autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー 地味系セダン”カムリ”が超カッコよく大変身!日本とは別次元のクールなモデルが勢揃い【SEMAショー2017】

モーターショー 2017/11/14 06:00

地味系セダン”カムリ”が超カッコよく大変身!日本とは別次元のクールなモデルが勢揃い【SEMAショー2017】

関連: トヨタ カムリ Text: 加藤 久美子 Photo: 加藤博人
トヨタ カムリ XSE Denny Hamlin[SEMAショー2017]
トヨタ カムリ XSE kyle Busch[SEMAショー2017]トヨタ カムリ XSE Martin Truex Jr[SEMAショー2017]トヨタ カムリ XSE Denny Hamlin[SEMAショー2017]Toyota Camry XSE Daniel suarez[SEMAショー2017]画像ギャラリーはこちら

今年のSEMAは、「カムリ祭り」!

2017年7月にフルモデルチェンジを受け10代目となった新型カムリが発売されたが、米国では日本での発表より半年前、2017年1月の北米国際自動車ショーにてワールドプレミアとして公開。その後、2018年モデルとしてデリバリーが開始された。その新型カムリをベースに、様々なオドロキのカスタムモデルが出展された。

>>NASCAR4人がカスタマイズした驚きのカムリを見る!(画像52枚)

アメリカのナンバー1セダンであるカムリがフルモデルチェンジを受け、新型発売から間もないということもあってトヨタ関連のブースでは、カムリに絡んだ出展が大変多かった。トヨタブースでの出展はもちろん、NASCARのPRブースにも、やたらカッコいいカムリが展示されていた。中でも最もクールなカスタムカーといえば、カムリでNASCARに参戦している4人のドライバーがそれぞれアイデアを出してビルドされた4台のカムリだ。各選手のアイデアを取り入れながら開発した4台のカスタマイズカーがSEMA2017で初公開された。

日本でも新型になってからというもの、「オジサンのセダン」というイメージもだいぶ払拭されたが、まだまだ、カムリをカスタマイズするという感覚は育っていない。しかし、アメリカではNASCARのドライバーが自由で斬新なアイデアをもとに、私たち日本人では考え付かないカッコいいカムリを作り出していたのだ。

NASCARに参戦する4人のドライバーがカスタマイズすると、さらに驚きの変貌を遂げた!

それでは4台の超クールなカムリを作った4名のドライバーと、それぞれのカムリを紹介してみよう。

どれもクールすぎて鳥肌立ちそう!凍りそう!

マーティン・トゥレックス・ジュニア選手

トヨタ カムリ XSE Martin Truex Jr[SEMAショー2017]

2017年現在、ファニチャー・ロウ・レーシングよりモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズにカーナンバー78のトヨタ・カムリでフル参戦中。2017年の同シリーズではポイントチャンピオンに輝いた。

トゥレックスが手掛けたカスタムカムリは、まさに彼の78番カムリカップカーをそのままロードゴーイングカーにした作りで、マットブラックペイント、ブラックオンブラックインテリア、20インチ・フォーマットのナスカー・スタイル・ホイール、そしてタイヤはイーグルF1のアシメトリック・ハイパフォーマンスストリートタイヤを履く。クローム部分に施されたコバルトセラコートが特徴的でフロントスプリッターと、リヤのリップスポイラーはハイウェイと、ストリートそれぞれで最適なダウンフォースを発生させる。インテリアはすべて黒で、シートのヘッドレストにはマーティン~のサインが入っている。

カイル・ブッシュ選手

トヨタ カムリ XSE kyle Busch[SEMAショー2017]

2015年のナスカースプリントカップシリーズのチャンピオン。これまであまり意識されていなかったカムリの「野生の側面」に注目したカスタムをめざした。メタルフィニッシュが美しいエクステリアは、ハンドメイドされたリヤウィングやフロントスプリッター、リヤディフューザーが特徴。インテリアはカスタムレザーを多用しレッドステッチとロディーエディションのロゴが入った装飾品を備えている。

デニー・ハムリン選手

トヨタ カムリ XSE Denny Hamlin[SEMAショー2017]

2006年にネクステルカップでルーキーオブザイヤーを獲得したハムリンは、2016年 デイトナ500で日系メーカー初の優勝をトヨタにもたらした立役者でもある。ハムリンのカスタムカムリはレーシングな面をより引き立たせるだけではなく、味わい深さと斬新さを両立させたカスタムを実現させている。サーキットを走った後に、そのまま街乗りで使えるような洗練されたスタイルが特徴だ。フェンダーを3インチ(約7.6cm)張り出したワイドボディとその下の真っ赤なアメリカンレーシングのホイール(20×10)。タイヤはミシュランパイロットスポーツ・カップ2(285/30R20)にサスペンションにはTEINの車高調システムを採用。内装はブラックレザーを基調としたレカロ製バケットシートでレーシーでありながらも快適性を重視した仕様になっている。

ダニエル・スアレス選手

Toyota Camry XSE Daniel suarez[SEMAショー2017]

スアレスは2015年 Xfinityシリーズのルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した若いドライバーらしく、黒と白のコントラストが絶妙な独自のスタイルを貫いた。パールホワイトのボディにAピラーが黒という斬新な色使いでカーボンファイバーをところどころに使用して重量を抑えている。街乗りの雰囲気を残しつつ、カムリの最上級スポーツグレードとなる「XSEグレード」(日本未発表)のパフォーマンスを最大限に引き上げたカスタムとなった。

まだまだある超クールなカムリ

トヨタ カムリ XSE Rutledge Wood[SEMAショー2017]

ここまで紹介した4台のカスタムカムリの他に、トヨタブースに出展されていたもう1台の特徴的なカムリを紹介しておこう。こちらは、NASCARのドライバー、TVアナリスト、トヨタ自動車によるコラボレーションモデルで、3D印刷技術を使用してカスタマイズされたことが最大の特徴だ。ボディパネルに始まり、ボンネットや前後バンパー、ロッカーパネル、リアディフューザー、ヘッドライトバケットに至るまで、すべて3Dプリンターを持って作られている。多くのパーツが最先端技術で作られている一方、シートは「野球用グローブ」に使われるのと同等のレザーを採用し、柔らかさと快適性をめざしている。

歴代カムリをずらっと展示

トヨタ カムリ(旧モデル)

昨年のSEMAではカローラが生誕50周年を迎えたことで、初代から最新モデルまでの歴代カローラが展示されたが、今年はカムリの歴代モデルが展示されていた。カムリは1983年からアメリカでの販売が始まったが。全米デビューのその年に約5万2000台を販売し、3年後にはその3倍の約15万台超、さらに1997年には乗用車販売台数の1位を記録。この頃からアメリカにおけるカムリ最強伝説がスタートし、現在に至る。

[レポート:加藤久美子]

トヨタ カムリ カタログ

トヨタ 新型カムリ購入者はオジサンが9割!月販目標約5倍の好スタートも若者に苦戦

1位はトヨタ「新型カムリ」イメチェンは大成功!?【週間人気記事ランキングTOP5】

トヨタ 新型カムリにブリヂストン「TURANZA(トランザ)」を新車装着

トヨタは嫌い!? 大変身で注目の新型カムリでもナゼ”自動運転”機能はないのか?

筆者: 加藤 久美子

トヨタ カムリ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ カムリ の関連記事

トヨタ カムリの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ カムリ の関連記事をもっと見る

トヨタ カムリ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25