目標の2.5倍! トヨタ ハイラックスがいま絶好調に売れている! 若者のアウトドアブームが後押し ライバルメーカーも追従か!?

画像ギャラリーはこちら
乗用車ジャンルで圧倒的なシェアを誇るトヨタだが、商用車のジャンルでも元気だ。近年はアウトドアブームも背中押しし、車中泊可能な1BOXバンのハイエースは特に支持を集めている。そしてもう1台注目したいのが、ピックアップトラックの「ハイラックス」だ。こちらも根強い人気を誇る。2020年8月に実施したマイナーチェンジでさらに改良も加わり、先進運転支援機能や安全性も乗用車同等の備えとなった。今回はそんな新型ハイラックスについて改めて紹介してみよう。

>>密かに売れてます! トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」を写真で見る[画像58枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 2017年、13年ぶりに復活したトヨタのピックアップトラック「ハイラックス」
  2. 2020年8月にマイナーチェンジ! どう変わった!?
  3. アウトドアブームが後押しし、むしろ売れ行き上昇中!

2017年、13年ぶりに復活したトヨタのピックアップトラック「ハイラックス」

ハイラックスは世界で累計1700万台を超える販売を誇るトヨタの主力モデルだ

トヨタの「ハイラックス」は、車体の後部に独立した開放型の荷台を持つピックアップトラックだ。1968年に初代モデルが登場して早々に、海外市場で特に好調な売れ行きを示した。

その後、世界約180の国・地域のユーザーから支持を集め、各国での現地生産も実施。2017年には世界累計1700万台を超える販売台数を記録するほど、トヨタの中でも有数の主力商品へと成長を遂げているのだ。

ただしここ日本では、積載量に勝る小型2トンクラスのキャブオーバー型トラック(トヨタ ダイナやいすゞ エルフ、日野 デュトロといったタイプだ)が普及。さらに小回りの利く軽トラックも豊富にあることから、ピックアップ型の需要は衰退。

ライバルの「日産 ダットサントラック」は2002年に、そしてハイラックスも2004年に日本から一時撤退している。

全長5.3メートル! 随分と立派になって復活!

そんな中、久しぶりにハイラックスが国内に復活したのは2017年9月のことだった。

旧型を保有し続ける法人ユーザーなどから復活を求める声があったことや、アウトドアレジャーの需要も見込み、タイで製造されるモデルの再導入に至った。

新型ハイラックス(7代目は日本未導入のため今回で8代目)のボディサイズは全長5335mm、全幅1855mm、全高1800mm、ホイールベース3085mmとかなり大きく、ナンバーは普通貨物(1ナンバー)に属する。特に5メートルを超える全長は大型SUVのランドクルーザーよりも長く、駐車場区画によっては収まりきらないケースも生じるほどだ。

全車がパートタイム4WD(四輪駆動)で、搭載エンジンは直列4気筒 2.4リッターディーゼルターボ(150ps/400Nm)。6速オートマチックトランスミッションと組み合わされる。

2017年当時の販売価格は、326万7000円から374万2200円(消費税込)だった。

2020年8月にマイナーチェンジ! どう変わった!?

日本に再導入されたハイラックスはその後、特別仕様車の追加や一部改良を実施してきたが、2020年8月19日にデザイン変更を伴うマイナーチェンジを実施している。

当初、代替需要をもくろみ再導入されたハイラックスだが、実際には20代・30代の若年層ユーザーが多く買い求めているのだという。これはトヨタにとっても想像以上だったようだ。

マイナーチェンジで若いユーザーの趣味嗜好に寄ったデザインに変更

タイ仕様のハイラックス(2017年登場のオリジナルデザイン)は、現地では安価なファミリーカーとしても人気が高い。乗用車に比べ、税制上の優遇があるからだ。そのためメッキのグリルなど「立派で高級そうに見える」見た目に仕立ててあった。

しかし今回のマイナーチェンジでは、若いユーザー層の嗜好にも配慮した。大型台形グリル装着のほか、ヘッドライトも先進的なバイビームLED化されるなど、ピックアップの力強さ、タフさを強調するフロントデザインに変更されている。

アイドリングストップ追加やエンジン改善などで燃費も15%改善!

メカニズムでは、エンジン自体の改良に加えアイドリングストップ機構を追加し、従来型より15%燃費を改善。カタログ燃費は11.7km/L(WLTCモード)となった。

またサスペンションやパワーステアリングの改善により、乗り心地や操縦安定性も向上させた。

なお前年2019年の一部改良では、プリクラッシュセーフティ(衝突被害軽減ブレーキ)の機能向上により昼間の自転車、夜間の歩行者検知機能も追加したほか、ブレーキ制御付きレーダークルーズコントロールも設定。さらにレーンデパーチャーアラート(車線逸脱警報)にヨーアシスト(車線逸脱抑制)機能も追加するなど、乗用車同等の先進運転支援機能・安全装備も加えられている点にも触れておきたい。

現在の価格は、347万1000円から387万6000円となっている。

アウトドアブームが後押しし、むしろ売れ行き上昇中!

トヨタによると、2021年上期(2021年1月~6月)のハイラックス販売台数は約6080台だという。実に月平均1000台のペースで売れているのだ。2020年8月のマイナーチェンジ時に発表された月間販売目標は400台だったから、これを大きく上回る結果となった。アウトドアブームによる若年層ユーザーの増加が、台数の上乗せに貢献しているという。

ちなみに1年前の2020年上期(2020年1月~6月)で約2350台、マイナーチェンジ後を含む下期(2020年7月~12月)で約3990台となっており、今年に入ってさらに台数を伸ばしていることがわかる。

日産や三菱など、他社ライバル車種の国内導入にも期待大!

ピックアップトラックは、SUVとはひと味違う本物のタフな道具である。ハイラックスは輸入車のため、輸入数には限りがある。この勢いが続きそうなら、さらに市場が拡大する見込みもありそうだが、急に輸入台数を増やしたりしづらいところは痛しかゆしといったところか。

他メーカーでも日産や三菱など、ハイラックスに対抗するピックアップトラックを海外生産するメーカーは多い。この状況を横目で見ながら、新規で参入を目論んでいるかもしれない。こちらの動向にも注目しておきたい。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:TOYOTA]

トヨタ/ハイラックス
トヨタ ハイラックスカタログを見る
新車価格:
347.1万円387.6万円
中古価格:
84.5万円730万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ハイラックスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハイラックスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハイラックスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハイラックスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハイラックスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる