autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 【新旧比較】「スバル レヴォーグ」を旧型(レガシィ ツーリングワゴン)と比較してみた/マリオ高野 2ページ目

特別企画 2014/6/24 17:18

【新旧比較】「スバル レヴォーグ」を旧型(レガシィ ツーリングワゴン)と比較してみた/マリオ高野(2/4)

【新旧比較】「スバル レヴォーグ」を旧型(レガシィ ツーリングワゴン)と比較してみた/マリオ高野

内装のデザイン&居住性

スバル レヴォーグスバル レヴォーグ

内装のデザイン性と質感の向上はレヴォーグの最重要課題のひとつだった。デザインは奇をてらうことなくシンプルな印象で、造形的にはインプレッサスポーツ/G4と共通しているが、スイッチ類やダイヤルの操作感など、手に触れる部分の質感は大幅に向上。質の高い道具に触れる心地よさは期待を裏切らない。

居住性と積載性に関しては、ミドルサイズのワゴンとしては十分満足できるレベルにあるが、細部を比較するとボディサイズが大きな現行型レガシィツーリングワゴンのほうが空間的余裕を実感しやすい。

荷室については、VDA方式の数字では現行型レガシィツーリングワゴンを上回る522リットル。しかし、これは荷室床下のサブトランク容積を加算したもので、荷室の幅と高さは現行型レガシィツーリングワゴンのほうが大きく、貨物車的に荷室を目一杯使い尽くしたい場合は、現行型レガシィツーリングワゴンも捨て難い存在だ。今なら、ディーラーでレガシィツーリングワゴンとレヴォーグの両方を直接見比べしやすいので、荷室重視のワゴン探しをしている人は、自分の用途に適しているのはどちらなのかをチェックしたほうがいいだろう。

採点:4点/10点(比べてようやく気付くレベル)

スバル レヴォーグスバル レヴォーグスバル レヴォーグスバル レヴォーグスバル レヴォーグ
スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i B-SPORT EyeSightスバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i B-SPORT EyeSightスバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i B-SPORT EyeSightスバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i B-SPORT EyeSightスバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i B-SPORT EyeSight

動力性能

スバル レヴォーグスバル レヴォーグ

レヴォーグの搭載エンジンは2リッターと1.6リッターの2種類。いずれもDITと呼ばれる直噴ターボで、2リッターは現行レガシィツーリングワゴンのものとハードウェア的にはほぼ共通。レガシィの2.0DITエンジンよりバルブスプリングを強化し、レッドゾーンが6100回転から6500回転に引き上げられたことで高回転型となり、さらにCVTのソフトウェアの大変更により変速フィールが大幅にスポーティさを増した。

馬力とトルクの最高値は同じ300馬力と40.8kg-mで、車重はほとんど同じでも、体感加速はレヴォーグのほうが速い。高速ダイナミクス性能がより高い分、より大胆にアクセルが踏めることも体感加速アップの要因だろう。高速域の静粛性が大幅に高いことで、加速運動そのものがよりピュアに感じられる。

1.6リッターのほうは、クランクシャフト以外すべて新設計で、既存のNAの1.6リッターにターボを付けたものではない。2リッターでの全開加速を味わった後に乗ると多少マイルドに感じられるが、現行型レガシィツーリングワゴンの2.5NAよりは断然速く、Sモードでは発進してすぐにドカン!としたトルクの山が発生するので、どんな領域でもパワフルさが実感できる。

採点:8点/10点(大幅に進化した)

スバル レガシィ ツーリング ワゴン 2.0GT DITスバル レガシィ ツーリング ワゴン 2.0GT DIT

レヴォーグ、レガシィツーリングワゴンに共通する注意点!

現行型レガシィツーリングワゴンとレヴォーグに搭載されるDITエンジンでスポーツ走行を楽しむ場合、最高出力発生回転(5600回転)前後をキープすることを意識して走らせたい。5600回転を越えると熱が発生するだけでパワーがダウンし、CVTの油温上昇を早めてしまう。CVT油温が一定ラインを超えると、エンジン回転を抑制する方向に変速制御が入るようになる(クールダウン走行をすればすぐに元に戻る)。

EJ20ターボなど、8000回転まで回るエンジンをブチ回す感覚が染み付いた旧型スバル車のオーナーは、スポーツ走行時にエンジンをレッドゾーン手前まで引っ張る傾向が強いと思われるが、従来型スバル車と同じ運転スタイルだとCVTの油温が上がりやすいので、その点を意識してアクセルワークや変速操作を行ってほしい。

特にレヴォーグの場合は、ハンドリングが良過ぎてワゴン車であることを忘れてしまい、興奮してエンジンを回し過ぎる可能性が高いので注意が必要だ。 多少回し過ぎてもエンジンの耐久性には何ら問題ないが、発熱量の多いDITではCVTの油温が上がりやすいという難点がある。

走行安定性

スバル レヴォーグスバル レヴォーグ

シャシーの安定性に関しては、現行型レガシィツーリングワゴンは今でも当代随一といえる高いレベルにある。特にリアの追従性とフロントの操舵の効き具合のバランスは絶妙で、サーキットや氷上などの極端な状況でも破綻せず、完成度は極めて高い。その鉄壁の安定性をさらに盤石なものにしつつ、スポーツ性を大幅に高めたのがレヴォーグだ。

レガシィツーリングワゴンでは、ワインディングを攻め込むとワゴンボディならではの上屋の重さ、車体後半の慣性モーメントの大きさを多少感じさせるが、レヴォーグにはそれがほぼない。峠でもサーキットでも、ワゴンボディであること(スポーツカーではなく実用車であること)を完全に忘れてしまうほどドライバーを熱くさせ、脳内にアドレナリンをドバドバと分泌させるマシンに仕上がっている。

スバル レガシィ ツーリングワゴン 2.5i B-SPORT EyeSight

ワゴン車にこれほどまでのハンドリングが必要なのか?と問われれば答えに窮するが、この過剰なほど操縦性に磨きをかけたところに、スバルのワゴンに対する執念を感じさせる。実用車に走りへの執念を感じさせるところは、AMGやアウディS系のワゴンにも通じるものがある。

採点:10点/10点(超絶的に進化した)

スバル レヴォーグ 関連ページ

スバル レガシィツーリングワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レヴォーグ の関連記事

スバル レヴォーグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レヴォーグ の関連記事をもっと見る

スバル レヴォーグ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25