autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ 86(ハチロク) 試乗レポート/松田秀士 2ページ目

試乗レポート 2011/11/27 10:15

トヨタ 86(ハチロク) 試乗レポート/松田秀士(2/3)

関連: トヨタ 86 Text: 松田 秀士 Photo: 茂呂幸正
トヨタ 86(ハチロク) 試乗レポート/松田秀士

フロントタイヤが路面に吸いつくようなしっとりとしたグリップ感

トヨタ 86(ハチロク)
トヨタ 86(ハチロク)トヨタ 86(ハチロク)

走りにとってトランスミッションのフィーリングはとても重要だ。そのトランスミッションは6速MTと6速ATの2種類がチョイスできる。

6速ATはレクサスIS Fに採用されるアイシンAW製の8速ATをスケールダウンさせたもの。パドルシフトはもちろんのこと、IS Fの8速ATの早いシフトと信頼性がそのまま受け継がれていて、ツインクラッチシステムでなくともそれに匹敵するダイレクト感があり、ATモード時のスムーズさは逆にツインクラッチを凌駕している。

流行のツインクラッチシステムは部品点数が多く重量がかさむことなど、軽快な走りを求める86にはメリットが少なかったのかもしれない。

ところで、クラッチペダルを踏み込み自分の意思をシフトチェンジに込められるMTはやはりこの86には似合う。シフトフィールはグニャっとした感じのフリクションがあるものではなく、またクチュ!という独特のシフト感があるスバルのようなものでもない。わりと淡白な軽さがあり、スコッと入るのだ。

ストロークは短めで、シフトゲートの剛性感が非常に高い。つまり、Hパターンの溝がしっかりと感じられるタイプなのだ。だから、どのギヤに入ったか、どのギヤに入っているのかがセレクターレバーを握った瞬間に感じ取れる。

また、親切なことにMTにも今セレクトされているギヤがデジタル表示されるシフトインジケーターがメーターパネル内に装備されていた。6速MTは、ダウンシフト時のリズムがとりやすく、これもドライビングを楽しくさせてくれるアイテムだといえる。

トヨタ 86(ハチロク)トヨタ 86(ハチロク)

ところでボディもトヨタとスバルの共同開発だ。実際に製造されるのはスバルの群馬工場である。群馬県といえば、AE86を一躍プレミアム中古車にしたアニメ「頭文字D」の舞台となったエリアで、なんとなくこの86には似つかわしく感じる。

スバルが作るのだし、しかも水平対向エンジン、86は4WDがベースのシャシーと思いがちだがFRベースなのだから当然新設計なのだ。

開発主査の多田氏によれば約91%が専用開発されているとのこと。

ただ、リアのWウイッシュボーンサスペンションにはなんとなくインプレッサ譲りの匂いを感じ取ったのだが、それは気のせいかもしれない。重要なことは、4WDではないからフロントアクスルがなくなりフロントデフを必要とせず、その分しっかりとエンジンを含めたドライブトレーンを低く、さらに後退してマウントすることができている。

ある意味、フロントミッドシップに近いほど。水平対向エンジン=低重心と思われているがクランクシャフト高自体はそれほど低くはなく、軽量化が難しいトランスミッションの位置はV型エンジンほど低くはならない。そのためポルシェなどはドライサンプ方式を採用してオイルパンをなくし、排気系も薄くするなどして低くマウントしているのだ。

とはいえ、86は十分に低重心であることがハンドリングから感じ取れる。フロントタイヤが路面に吸いつくようなしっとりとしたグリップ感があるのだ。

走り始めていちばん先に感心したのがこのピッタリと路面に吸いつくようなフロントタイヤの感触。ステアリングを切り始めたときの、ほんの少しロール方向にサスペンションがバンプしてすぐにヨー方向(横方向)にノーズが向きを変える、このバランスがかなりスポーティーでしかもグリップが高いから安心してコーナーに飛び込める。

トヨタ 86 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ 86 の関連記事

トヨタ 86の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ 86 の関連記事をもっと見る

トヨタ 86 の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29