフォルムが特徴的な四駆を3台紹介する。
目次[開く][閉じる]
  1. 日産 初代テラノ(1986年-2006年)
  2. トヨタ 2代目ハイラックスサーフ(1989年-1995年)
  3. 三菱 2代目パジェロ(1991年-1999年)

日産 初代テラノ(1986年-2006年)

最初に紹介するのは、1986年にデビューした5ナンバーサイズに収まるSUVの日産 初代テラノ。日本では「テラノ」としてリリースされたが、アメリカでは「パスファインダー」の名で販売され、現在でもその名は受け継がれている。

エクステリアは、カリフォルニアにある北米日産のデザインスタジオ「NDI」(日産デザインインターナショナル)が手掛けており、三角形のウィンドウや力強い走りを予感させる前後のフェンダーラインが当時は個性的で新鮮だった。

見た目だけではなく、オフロードユースに必要な機能とタウンユースでの快適な乗り味を併せ持っていたこともテラノの特徴。たとえば、足回りに5リンク・コイル式リヤサスペンションを採用し、ロングストローク化することで、タウンユースでの快適性を実現していた。

デビュー当初は、直列4気筒 2.7L ディーゼルエンジンモデルのみの設定だったが、1987年よりV6 3.0Lガソリンエンジン、1988年にはディーゼルターボもラインナップしバリエーションを拡大。

1980年代、三菱 パジェロを筆頭に流行していたRVブームの波に乗り、日産を支えるモデルにまで成長した。

トヨタ 2代目ハイラックスサーフ(1989年-1995年)

次に紹介するのは、1989年に登場したトヨタ 2代目ハイラックスサーフ。

初代モデルから2代目N130系とフルモデルチェンジした際、FRP製のリムーバブルトップを廃止し、4ドアバージョンをラインナップ。小型ピックアップのハイラックスをベースとしていたことは初代と変わらないものの、スチールワゴンボディにすることで乗用車感覚の室内空間を実現。ライバルたちとともに日本のRVブームを盛り上げた1台だ。

初代ハイラックスサーフが2ドアのみであったのに対し、2代目では利便性が高い4ドアを展開。また、リアサスペンションは、リジットアクスルのまま、リーフスプリングからコイルスプリングを用いた4リンク式に変更することで、走行安定性や乗り心地を向上させている。

ボディタイプは、ワゴンとバンをラインナップ。デビュー当初のエンジンバリエーションは、ワゴンに2.0Lガソリンと2.4Lディーゼルターボ、バンに2.8Lディーゼルを搭載している。

1990年にはV型6気筒3.0Lガソリンエンジンを追加し、ライバル日産 テラノに対抗。1991年のマイナーチェンジにより、3ナンバーサイズのワイドボディ追加とグレード体型の見直しを実施し、ワゴンのグレードは「SSR」「SSR-G」「SSR-X」の3グレード展開が行われた。

1993年には、環境性能を高めた直列4気筒3.0L ディーゼルターボを搭載し、ディーゼルの新グレード「SSR-V」を追加。年々性能を向上させていき、1995年に3代目へ移行した。

三菱 2代目パジェロ(1991年-1999年)

最後に紹介するのは、1991年に登場した三菱 2代目パジェロ。

2代目では、ラダーフレームや先進の4WDシステムといった本格的な“クロカン”要素を初代から継承しつつ、より街中での使用にも馴染むよう洗練されたデザインへと進化。

2代目で車としての性能を引き上げたのもトピックだが、人気バラエティ番組の景品になったことでその名はより広く知られるように。番組内でのかけ声「パジェロ!パジェロ!」は、お茶の間を賑わせた。

また、各部に乗用車的な要素を取り入れつつ、クロカンらしいシンプルさを残したことで、ホンモノ志向が強くなっていた世間のニーズと見事にマッチし、大きなセールスを記録。RVブームの中心的な存在であった三菱 パジェロは、カローラ、マークII、クラウンが販売上位を占める時代に、月間販売台数1位を記録するほどの人気を博した。

ここまで3台のRV車を紹介してきた。現在もSUVとして再び人気が高いカテゴリーながら、“四駆”らしいスクエアなフォルム、そこから漂う力強さは現行車にはないオーラを纏っている。現在のSUVも悪くないが、そういった魅力ある四駆の登場に期待したいものだ。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

日産/テラノ
日産 テラノカタログを見る
新車価格:
268.7万円339.8万円
中古価格:
69.8万円305万円
トヨタ/ハイラックスサーフ
トヨタ ハイラックスサーフカタログを見る
新車価格:
261.8万円367.4万円
中古価格:
85.9万円504万円
三菱/パジェロ
三菱 パジェロカタログを見る
新車価格:
345.4万円504.4万円
中古価格:
44.5万円616.2万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

望月 達也(MOTA編集部)
筆者望月 達也(MOTA編集部)

1984年生まれ。埼玉県出身。週末はサッカーや自転車でツーリングなど体を動かすことが大好きな1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 渓谷に佇む隠れ宿 峡泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 テラノの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 テラノのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 テラノの中古車検索 日産の記事一覧 日産 テラノの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 テラノのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる