autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 スズキ パレット 新車発表会速報

新型車リリース速報 2008/1/24 20:00

スズキ パレット 新車発表会速報

スズキ パレット 新車発表会速報

使いやすい大きさ+くつろぎの広さ

リアビュー両側スライドドア

スズキから発売された新型パレット。ハイトワゴンスタイルの軽乗用車だが、とにかく広くて快適。今後の軽自動車に一石を投じそうな新型車である。

エクステリアは、高い全高に低床プラットフォーム。さらに、ロングルーフでコンパクトノーズ。クルマ固体の塊感が強い印象となっている。

インテリアは、インパネ中央部から左右に伸びるラインが、広がり感を強調。頭上に余裕があり、ボンネットやベルトラインが低いので、広大なガラスエリアが実現。車内は明るく開放的である。

特筆すべき点はパッケージング。ロングホイールベース+ハイルーフ+低床プラットフォーム+コンパクトノーズの産物は、室内高が1365mm、室内長が2025mmという“ゆとりの空間”。特にリアシートは、左右独立式で、165mmというスライド幅。体格が大柄な人が乗っても、窮屈さがない。ちなみに、リクライニング機構も採用されている。

そして、乗降時にも注視して、後席両側ともにスライドアを採用。狭い駐車場での乗降だけでなく、開口時の高さは1230mm、幅は580mm、ステップ地上高を340mm(4WDは350mm)として、スムーズな乗降を実現。実際に乗ってみると、乗る・座る・降りるの一連の行動がストレスフリーで、とても自然な動作として行えたのは驚きだった。

積載面も優れている。荷室床面地上高は525mm(4WDは535mm)で、軽トップクラス。開口部との段差も10mmと小さい。ダイブダウンシートの後席は力要らずの簡単操作で、荷室からフラットフロアとなる。収納スペースも豊富で、保冷機能付助手席アッパーボックスまで用意されている。

軽自動車の存在は、“便利なもの”から“豊かな生活の一部”に変わってきたという。ゆったりとしたゆとりを持った小さなクルマの登場は、今後大きな影響を及ぼすに違いない。

ラゲッジインパネインパネ自発光式メーターエンジンは2種類

スズキ パレット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ パレット の関連記事

スズキ パレットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ パレット の関連記事をもっと見る

スズキ パレット の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22